学資保険は受取時に税がかかる?~計算してみました~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

学資保険は受取時に税がかかる?~計算してみました~

学資保険は受取時に税がかかるんでしょうか?

学資保険の受け取り時の税について書いた記事でコメント欄にご質問をいただき、
自分でも知識があやふやだったので、この機会に調べてみました。

スポンサードリンク


学資保険の課税


学資保険などの満期金が支払われたときは

(満期金-支払った保険料-控除50万円)÷2


これが一時所得の金額となり、課税される可能性があります。

→参考:国税庁HP「生命保険契約に係る満期保険金等を受け取ったとき
→参考:国税庁HP「一時所得

私の選んだ学資保険では、「満期金-保険料(=もうけ部分)」
78万円の予定なので、(72万円-50万円)÷2=11万円
一時所得として課税の対象になり得ます。

ほとんどの場合で学資保険は課税されない


では、この11万円がすぐに課税されるかと言うと
そうではないのだそうです。

(1)年収103万円未満なら課税されない

一時所得込みで、年収103万円未満であれば、課税されません。


パート給料+一時所得=103万円未満
→課税されません

(2)年末調整されたら課税されない(20万円まで)

一時所得が20万円までなら、勤務先で年末調整してもらえば、課税されません。


給料+一時所得=103万円を超えていても
勤務先で年末調整してくれるとき
→一時所得が20万円を超えなければ課税されません
(つまり、学資保険の「もうけ」が90万円まではOK)

→参考:国税庁HP 確定申告
「給与の収入金額が2,000万円以下で、かつ、1か所から給与等の支払を受けており、その給与の全部について源泉徴収される人で給与所得及び退職所得以外の所得金額が20万円以下である人等、一定の場合には確定申告をしなくてもよいことになっています。」 
(管理人注:つまり、会社で年末調整してもらった人は、一時所得が少々あっても確定申告しなくていいと、見逃してくれるのです。皆が来たら税務署が処理しきれないから、という政策的な理由です。)


私の場合


つまり、私の入った保険は「パート給料+一時所得11万円>103万円」で
かつ以下にあてはまる場合は、課税されるようです。

・その時の勤務先が年末調整してくれない会社だった
パート先が2カ所あり、自分で確定申告しなければいけない
退職金を受け取ったので確定申告しなければいけなくなった

あと、こんな場合も要注意です。

自営業を始めた

たぶん大丈夫だけど、うっかりしていると課税されるかもしれません。

(とはいっても、収入104万の場合の所得税・住民税は1万円程度ですが…)

夫の場合


夫の入った保険は、もうけが50万を超える前に解約する予定ですし
解約の時期も自分で決められる保険なので、大丈夫だと思います。

でも、もうけが90万円を超える(=一時所得が20万円を超える)
まで放置すると、税金がかかってきます。

また、もうけが50~90万円でも、以下のような場合は
課税されるようです。

・夫の勤務先が年末調整してくれなかった
・夫の給料が2000万円を超えた(!!!)
・受取りの年に確定申告することになった(例:住宅ローン減税、医療費控除など)

まとめ


学資保険とか、積立てるタイプの保険は、「もうけ」が50万以下になるように
計算して入るのが、税金の面では安心な気がします。

(所得税以外に、住民税もかかってきますので
かなりの負担増です。)

特に、扶養の範囲内のパートである場合は要注意です。

しかし、ここまで書いておいてなんですが、税制って変わりますし、
働き方も変わりますし、18年後に課税されるかどうかなんて、
自分のことでも予想つかないよなと思います。

だから、こちらの記事のコメント欄で伺った

>FPさんや、銀行の方に聞いても税金のことは、さほどかかりませんよくらいにさらりと言われ

という話は、ちょっと無責任だよなあと思う一方で、プロの方(みなさん保険の貯蓄面よりも補償面を重視されている気がします)から見るとまあそんなものかなあ、と思ったりしました。

※以上、税務署に電話で聞いたり、ネットで調べたりして書いたので、たぶん正しいと思うのですが、難しくてよくわかりません。間違いがありましたらどなたかぜひ教えてください。

私の学資保険選び体験談についてはこちらにまとめています。
よろしければどうぞ。
↓  ↓  ↓  ↓
私の学資保険選びのスケジュール公開!


