抱っこ紐比較(2)~エルゴの抱っこ紐は使いにくい~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

抱っこ紐比較(2)~エルゴの抱っこ紐は使いにくい~

抱っこ紐比較~ビョルンとエルゴ(1)~」からの続きです。

前の記事では、ビョルンエルゴはそれほど変わらない
という話を書きました。

でも、「性能が変わらない」というのと
実際使えるかどうかって、別なんですね。


スポンサードリンク



エルゴ利用の体験談


生後5ヶ月頃、エルゴを購入し、初めて息子とお散歩に。
途中で「ギギーーーーーーーー!」と

これまで聞いたことのないうなり声を出し始め、
そのうち泣いて暴れ始めました。

そんなこと初めてだったので、こちらもオロオロしたのですが
家に帰って下ろすとぴたりと泣き止みました。

その後も、エルゴで抱っこ・おんぶするたび
「ギーーー!」とか「プギーーーー!」とか言うので
ああ、抱っこひもがイヤなんだな、じゃあいいや、となりました。

布が分厚くて暑いのと、お尻がぐっと落ちて
すっぽりと入る感じが嫌いなようでした。

あと、おんぶ時の装着が難しすぎ、私も面倒になってきました。


ビョルンの使い勝手


エルゴに比べると、生まれたときから使っているビョルンは
息子も大好き。抱っこすると手足をバタバタして喜びます。

生後4か月頃に、試しに前向き抱っこにしてみたら
その後毎日「前向きにしてほしい」と身をよじって
リクエストするようになりました。

生地もメッシュで、抱っこひも側に熱はこもっていません。
(でも、私と密着する部分はお互い暑いです。)


エルゴを買った理由


思えば、ビョルンで十分満足していたのですが
それでもエルゴを買ったのは以下のような理由でした。

(1)おんぶもしたい。
(2)子が重くなってきて、私の体が反るような感じがする。
(3)エルゴを良く見かけるので、そんなに良い物なら使ってみたい。



(2)については、エルゴのほうがラクだという感じはしましたが
赤ちゃんが重いのに違いはありません。誤差の範囲だと思いました。

(エルゴで重いと感じる方は
ビョルンだと余計重く感じるかもしれません。)

(1)については、2013年3月発売のビョルンのビョルンのベビーキャリアOneなら
おんぶ・対面抱っこ・前向き抱っこができると聞いて
「なんだ~!それを買いたかったよ!」と残念に思っています。


【ビョルンのミラクルとワンの比較】

アカチャンホンポでビョルンのワン(One)を使ってみた結果
ミラクルとまったく変わらない使用感でした。

ミラクル ワン
新生児
重さ・大きさ
新生児用
装着しやすさ
対面抱っこ
前向き抱っこ
おんぶ ×
メッシュ生地 あり あり

価格も数千円の違いです。


これなら、絶対Oneのほうが良いと思いました。


それにしても、街を歩くと夏でもエルゴはよく見かけるし
なぜうちの子だけこんなにエルゴが嫌いなのか謎です。

生まれたときからエルゴにしておけばよかったのかもしれません。


スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

No title

おお、抱っこ紐にも赤ちゃんの好みがあるんですね^^
うちの子も最初ビョルンで、最近エルゴデビューしました~。
というか、いきなりおんぶから始めちゃいました。
おんぶできると家事できるし、コリックのどうしようもないギャン泣きでもおんぶだけは泣き止むので、これはこれで便利だなぁと。
あ、でも確かにギャン泣きして暴れてるときに装着するのは結構大変です^^;
「すぐおんぶするから、お願いだから一瞬じっとして~」と軽くイライラすることも…(汗)

肩に余裕があるときはビョルンの前向き抱っこでお散歩してますが、かわいいですよね~^^*
うちの子も大好きです。

話は変わりますが、こぐま社にハガキ送りました!
お誕生日カードが届くのが楽しみです♪
いつも素敵な情報をありがとうございます!

2014-04-23 13:50 from こゆりす

Re: No title

こゆりすさま

こんにちは、コメントいただきありがとうございます(^-^)

おんぶの好きな赤ちゃんなんですね。うちはしばらくおんぶしていましたが、エルゴでおんぶだと憮然として、そのうち泣いてしまうので、やめてしまいました。おんぶで家事って良いなあと思っていたので、おんぶされる赤ちゃんはうらやましいです。

こぐま社の誕生日カード申し込まれたんですね(^-^)年末に届きますね。楽しみですね。

お忙しそうですが、無理なさらず頑張ってくださいね!

2014-04-23 14:36 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.