妊娠前にしておけばよかったことランキング - 妊娠出産をただただ記録するブログ

妊娠前にしておけばよかったことランキング

「妊娠前にしておけばよかった」「しておいてよかった」と感じたことをまとめました。

1歳のときの育児日記にも書いたのですが、私自身は出産に対してあまり意欲的でなく、周囲に妊婦さんもいなかったため、妊娠に関してほとんど知識がありませんでした。

そのため、妊娠が判明したときにはかなり焦り、「食べちゃいけないものとかあったっけ?生まれてくる子に何かあったらどうしよう」と不安になりました。

近く妊娠を予定されている方も、そうでない方も、知識はあるに越したことはないと思います。

私の体験談ですが、どうぞご参考になさってください。

スポンサードリンク


妊娠前にしておけばよかったこと


1位 葉酸(ビタミンB9)の摂取


葉酸はビタミンの一種で、ほうれん草、アボカド、レバー、枝豆などに多く含まれる栄養素。
通常時の所要量は240μgですが、妊婦さんであれば1日400μgが必要なのだそうです。

これをたまごクラブで読んだ当初は、「またまた~、サプリか何か買わせようとしているのかな?(笑)」なんて思っていましたが・・・。

母子手帳にも、「神経管閉鎖障害の発生を減らすためには、妊娠前から妊娠初期の葉酸の摂取が重要」と書いてあり、厚生労働省も摂取を推奨しているんです。

神経管閉鎖障害は、二分脊椎症をはじめ、赤ちゃんの深刻な身体障害や流産の原因になる疾患。

そして、神経管閉鎖障害が起こるのは妊娠4~5週ですので、妊娠にはまだ気づいていない時期です。

[参考] 神経管閉鎖障害とは、どんな疾患ですか?|国立保健医療科学院QA


私は妊娠についてあまりに無知で、「葉酸」なんて耳にしたことすらありませんでした。

さらに、妊娠4~5週にあたる時期には、ちょうど海外旅行していたため、ほとんど野菜を食べられていませんでした。

そのため妊娠判明後、「葉酸不足で障害が起こる可能性がある」と知り、かなりショックでした。
(出産してみると、障害はなくて一安心したのですが・・・)

もっと早くから妊娠に関する知識をつけ、葉酸サプリなど、意識して摂取すればよかったと感じています。

(ただし、母子手帳に「サプリメントもありますが、とりすぎには注意が必要です」ともあり、サプリメントに頼ればいいというものでもないようです。まずは食生活に気を付けることが優先だと思います。)

2位 花粉症の手術


kafun_150924.jpg

花粉症がひどい人は、花粉症のレーザー手術を妊娠前に検討。

花粉症の薬は妊娠中は服用NGのものが多く、花粉症で辛くてもそのまま我慢するしかない場合もあります。

3位 近所の産婦人科のリサーチ


近隣の産婦人科の評判や、出産費用のリサーチ。

妊娠かな?と思って産婦人科にかかった場合、そのまま次の妊婦健診の予定を入れられてしまいます。

途中で他の病院にうつろうとすると紹介状が必要となり、お金も手間もかかりました。

妊娠前から近所の人や経験者の評判を聞いて、産婦人科の目星をつけておいてから、妊娠検査に行かれることをおすすめします。

なお、初回の妊娠検査の費用節約方法についてはこちらでまとめています。

妊娠したら初回の受診費用は8000円?3000円?節約のコツを公開!

4位 人間ドック


35歳を過ぎているなら、人間ドックを。

妊娠中と授乳中は人間ドックが受けられません。
(X線や、マンモグラフィーができないようです。)

妊娠から卒乳までは約2年。

私の場合、第一子卒乳後は妊娠を希望していたため、人間ドックは受けられず・・・。
第一子妊娠から第二子卒乳まで5年かかりました。

この間に35歳を超え、ずっと「人間ドック行かなきゃな~」と思い続けていました。

5位 風疹ワクチンの接種


妊婦が風疹にかかると、赤ちゃんに難聴、心臓病、白内障が発生する可能性が高くなります。
(「先天性風疹症候群」と呼ばれ、2012年には社会問題にもなりました。)

予防するには、母親がワクチンを接種するしかないのですが、妊娠中はワクチン接種できません!

妊娠前に、自分の母子手帳で接種履歴のチェック/血液検査で抗体価のチェックをして、足りない場合は接種するのがよいと思います。
(とりあえず接種してしまえばよいとワクチン研究者のお医者さんはおっしゃっていました。重複して打っても問題ないそうです。)

6位 新婚旅行


flight_150924.jpg

わが家の場合、なかなか夫が仕事を休めず、結婚して数年後にやっと新婚旅行に行きました。
(その時、実は妊娠6週目だったのですが、気づいていませんでした。判明後すごく怖くなりました。)

赤ちゃんが生まれてからも、海外旅行はハードルが高いですし、行ける場所も楽しみ方も限られ、赤ちゃん中心の旅になってしまいます。

>>1歳児連れ台湾旅行記
>>0歳児+2歳児連れ台湾旅行記


夫婦二人の思い出がたくさんできましたので、新婚旅行は行っておいてよかったです。

7位 医療保険の加入


妊娠すると、医療保険に入れなくなります。

(正確には、入れるのですが、その妊娠については保険金支払の対象になりません。
一部例外もあります。⇒「妊娠中でも入れる医療保険まとめ」)

医療保険に加入しても、普通に出産した場合は医療保険の対象外なのですが、切迫早産や帝王切開などの可能性があります。

私は「医療保険が絶対に必要」とは考えていませんが、価値観によっては加入しておくという選択もあると思います。

>>妊婦は医療保険に入るべき?~入るべきと私が思うようになった理由~

8位 貯金


貯金はしておいてよかったです。でも、「もっとしておけばよかった」と思っています。

実は、出産自体にはさほどお金はかかりません。
妊婦検診には補助券がありますし、出産には42万円の出産育児一時金があります。

(地域によっては自己負担なしとなる可能性もあります。私の場合は、妊婦健診で約10万円出産に約23万円かかりました。)

でも出産後、ワクチンにはけっこうお金がかかりました。

[参考] ワクチン(予防接種)でかかったお金~生後1年で約6万円~

さらに大きいのは教育費!

