ワクチン(予防接種)費用は生後1年で3万円かかります! - 妊娠出産をただただ記録するブログ

ワクチン(予防接種)費用は生後1年で3万円かかります!

赤ちゃんが生まれたら、「乳幼児医療証」があるから、医療費ってタダなんでしょ?

そんなことを思っていた私は、出産後、赤ちゃんの予防接種がタダではないことにショックを受けました。

赤ちゃんの病気やケガでの医療費は無料(自治体によっては一部自己負担あり)なのですが、ワクチンって、有料のものがあるんです!

スポンサードリンク


有料ワクチンと無料ワクチン


ワクチンには、無料のものと有料のものがあります。

1歳の誕生日までに接種するワクチンは、なんと7種類、18本!

無料のワクチンが「定期接種」
有料のワクチンが「任意接種」

と呼ばれています。

ちなみに、こちらが国内で接種するワクチンの一覧表です。

vac_cal_1711.jpg
(画像は国立感染症研究所サイトよりお借りしました)

無料のワクチンは、自治体の保健所から案内が郵送されますので、小児科にそれを持っていけばOK。

有料のワクチンは、小児科で接種するかどうかを尋ねられると思います。

「無料でないということは、副作用の心配があったり、効果がなかったりするのかな?」なんて思っていたのですが・・・・

小児科の先生も、ワクチンの専門家の先生も、

「任意接種だから不要というわけではない」
「受けられるワクチンは一日も早く全部打ったほうがよい」

とおっしゃいます。

有料になっているのは、単に厚労省の予算の問題のようです。

実際、過去に有料(任意接種)だったワクチンも、次々と無料(定期接種)になっています。

(以前は有料だったB型肝炎水痘も、2016年10月から定期接種になっています。)

0歳児にかかるワクチン費用は約3万円!


doct_171101.jpg

H30年現在、0歳で接種できるワクチンのうち、有料のものは以下の2種類です。

ロタウイルスワクチン


時期:生後2ヶ月以降に接種可能
価格:12,500円×2回
(8,800円×3回のものもあります。)

インフルエンザワクチン


時期:生後6ヶ月以降に接種可能
価格3,000円×2回=6,000円

※いずれも、わが家のかかりつけの病院(都内個人病院)での価格です。
価格は病院ごとに決めることができるので、お近くの病院では異なる場合があります。

1年で約3万円


これを見ていただくと、0才のときには31,000円ものワクチン費用がかかることが分かると思います。

以前は定期接種がもっと多かったので、これでも安くなったほうなんです。
(2013年生まれの子の場合、1年で6万円かかりました!)

生後1年以降はおたふくかぜ+インフルエンザ


生後1年を過ぎて接種する任意接種のワクチンは、おたふくかぜ(ムンプス)とインフルエンザです。

【おたふくかぜワクチン】
6,000円×2回=12,000円

【インフルエンザワクチン】※毎年接種

3000円×2回=6,000円/年

小児科選びがポイントです


ワクチン接種に関しては、小児科によって価格が異なります。

それ以上にポイントだと思うのは、小児科ごとにワクチン接種のスムーズさが違うということ!

複雑な接種スケジュールを管理してくれる小児科もありました。

こちらの記事も参考に、ぜひ出産前に小児科選びをしていただけたらと思います。

>>「小児科選びのポイント~赤ちゃんは生後2ヶ月から毎月予防接種!~

そのほか、出産前にやっておいてよかったことはこちらの記事にまとめています。

>>「出産前にしておくことリスト~やっておけばよかったこと100~

スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

この春、出産予定です。予防接種の話はよく友達からききますけど、金額は知りませんでした(´・ω・`)

参考にさせていただきます~

2015-01-07 16:24 from つる嫁

Re: タイトルなし

つる嫁さま

コメントいただきありがとうございます!
昨年秋から水痘が無料になっていますので、もう少しお安く済むかもしれません(でも、小児科ごとに値段が違うし、自治体の助成がある場合もあって、値段は目安程度でご覧ください。)
どうぞお大事になさってくださいね。

