東京リトルメイトの産後ケア(産褥入院)の基本情報 - 妊娠出産をただただ記録するブログ

東京リトルメイトの産後ケア(産褥入院)の基本情報

東京リトルメイトの産後ケア(産褥ケアー)「くつろぎプラン」
について、管理人が調べた情報のまとめです。

スポンサードリンク


費用


・ホテルオークラ東京・シングルルームの場合
5泊6日 409,500円+ケア料金21,000円

・京王プラザホテル・ツインルームの場合
5泊6日 388,500円+ケア料金21,000円

費用に含まれるもの

・朝食
・助産師派遣(1日5時間)
・母乳ケア
・育児相談全般
・ベビー肌着
・紙オムツ
・母乳パッド
・生理用品
・哺乳瓶
・粉ミルク
・バスローブ・浴衣(母親用)
・タオル
・ホテルアメニティ(歯ブラシ・シャンプーなど)

持ち物


・母子健康手帳

部屋数


ホテルの部屋数と同じ

洗濯


ホテルのランドリーサービス(有料)

トイレ・シャワー


各室にあり

面会時間


ホテルなので24時間面会可

家族(上の子)の宿泊


ホテル宿泊費相当額(詳しくは問い合わせ)

家族の食事


-

入院できる時期


限定なし。応相談。

予約方法


1か月前までに電話等で予約。

所在地


ホテルオークラ東京
東京都港区虎ノ門2-10-4

京王プラザホテル
東京都新宿区西新宿2-2-1

HP


http://www.tokyolm.co.jp/postpartum/

その他特徴


都内ホテルの保育室にベビーシッターを
派遣している会社が運営する産後ケアサービス。

食事は朝食のみついており、昼食・夕食は自己手配です。

客室内にベビーベッドを設置して、赤ちゃんとともに滞在します。

助産師派遣時間中は、別室で助産師に赤ちゃんを預かってもらうことも可能。

問い合わせの感想

値段が高くてびっくり! 

どちらのホテルも普通に宿泊したら2~3万円なので、助産師派遣などのサービスも追加してこれなら割安(?)なのかもしれませんが。

昼食・夕食がホテルのルームサービスとなると、栄養が偏りそうで、産後の回復期にはちょっと心配。誰かに産後向けの食事を運んでもらう必要がありそうです。

助産師の来る5時間を除き、サポートしてくれるのはホテルのスタッフのみです。でも、産後すぐって、赤ちゃんが突然泣き止まなくなって、「大丈夫なの?誰か教えて~(涙)」と思ったり、ミルクの量が足りているか分からなかったり、ちょっと質問したいことって、ちょくちょくありますよね。

同じ40万円払うなら、、助産師さんが24時間いる助産院(産褥入院・産後ケア施設)に長期滞在する方がよいのではないかと思ってしまいました……。すみません。

なのでこのサービスは、「助産院で共用のお風呂を使うのはイヤ!」というすごいお金持ちや、人と顔を合わせたくない芸能人向けなのかな?と思います。

※管理人が問い合わせをした時点の内容です。ご利用の際には、直接施設にお問い合わせの上、ご確認をお願いします。
※掲載した施設の方へ:もしこの掲載に不都合がありましたら、コメントを確認のうえ変更・削除いたします。コメント欄からお知らせいただけますと幸いです。


スポンサードリンク


こちらの記事もよろしければどうぞ

出産入院準備品 私の全持物リスト公開!
産前産後の体重推移(グラフあり)
産褥入院施設(=産後院)のリスト(東京)
医療費控除の対象になるもの・ならないもの(まとめ)
母乳マッサージは医療費控除の対象ですか?
退院するときのタクシー代は医療費控除の対象ですか?
産褥入院は医療費控除の対象ですか?

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.