妊娠するまで、子供の大学までの教育費をリアルに計算したことはありませんでした。

特に、わが家の場合は夫が40代ですので、子供の大学卒業と前後して定年が来ます。
教育費用を準備しつつ、老後費用も貯めなければいけないと考えると、夫婦二人の生活のうちに、もっと多く貯めておけばよかったと感じました。

[参考] 学資保険300万円で足りる?足りない?~大学の学費を計算してみた~


妊娠中にやっておいてよかったこと


妊娠後、出産までにやっておいてよかったことはこちらにまとめています。
よろしければどうぞ。

↓   ↓   ↓
出産前にしておくことリスト~やってよかったこと100~


スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

No title

只今第二子妊娠中のゆいです!
葉酸の摂取・・・わかります!!
第一子妊娠後に知って、次の妊娠では!って思ってたのに、
結局第二子してから、摂取。
なかなか妊娠前から摂取するのは難しいですよね。

今から妊娠される方にはぜひ摂っておいていただきたいです^^力ください

2015-09-26 10:36 from ゆい | Edit

Re: No title

ゆいさま

こんにちは。コメントをいただきどうもありがとうございます。
みなさん同じなんですね。葉酸のことは、もっと早く知っていたかったなと、反省しています。

2015-09-26 10:38 from ぽむぽむ | Edit

No title

人間ドッグは、私も受けておけばよかったと後悔していることの一つです。
風疹のワクチンは、妊娠の8年前に受けていたのですが、大丈夫な範囲の下限ギリギリまで抗体のレベルが落ちていて、焦りました。

そうそう、歯の検診を妊娠前にたまたま受けていて、それはよかったなと思いました。

2017-09-05 09:03 from うさこ

Re: No title

うさこさま

こんにちは!お子さん1歳になりましたね!おめでとうございます(^-^)

人間ドックは、受けられると安心ですよね。

健康に問題がないときに一度受けて数値を出しておくのが大切なようなので、体に何も問題のない、若いうちにこそ受けておかなければいけないのだなあと今回実感しました。

ただ、妊婦健診では血液検査があり、子宮がん健診もあり、乳がんもあればさすがに気づくでしょうし・・・ということで、女性に多い乳がん・子宮がんについては人間ドックに行かなくても、それほど心配はないのかなと思います。

今回私が指摘されたのは「リウマチの素因がある」ということでした。
考えたこともなかったのでびっくりしました。

うさこさんはまだしばらく先になると思いますが、早く行けるようになるといいですね。

2017-09-05 14:54 from ぽむぽむ | Edit

No title

ご無沙汰しています^^
このリスト、すごく役に立ちますね!
妊娠前に読みたかったです^^;
旅行がお好きな方なら、海外旅行は妊娠前が絶対おすすめですよね。
確率は低いけど、ウチみたいにアレルギーっ子がいると家族で海外には行けなくなるので、二人の期間にあちこち行っておいて良かったです^^

あ、そういえば5年くらい前に花粉症のレーザー手術をしましたが、私の場合は二年で再発しました…。
術後の症状(鼻水・鼻詰まり・熱)もきつくて、花粉症以上に酷かったので(当時は無職でしたが、仕事してたら絶対無理なレベル)、個人的には後悔しています。
http://simple215coyu.blog133.fc2.com/blog-entry-383.html
こんな感じでした。
体に合えば良いものだろうとは思うのですが、そういう人もいるということで^^;

あ、「じごくのそうべえ」図書館で借りました!
子どもが保育所で読んでもらったのと同じ絵本でした。
軽快な言い回しとちょっと間抜けな地獄で、私も読んでいて楽しかったです^^
絵本の紹介、ありがとうございました。

2017-09-26 06:21 from こゆりす

Re: No title

こゆりすさま

こんにちは!お久しぶりです(^-^)

役に立つと言っていただけて嬉しいです!

私、本当に何も考えず妊婦になってしまったので、今思い出すとひやっとします。

お子さんがアレ持ちだと、海外旅行は難しいんですね。
特に、小麦アレルギーですから、難易度が高いですよね。

花粉症手術のお話、教えてくださってありがとうございます。

これはすごく大変でしたね!

こんなに辛い思いをしたのに、2年で再発なんて・・・(涙)

私は花粉症の症状が年々きつくなっており、手術を考えていたのですが、ちょっと考えます。

私も肌(粘膜)のトラブルが多めの体質なので、こゆりすさんと同じ副作用が出そうな気がします。

ステロイド注射したら一気に症状が治まるそうですが、さすがにそれは・・・^ ^;という感じです。

こゆりすさん、そろそろ人間ドック受ける年齢でしょうか?

私はこの夏行きましたが、「健康なときに、健康なときの数値をとっておくと、何かあったときに数値の差が分かり、治療に役立つ」といわれました。
ぜひぜひ、お早めにいらしてくださいね。

「じごくのそうべえ」で正解でしたか。よかったです(^ ^)

関西弁ネイティブのお子さんだと、あの絵本の楽しさは倍増すると思うので、うらやましいです。

2017-09-26 10:17 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.