医療費控除でいくら戻るか?還付金額をカンタンに計算する方法 - 妊娠出産をただただ記録するブログ

医療費控除でいくら戻るか?還付金額をカンタンに計算する方法

年間10万円を超える医療費を支払った場合
医療費控除の確定申告をするとお金が返ってきます。

でも、「医療費控除でいくら帰ってくるのかな?
1000円ぐらいなら面倒だしいいや」

と思われる方もおられるのではないでしょうか?


そこで、医療費控除で帰ってくる金額を
カンタンに計算する方法をご紹介します。


スポンサードリンク


医療費控除の還付額早見表


おおよその額が知りたいという場合は、こちらの表をどうぞ。

共働き家庭の場合(=妻が扶養外)


年収(額面) 医療費控除
発生最低額
支払医療費
5万 10万 15万 20万 25万 30万
軽減される税額
110万 22,500 4,125 11,625 19,125 26,625 34,125 41,625
130万 32,500 2,625 10,125 17,625 25,125 32,625 40,125
200万 61,000 0 5,850 13,350 20,850 25,725 35,850
250万 78,500 0 3,225 10,725 18,225 23,100 33,225
300万 96,000 0 600 8,100 15,600 22,500 30,600
350万 100,000 0 0 7,500 15,000 22,500 30,000
400万 100,000 0 0 7,500 15,000 25,250 30,000
450万 100,000 0 0 10,000 17,750 30,000 32,750
500万 100,000 0 0 10,000 20,000 30,000 40,000
550万 100,000 0 0 10,000 20,000 30,000 40,000
600万 100,000 0 0 10,000 20,000 30,000 40,000
650万 100,000 0 0 10,500 20,500 30,500 40,500
700万 100,000 0 0 15,000 30,000 45,000 60,000
750万 100,000 0 0 15,000 30,000 45,000 60,000
800万 100,000 0 0 15,000 30,000 45,000 60,000
850万 100,000 0 0 15,000 30,000 45,000 60,000
900万 100,000 0 0 15,000 30,000 45,000 60,000
950万 100,000 0 0 15,000 30,000 45,000 60,000
1000万 100,000 0 0 15,000 30,000 45,000 60,000
この表を画像で見る


専業主婦家庭の場合(=妻が扶養内)


iryohikojo_s_income.png

早見表ご利用のさいの注意点


・「支払医療費」は、10万円を引く前の金額です。

>>「妊娠・出産で医療費控除になるもの(まとめ)

・「軽減される税額」は、「還付される所得税」+「来年安くなる住民税」の合計額です。

・簡易計算ですので、実際の金額とはずれる可能性があることをご了承ください。
(社会保険料を一律15%としているためです。)

・生命保険料控除なし、寄付金控除(ふるさと納税)等なしで計算しています。

・妻が扶養内でも、パート(38万円以上103万円未満の収入)の場合は還付金額が数千円減る場合があります。

・16歳以上の子のいる家庭では還付金額が数千円減る場合があります。

※気を付けて計算しましたが、間違いがあった場合はどうかご容赦ください。




医療費控除の返金額の詳しい計算方法


より正確に控除額を計算したい場合は、以下の通りです。

(1)医療費の合計額を計算します

>>「妊娠・出産で医療費控除になるもの(まとめ)

(2)源泉徴収票を準備します

うちの場合は、夫の源泉徴収票です。

(3)所得金額を計算する

所得金額(=給与所得控除後の金額-所得控除の額の合計額)を計算します。

源泉徴収票を見てみてください。
「給与所得控除後の金額」は黄色の欄です。
「所得控除の額の合計額」はオレンジの欄です。

gensenchosyuhyo_kyuyoshotoku_1512.jpg

(4)医療費控除簡易計算サイトを開きます

【医療費控除の簡易計算】
http://www.hahoo.jp/KEISANKI/

(5)入力します

iryohikojo_1504_01.jpg

「かかった医療費」の欄に入力し「+」ボタンを押す

「受け取った保険金」の欄に入力し「+」ボタンを押す

「所得金額」の欄に、(3)の「給与所得控除後の金額」
を入力し「+」ボタンを押す

「計算する」を押す

うちの場合は、「所得276万円」「医療費44万5529円」と入力しました。

(6)こんな感じで表示されます。

iryohikojo_1504_02.jpg

「所得税の還付金 34,553円
住民税の減税額 34,553円
還付金・減税額合計 69,106円 」

と計算されました。

計算結果の見方


この計算結果の見方なんですが、上の例の場合は

「2015年の所得税が34,553円安くなるので
あとで銀行口座に34,553円振り込まれます」

「2016年の住民税が34,553円安くなります」

という意味です。

所得税は、すぐ返ってきますが、
住民税はすぐには返ってきません。

住民税は、2015年の所得に対して計算され、
2016年6月から1年間かけて払うので、
その時期になると、給料からの天引き分が少し安くなります。

よろしければやってみてください!


わが家で実際に還付された金額はこちらで公開しています!
>>「医療費控除の確定申告でいくら戻った?~還付金額を公開!~


スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.