スポンサードリンク



コメント
非公開コメント

No title

いつもとても参考になる記事をありがとうございます。特に保険についてぽむぽむさんの知識の多さに助けられ、私も保険を検討する時にとても役に立ちました。
一つ質問なのですが、学資保険は受け取り時期が固定されていますが、低解約返戻金型保険(生命保険)を学資保険の代わりにしている場合、受け取りは一部解約で残りをそのまま残すといった受け取り方もあると思います。その場合、その年に受け取った金額がここで書かれている上限に達しなければあまり税金はかからないのでしょうか。(つまり小分けに受け取る場合、一気に解約する場合と比べてお得になるのでしょうか)
わかりにくい質問で申し訳ありませんが、もしお構いなければ教えてくだされば嬉しいです。

2015-11-25 14:37 from みほ | Edit

Re: No title

こんにちは。いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。

>低解約返戻金型保険(生命保険)を学資保険の代わりにしている場合、受け取りは一部解約で残りをそのまま残すといった受け取り方もあると思います。

そうなんですね。
そういう案内を受けたことがなく、不勉強で申し訳ありません。
私の加入してい低解約返戻金型保険(アクサと三井住友海上あいおい生命)に問い合わせてみましたが、いずれも一括受取しかありませんとのことでした。

>小分けに受け取る場合、一気に解約する場合と比べてお得になるのでしょうか

国税庁の電話相談センターに問い合わせてみたのですが、よく分かりませんでした。申し訳ありません。

電話口では「半額ずつ受けとったとすると、支払った掛金を半額ずつ按分して、1回が50万円を超えなければ課税されない」と言われました。

しかし、この事例を見ると、按分しないようにも思えて聞いてみたのですが・・・

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1755_qa.htm

「満期後に受取の回数を指定するものなのか、それとも契約自体の変更になるのですか」と聞かれ、そのあたりがよく分からないので、答えがもらえませんでした。

みほさんがお入りになった保険で、「2回に分けて」というのは、満期の時期はいつということになるのでしょう?

おそらく、ご加入の保険会社に聞くと正確にわかると思うのですが・・・。
どちらの保険会社の低解約返戻金型保険でしょうか?

(保険会社は支払時にハガキで支払調書のようなものを作るので、そこに書かれる掛金額と支払金額がどうなるのかを質問すればよいと思います。)

お役に立てず、申し訳ありません。
もし結論が分かりましたら、差支えなければぜひ教えてください。

2015-11-25 16:56 from ぽむぽむ | Edit

No title

お忙しいなかとても詳しい返信で色々調べていただきありがとうございます。
まだ契約を検討している段階の保険なので、またFPさんに聞いてみます。結果が分かりましたら報告いたします。そのFPさんは任意の金額を一部分解約して、残額を継続契約できると説明されておりました。
でもFPさんもあまり税金の事は分からないといわれたら報告できないかもしれません。その時は申し訳ありません。

2015-11-26 11:28 from みほ | Edit

Re: No title

みほさま

ご返信ありがとうございます!
そうですか、まだ契約前なんですね。そういう保険があるのでしたら、便利ですね。

FPさんに聞く場合ですが「税金はどうなりますか」と聞くと、この記事の方と同様、具体的に回答してもらえないかもしれません。
税理士法違反(個別具体的な税金の計算は税理士以外の人はやってはいけないという法律があります)になる可能性があるためです。

そのため、FPさんに「半分解約した場合、支払調書に書かれる掛け金額はいくらですか?」と質問し、具体的金額を答えてもらうのがよいと思います。(これなら税理士法違反になりません。)

税金額の計算は、この記事に書いてある通りですので、自分でやるということで・・・。
年末までに良い保険に入れるといいですね。頑張ってください♪

2015-11-27 23:50 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.