- 妊娠出産をただただ記録するブログ

学資保険加入は年末までにすべき理由~入試の時期を考えて契約を~

学資保険は今年中に入ったほうがよい理由、三つ目です。
前回の記事とは異なり、すべての方にあてはまる問題です。

それは「満期の時期」!
これ、けっこう重要だと思います。

スポンサードリンク


満期金はいつ受け取るか?


学資保険というのは、毎月数万円を積み立てていくと、満期(大学入学時)に数百万が支払われるという保険です。

(途中で親が死亡した場合には、以降の保険料支払が不要となり、万が一の場合も進学資金が準備できます。)

これらの保険に加入すると、「大学入学時」にお金が支払われる・・・

とよくパンフレットにあるのですが

正確には、「加入した18年後(17年後)の同じ日」なんですよね。

sony_gakushiseimei_141016.jpg
(私の加入したソニー生命の学資保険。満期の翌日に銀行に振り込まれると聞きました。)

保険会社によって、細かい違いはあるようですが、満期日が契約日に左右されるものが大半です。

(ソニー生命では「加入した日」、日本生命では「契約した翌月の1日」と言われました。)

学資保険のお金が必要なのはいつ?


子どもの進学のときのことを考えてみると、実際にお金が必要になるのは、大学入試の時期。

入学金などで大きなお金が動きます。

それってたいていは、高校3年の1月~3月ですよね。

とすると、学資保険は12月~1月に満期になるのが最適なはず。

(もちろん、間に合わなかった場合も手元に大きなお金があればいいのですが・・・。

うちであれば定期預金にしていると思うので、定期を中途解約するのはもったいなすぎます。)


その他の積立型生命保険も同じ


学資保険選びで生命保険を勧められたら」という記事でご紹介した

・低解約返戻金型終身保険
・低解約返戻金型定期保険
・長割終身

なども、学資保険と同じ。

12月1日加入なら、十数年後の12月1日(「応当日」と呼ばれます)を迎えるたびに利息が加算されていきます。
だから、契約日には同じく注意する必要があります。

(わが家で加入したアクサ生命に聞くとこのような回答でした。)


入試の時期に注意!年内の加入がおすすめ


というわけで、高校3年の12月~1月に学資保険を受け取るためには、そろそろFPさんに相談を始め、11月~12月には加入手続をするのがよいと思います。

それを過ぎてしまうと、FPさんによっては

「入学金支払に間に合わないので、
1年短い学資保険にしましょう」

とおっしゃるかもしれません。

1年短いと、その分利率が下がってしまい、せっかく加入するのにもったいないです。

前の記事にも書いたように、学資保険は出産前でも入れますし、誕生日をまたぐと利率が下がってしまいます。

とにかく早く入るのがおすすめです。

というか、産後は赤ちゃんの世話でバタバタして、数か月たつまで、保険のことなんて考えられないと思います。

とくに来年3月までに出産予定日のある方は、ぜひお早目にどうぞ!


保険相談は3週間以上かかります


私の保険相談体験の記事に書いたとおり、FPさんとは3回以上の面談がふつう。

できれば2~3人のFPさんと話してから・・・と思うと、これからけっこう急いで、保険相談を申し込む必要があるかなと思います。

保険相談については、保険のビュッフェLIFULL保険相談来店型保険ショップ各社など、どこでもよいと思いますが

信頼できるFPさんを見つけ、家計の相談をしつつ、自分に合う保険を選ぶのが大切だと思います。

(私のイチオシの保険相談体験談はこちら
→「全員プレゼントのお米・牛肉・家電!保険のビュッフェの無料保険相談」)


こちらも参考にぜひ納得のいく保険選びをしてくださいね。
↓   ↓   ↓   ↓
保険相談サイトランキング



当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.