2015-01-07 17:25 from ぽむぽむ | Edit

Re: タイトルなし

お役に立ちましたら幸いです。
また何かありましたらよろしくお願いします(^-^)

2015-01-18 14:19 from ぽむぽむ | Edit

Re: タイトルなし

るんさま

こんにちは。いつもお読みいただきどうもありがとうございます。

インフルエンザの接種の時期ですね~。うちも上の子はもう打ちました。
「何!?」という顔をしただけで、泣かなかったのでほっとしました(^-^)


> 娘が8ヶ月になり、インフルエンザの予防接種を受けるつもりです。
> が、周りの同月齢の子は皆受けない人が多いです。

そうなんですか!?

副作用がこわいからなのでしょうか、効果のわりに値段が高いということなのでしょうか。

うちの近くの小児科では、インフルエンザは10月のうちの予約しないと売り切れていましたので、みなさん受けているものとばかり思っていました。

ちなみに、私は上の子0歳のときは、生後7ヶ月でしたが接種しました。


> 1歳未満は効果が薄いからとか、子は打たず、親が予防接種して予防するなど。

1才未満で効果が薄いのだとしても、私は「たった7000円で、あれだけ辛いインフルエンザが予防できるかもしれないなら、安いものだわ~」と感じるのですが、このあたりは価値観の違いでしょうか。

> 私はまだ娘に鶏卵を食べさせたことが無いのでそのことが気がかりで小児科の先生に聞いてみました。

0歳のときは、私も同じく心配でしたが、接種の少し前に、固ゆで卵を試してOKだったので迷わず接種しました。
(何かあったらすぐに受診できるよう、最初に食べさせるのはかかりつけの小児科のあいている日のお昼にしました。)

そろそろ卵を食べさせてよい月齢だったと思いますし、この機会に試してしまってもいいのではないでしょうか。

> ぽむぽむさんは、ワクチンの勉強をされたとのことですが、その上でインフルエンザの予防接種を決めましたか?

はい。
「ワクチンの学校」という、阪大微研(ワクチンを製造する機関)主催のセミナーで、国立感染症研究所の先生(多屋響子さんとおっしゃる方でした)が「ワクチンは任意も含めすべて接種すべき」とおっしゃっていて、説得力があったので、迷わずすべて接種しています。

ブログにはきちんとまとめられていないのですが・・・。

http://kotominori.blog88.fc2.com/blog-entry-799.html

http://kotominori.blog88.fc2.com/blog-entry-796.html

セミナーでは「予防接種の副反応のリスクよりは、予防接種しないことで病気になって重症化(場合によっては死亡)するリスクのほうが大きい」というようなことが、具体的な数字を挙げて説明されていました。

私は、病気関係のことについては、「現在の日本の医療として標準的な選択をする(=それが一番安全)」というのをポリシーにしています。

国立感染症研究所というのは、日本の予防接種政策に関して責任を持っている機関のはずですので、そこの先生がおっしゃるなら、それが標準だと思いました。

(いっぽうで、小児科の開業医の先生については、失礼ながら、勉強不足で、最新の情報を学んでおられないなという方にもちょくちょく出会います。うちは、そういう先生にあたってしまい、途中で小児科を変えました。)

極論すると、私は「日本の現代の医療の標準的なやり方でやって、それで万が一、死ぬようなことがあれば、もう仕方ないとあきらめよう」と思っているかもしれません。割り切りすぎかもしれませんが・・・。

ご参考になりましたら幸いです。

2015-11-30 17:41 from ぽむぽむ | Edit

Re: タイトルなし

るんさま

こんにちは。素人の意見なのですが、お役に立ったようでしたら何よりです。

コメントをいただくさいなのですが、るんさんのコメントへの私の返信を読まれた方から「どんな質問だったのですか」とお問い合わせが何件かありました。
もし次回コメントされることがありましたら、差支えのない内容でしたら、公開コメントにしていただけますと助かります。
よろしくお願いいたします。

ワクチン接種が無事に終わるといいですね(^-^)

2015-12-02 16:31 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.