タッチケアの注意点~赤ちゃんと目を合わせるのがコツ!~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

タッチケアの注意点~赤ちゃんと目を合わせるのがコツ!~

ジョンソン・エンド・ジョンソンのタッチケアセミナー
で聞いたことのうち
マニュアルに書かれていないことを備忘用にメモしておきます。

スポンサードリンク


タッチケアの前に


・赤ちゃんのおなかが減るので、始める前におっぱいを飲ませておく。
・始める前に、お母さんの手を温める。
・指輪・時計など赤ちゃんの肌を傷つけるものは外す。
(カマボコ状の結婚指輪などはOK)
・床暖房など、温めすぎに注意。

タッチケアの心がけ


・余裕を持った気持ちで取り組む。
・1日1回継続する。

タッチケアの進め方


・赤ちゃんはおむつも外して裸にする。
・目線を合わせる。
・お母さんも笑顔で。
・「ゆらゆらたんたん」の歌で、タッチケアを始める合図に。
・白く指の跡が残るぐらい強くマッサージして良い。
・手のひら全体をつけて。手を離さずに。

その他(タッチケアについて)


・足の裏や顔は、触られるのが嫌いな赤ちゃんもいるので様子を見て。
・おなかは、急にマッサージを始めると驚かれてしまう。先にやさしく手のひらをおなかに置いてから。
・おなかのマッサージで、便通が良くなった赤ちゃんもいる。
・ももとひざ下のマッサージの後は、赤ちゃんが良く眠るという体験談もあった。

商品について

・ローションなどは、ベビー用でも、絶対かぶれないということはない
・ローションなどは、腕などにつけてみて、かぶれないことを確認してから全身に使う。
・保湿のためには、オイルよりローションが良い。

※この記事は、管理人が聞いた内容のメモから構成していますが、聞き間違いや、表現の不正確な点ななどがあるかもしれません。参考程度にご利用ください。

スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.