1歳赤ちゃん連れ台湾旅行記~台北行きの機内でハラハラ~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

1歳赤ちゃん連れ台湾旅行記~台北行きの機内でハラハラ~

1歳赤ちゃん連れ台湾旅行記(行きの機内での様子)です。
前の記事「赤ちゃん連れの台湾旅行記(1日目・飛行機で移動) 」から続きます。


スポンサードリンク



10:20 機内食


機内食が配られはじめ、夫と交代で息子を抱っこして
食べました。

離乳食の機内食もあると聞いていたので、
楽しみにしていたんですよね。

でも、CAさんが大きな箱で「どれがいいですか~?」と
持ってこられたのはキューピーのベビーフード。

taipei_babyfood_1406.jpg

うちから持ってきたのと同じだった(笑)

念のためいくつかいただきました。
ピジョンの麦茶(紙パックのもの)もいただきました。


10:40 息子が騒ぎ始める


またもや息子が騒ぎ始め、泣きはしないけど不機嫌で
ふにゃふにゃ言うのでちょっと大変になってきました。

夫に助けを求めよう・・・と見ると、
夫は機内放送の映画を見て涙ぐんでいました。

横で息子がジタバタしているのに、
どうしてそんなに集中できるのでしょうか。不思議だ。

あっけにとられて何となく声がかけられず、
夫に頼るのはあきらめて抱っこして少し通路を歩きました。

窓から見える海がきれいでした。


10:50 おもちゃが配られる


機内で記念品として配られるおもちゃが来ました。

でも、1才児にはちょっとレベルの高すぎるものばかり。
携帯電話型おもちゃをもらいましたが、今一つうけませんでした。

taipei_omocha_phone_1406.jpg

息子もコントローラーに飽きて、ちょっと不機嫌になってきました。

11:00 お菓子を与える


お気に入りのウエハースをやってみると、2本ぺろっと食べました。

それでも、食べ終わるとふにゃふにゃ不機嫌なので、
どうにもなりません。

夫に映画を中断してもらい、少し抱っこしてもらいました。

11:10 息子ようやく昼寝


「まだ1時間以上あるなあ、どうしよう」と思いつつ、
むかい合わせにして抱いていたら、突然寝ました。

思えば、これまで眠くて騒いでいたわけですね。
私も少し昼寝しました。
このあとは、着陸まで2時間超、ずっと寝ていてくれました。

12:25(現地時間) 台北松山空港着


時刻通りに台湾に着きました。
(そういえば、着陸時は飲み物で耳抜きさえしなかった・・・。)

時差が1時間あるので、日本時間では13時25分です。

. 航空会社の方が、飛行機を降りてすぐのところに
ベビーカーを準備してくださいました。

到着と同時に準備されていてスムーズに出発できました。

まずはトイレでおむつ替えをしました。

日本と同じタイプのおむつかえ台がありましので
安心でした。

taipei_omutsukae_1406.jpg

飛行機移動の感想


結局、不機嫌な声を出して困らされたのは、
飛行時間4時間のうち、たった10分ほど。
それも、大泣きというわけでもなかったので、助かりました。

(周囲の方には迷惑だったかも、すみません。)

絵本など、もっとたくさん持って行けばよかったかも。

機内が少し暑かったので、薄着させて
扇子などもあればよかったです。

耳抜きは、紙パックのお茶などをストローで飲ませたら
まったく問題ないと思いました。


次の記事「1才0ヶ月の子連れ台湾旅行1日目~台北到着・ホテル移動のコツ~」に続きます。


台湾旅行のすべての記事はこちらにまとめています。
→「1才児連れ台湾旅行記の全記事


スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.