赤ちゃんを連れて夫の実家へ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

赤ちゃんを連れて夫の実家へ

スポンサードリンク


息子を連れて初めての帰省


先日、夫とともに息子を連れて、
夫の実家に行ってきました。

だっこひも(ベビービョルン)で私が抱き
新幹線ではずっと熟睡していました。

shinkansen.jpg

義母が喜んでくれたのが何より嬉しかったです。

里帰り出産って楽なんだなあ


夫の実家では、毎食出てくるごちそうの数々……。

里帰りしなかった私にとっては、
姑の手料理は本当にありがたく、
食事が出てくるたび涙が出そうでした。

それにしても上げ膳据え膳って、本当に楽。

今さらですが、みんなが里帰り出産する理由が
分かるな~と思いました。

里帰りはムリだった


里帰りなしで出産します」でも書いたとおり
私には母がおらず、実家への里帰りができません。

姑から「ウチに来たらいいじゃない」と言われ
妊娠7か月頃まで迷っていたのですが

結局、東京の自宅近くで産むことに決め
産後はほぼ一人で乗り切りました。
(詳しくは→「結局、一人で何だってできた」)

でも、改めて義父母の様子を見ていると、
やっぱりこの家に里帰り出産はムリだったなあ、
と思いました。

姑は腕の力が落ちて、赤ちゃんを抱き上げるのさえ難しく
力のいる沐浴はムリそうです。

今回の帰省で出してくれた料理も、
何日も前から少しずつ準備していたそうで、

体力的にはずいぶん負担だったかなあと
申し訳なくなってしまいました。

二人目出産時に預けられるか


気が早いですが、二人目はどうするか考えたとき
出産入院時に息子をこの家に預けることができるのか

できなかったらどうすればいいのか?
悩んでしまいます。

私は次回も帝王切開なので、入院期間は8泊9日。
(»「帝王切開で困ったこと」)

産後また産褥入院するとしても、8泊程度は
息子をどこかに預けなくてはいけません。

いつになるか分かりませんが、それまでに考えなきゃ
いけないので、ちょっと焦っています。

スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

おはようございます^^

夜長く寝てくれるといい、今回の新幹線でずっと寝ててくれるといい、親孝行な息子さんですね。義父母様は本当に喜んだでしょうし、それを嬉しく思うというぽむぽむさんも偉いと思いました。

このブログにご主人様がほとんど登場しないのは、それ程忙しいということなのでしょうかねぇ。2人目を出産される時に息子さんをどうするか、についてですが、「乳児院」という施設があります。基本は3歳以下で親が育てられない(いない)子達を預かる所なのですが、親の出産や病気の時に一時預かりもすると思います。と言っても、費用も含めて現状は分からないので、調べてみてはどうか、と言う程度ですが。

あと、保健婦さんや区の福祉課みたいな所に相談してみるのが良いと思いますよ。一人で考え込まないで。きっといい知恵を教えてくれると思います。

そうそう、息子さんが肌着におむつで過ごすのは全然おかしくないですよ。エアコンを使うかどうかも色んな意味で悩むと思うし、子どもによっても条件が違うだろうから、風邪をひかず、あせもができないという結果が出ればそれで良いんだと思います。赤ちゃんが寝てくれるとお母さんも眠れるので、良い循環になりますよね。暑い間は厳しいと思うけど、上手く乗り切って下さいね。長文失礼しました。^^)

2013-07-18 10:31 from もふもふ903

Re: おはようございます^^

もふもふ903さま

こんにちは。お越しいただき、どうもありがとうございます。

コメントいただいた通り、夫が出てこないですね^^;
最近流行のイクメンをやれるような器用な夫じゃないので、いまいち登場させにくいです。

もふもふさんのところは、旦那さまと夫婦仲がよさそうで、羨ましいな~といつも思ってます。清美オレンジがお好きなんでしたっけ^^

うちの夫はプロ野球の監督と同じぐらい休暇を取りにくい仕事をしていまして(どんな仕事だ(笑)って感じですが)、数年後もやっぱり育児休暇とかムリだと思うんですね。同業の方のお嫁さんは、出産時には里帰りしたという話しか聞いたことがなくて。

乳児院のこと、教えていただけてとても助かりました!同じように預け先がない方もたくさんいらっしゃるはずですものね。さっそく調べてみようと思います。

肌着+おむつでもOKって言っていただけてよかったです。そうですね、風邪ひかなくて元気ならそれで良し!ってことでやっていこうと思います。

2013-07-18 12:16 from ぽむぽむ

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.