「赤ちゃんからお母さんと社会へのメッセージ」講座に出席しました! - 妊娠出産をただただ記録するブログ

「赤ちゃんからお母さんと社会へのメッセージ」講座に出席しました!

市民講座「赤ちゃんからお母さんと社会へのメッセージ」
以前の記事でご紹介したのですが、私も参加してきました!
(息子を一時保育に預けて行きました・・・)


スポンサードリンク



会場は、早稲田大学。

waseda_001_140325.jpg


募集定員450人とのことでしたが、出席は200人-250人ぐらい?

マタニティマークをつけた妊婦さんもちらほらいらっしゃいました。


でも、出席者の多くは、教育関係者の方かなと思いました。

(質疑応答でも「保育士ですが」とか「養護学校教員ですが」と
おっしゃる方がおられました。)


当日の講演内容はこちら

=======================================
市民講座「赤ちゃんからお母さんと社会へのメッセージ」

開講日時 2014年3月22日(土)

10:00- 開会の辞
浅野 茂隆((公財)パブリックヘルスリサーチセンター副理事長 同先端生命医科学研究所 所長)

10:10- 基調講演 赤ちゃんのためにお母さんができること
中林 正雄(母子愛育会 総合母子保健センター長)

10:40- 胎児の発育とその障害因子
中山 摂子(母子愛育会 愛育病院 産婦人科 医長)

11:10- 胎児・乳幼児の発達と環境要因
板橋家頭夫(昭和大学 小児科 教授)

12:00- 休憩

13:00- 子どもの成長・発達とその障害因子
三石知左子(葛飾赤十字産院 院長・小児科医)

13:40- 妊産婦・乳幼児の食生活
堤 ちはる(子ども家庭総合研究所 母子保健研究部 栄養担当部長)

14:20-私を、アトピーにならないように育てて
山本 一哉(母子愛育会 愛育病院 皮膚科 部長)

15:00- 児童虐待の現状と対策
水主川 純(聖マリアンナ医科大学 産婦人科 講師)

15:40- 座談会 地域社会の子育て支援
野原 理子(東京女子医科大学 公衆衛生学 講師)

16:20- 閉会の辞
水谷 修紀(東京医科歯科大学 小児科 教授)

=======================================

私は、息子の託児時間の関係で、15時までしか聞けませんでした。

ですが、初耳なこともたくさんあって、
ためになる内容でした!

waseda_005_140325.jpg


たくさんの妊婦さん向けセミナーに出て思うことなのですが・・・
これまで出たセミナーで今も「あれは出てよかった!」と思うのは
どれもお医者さんが講演されたものでした。

具体的に言うと、「ワクチンの学校」と
マタニティひろばハロー赤ちゃん」とこのセミナーです。

あと、区の母親学級とタッチケアは、
お医者さんじゃないですが、出てよかったです。


他のセミナー(企業主催のもの、助産師さんが講師のもの)は
後になってみると、「あれ?商品の売り込みだったかな?」とか
「それは根拠のあることなの?」と疑問に思うことも何度かありました。

(そういったセミナーも私のブログでは
過去にお勧めしてしまっており、すみません。

「なんだかなあ」という内容のセミナーもあるけど
そういうセミナーは、だいたいおみやげが豪華で楽しいし

どんな知識であれ知っておくことは、育児を楽にしてくれると思うので
まあ何でも出席してよかった、というのが産後1年の私の感想です。)


さて、セミナーのレポート「赤ちゃんをアトピーにしない方法」に続きます。


スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.