妊娠中(妊婦さん)でも入れる医療保険 - 妊娠出産をただただ記録するブログ

妊娠中(妊婦さん)でも入れる医療保険

妊娠中でも入れる医療保険を見つけたのでご紹介します。

妊娠中の妊婦さんでも入れる医療保険


妊娠すると、帝王切開や切迫早産など、入院・手術のリスクが上がります。

帝王切開は全体の20%という統計もあります。

「妊娠したから医療保険に入りたい」と思っても、ほとんどの保険会社の医療保険は、妊娠中に加入しても、その妊娠での入院・手術は保険料支払の対象になりません。

ただ、例外もあって、私の調べた限りでは、以下の3つは、その妊娠での入院・手術も保障されます。

エイ・ワン少額短期保険「医療保険 EVERYONE(エブリワン)」


30歳女性(入院日額5,000円)

保険料2,540円/月

加入可能な時期:妊娠33週目まで

日本生命「みらいのカタチ 総合医療保険」


30歳女性(入院日額5,000円、80歳払込済終身)

保険料4,505円/月

加入可能な時期:規定なし
(母子手帳を確認の上保険会社にて判断)

コープ共済「たすけあい」


30歳女性(入院日額8,000円(女性コース))

保険料2,000円/月

加入可能な時期:規定なし(いつでも可能)

上記の医療保険は、電話で問い合わせたところ、「妊娠中に加入することができ、その妊娠での帝王切開が給付の対象になります」と言われました。

※2013年5月頃に調べた際は、ソニー生命とライフネット生命も対象だったはずなのですが、その後規約が変わったようです。

スポンサードリンク


私は医療保険に入らなかった

妊娠中に受けた保険相談では、「医療保険は入らないんですか?」と何度も言われました

入った方がいい理由は

・年齢が上がると保険料も上がる
・帝王切開になるかもしれない

というものでした。

でも、この「医療保険は入ってはいけない!」という本を図書館で借りて読んで、「医療保険はいらない!」と思い、加入を見合わせました。



医療保険に入らなかった理由


私が妊娠中に医療保険に入らなかったのは、こんな理由からです。

高額療養費制度がある


帝王切開になり手術費用がかかっても、健康保険には「高額療養費制度」があります。

高額療養費制度とは、1ヶ月にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定額(たいてい8万数千円)を超える金額が払い戻される仕組み。

(正確には限度額は「80,100円+(総医療費-267,000円)×1%」です。高所得の場合、低所得の場合には異なる金額となります。→高額療養費の自己負担限度額の詳細

家族療養費附加金がある


夫の会社には「家族療養費付加金」という制度がありました。

療養費附加金制度は、高額療養費制度をさらに進めた仕組みです。

夫の会社の場合、保険分の自己負担が2万5000円を超えると超過分が払い戻されることになっていました。

(つまり、高額療養費制度で8万円程度となった医療費が、さらに2万5000円まで圧縮されるということです。)

[参考] 帝王切開でもらえるお金~高額療養費・医療費控除などを徹底解説!~

医療保険に入っても入院費用の全額が支給されるわけではない


医療保険に入っても、支給されるのは「契約時に自分が決めた入院日額」に限定されます。
(1日5000円~8000円程度が一般的です。)

手術の場合は手術給付金が出ますが、これは「この手術では入院日額の20倍を支給する」などと保険会社が事前に決めています。

想定外に費用がかかったとしても、それに応じて支給額が増加するような保険(実費保障型医療保険)はめったにありません。

(富士火災、ソニー損保、AIUなどに実費保証型がわずかにありますが、保険料が高額な上、医療費支払額上限があり、あまり助けにはならない気がします。)

貯金で持ちこたえられる


ある程度の貯金があるため、万が一、急に数十万円の医療費を支出することになっても、急に生活に困るということはないと考えました。

入院期間は短縮化している


これは出産とは別の一般的な話ですが・・・

医療技術の進歩により、入院期間は短縮化する傾向にあります。

そのため、「入院1日あたり何千円」というタイプの医療保険は、入ってもあまり意味がないといわれています。

しかし、帝王切開に…!

私は、妊娠の経過も順調でしたし、医療保険は損しそうだと思ったので、医療保険に加入しませんでした。

しかし、陣痛開始後、まさかの帝王切開に…!

陣痛室のベッドの上で、「医療保険に入っておけばよかった・・・」なんて、反省していました。

ただ、結果としては、帝王切開の場合も支払額は普通分娩の場合とほぼ同じ。

»「帝王切開でかかったお金~出産費用の明細を公開~

単純に損得を計算すると、私の場合は医療保険に加入する必要はなかったと感じました。

»「医療保険未加入に悔いなし!

妊娠中の長期入院が多いのは事実


ただ、その後、帝王切開の増加に関する統計や、妊娠中に切迫早産で長期入院された妊婦さんのブログを読み、「妊婦さんは入ったほうが安心なのかも」と、考えが変わってきました。

医療費が(通常は)月10万を大きく超えないとはいえ、切迫で4ヶ月も入院すると、大打撃と感じられる場合もあると思います。

まとまった貯金(目安としては200万円ぐらい?)がないご家庭の場合は、念のため加入されるのもよいというのが現在の私の意見です。
(そして、まとまった額の貯金ができれば、医療保険は解約するのが良いと思います。)

入るならコープ共済の医療保険


掛金・給付金を比較すると、コープ共済の医療保険が圧倒的に割安です。
(安いので問題があるというわけではありません。保険の仕組に違いがあるためです。詳しくは別の記事でご紹介します。)

ご興味のある方は、生協に資料請求してみてください。

※コープ共済については、生協加入が必要です。
(全国どの生協でもOKだそうです。宅配をとる必要はありません)

※ネットでの保険申込も可能ですが、こちらから申し込むと、無料で食材サンプルがもらえます。

食材サンプルの例
sekyo_sample.jpg

配達員さんに「共済の医療保険に加入したい」と伝え、資料をもらってください。

↓  ↓  ↓
【生協の個人宅配】資料請求はこちら


スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.