上の子4歳9-10ヶ月、下の子2才4-5ヶ月の育児日記~保護者面談のこと~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

上の子4歳9-10ヶ月、下の子2才4-5ヶ月の育児日記~保護者面談のこと~

上の子4才9ヶ月から10ヶ月(幼稚園年中)、下の子2歳4ヶ月から5ヶ月の育児日記です。

スポンサードリンク


下の子(Cちゃん)の成長


・身長91cm・体重14.0kg

c_1801_002.jpg

生まれたときは3400gで成長曲線の真ん中あたりでした。

そのため、大柄な人間ばかりのわが家では「Cちゃんは体が小さいから」という扱いだったのですが・・・

先日母子手帳の成長曲線のグラフに記入してみたところ、身長・体重とも上限近くでした。

・2才4ヶ月で言葉が急に増えました。

「チメタ、ネー(冷たいね)」「ママ、メッ(ママ、ダメ)」「アンパン、ミル(アンパンマン見る)」

一日で一番多く発話しているのは、先月に続き、お兄ちゃんと何かを取り合うときの「ボクの~、ボクの~」です^ ^;
会話もやや成立しています。

私「パンが欲しいの?バナナにするの?」

Cちゃん「バナナにするの、よー」程度です。

・私がKくんと話していると、私のしゃべる言葉をシャドーイングしています。

私が「それダメなんだよね」とKくんに言うと、Cちゃんは「ソッ、アメ、ヨネー」とまねて言い、「Cちゃんはうるさい!」とKくんに叩かれるというのが日常です。

・それ以外にも、何かというとKくんについて歩き、Kくんのマネをします。

Kくんが「Cちゃんがボクのマネばかりするからイヤ~!」と言ったときには「そんなふうに言わないであげて。CちゃんはKくんが好きなんだよ」と答えましたが、Kくんの気持ちも理解できるぐらいぴったりくっついてマネしています。

c_1801.jpg
(「おかわり」のポーズ)

・トイレトレーニングは夏休み前(1歳11ヶ月)で完了したはずなのですが、オムツに戻りそのままです。

おでかけが大好きなので、「トイレに行ったらおでかけするよ」と言うと、大喜びでピョンピョンしながらついてきます。

上の子のおむつが外れた時期も近づいてきました。

なんとなくですが、Cちゃんは、時期が来たら勝手にオムツ卒業しそうな気がします。

上の子のトイレトレーニングの様子はこちら。

>>トイレトレーニングはいつから?2歳10ヶ月でやっととれたわが家の体験記

・ウンチは先月まで一日2~4回出ていたのですが、一日1回だったり、出なかったりです。

・歯は17本、18本目が出てきました。

・好きな食べ物は、オレンジ味のビタミンC錠剤、みかん、ヨーグルト。

みかんを好きすぎて、自分でむけるようになりました。

Kくんはまだ自分でむけません。(みかんがさほど好きではないので、「自分でむいて食べるぐらいなら食べたくない」という意味のことを言います。)

KくんがCちゃんに追い抜かれたことって、これが初めてかもしれません。
(大げさかもしれませんが・・・)

・洋服は、主に100サイズを着ています。

・読んでほしいと持ってくる絵本は「ぼくのにせものをつくるには」「電車のあいうえお」。



「ぼくのにせものをつくるには」は、お兄ちゃんが気に入っているので、自分も読みたいと思うようです。

以前は長い本は途中で飽きていましたが、最近は最後までちゃんと聞きます。

こちらで紹介しているような、小さい子向けの絵本の中では「くっついた」が好き。

>>「赤ちゃんに読んだらウケた絵本ランキング~0歳児のための絵本~

・好きなおもちゃは、2歳の誕生日プレゼントにあげたメルちゃん、昨年のクリスマスプレゼントの果物のおもちゃ。

メルちゃんをあげた頃の育児日記はこちら

>>「上の子4歳5ヶ月、下の子2才0ヶ月の育児日記~ワンオペ旅行、長い夏休み~
・「ここ!ここ!」と私を呼んで向かい合って座り、「ドウジョ」とお皿に乗せた食べ物を出してくれます。

私が「あーおいしかった。ありがとう」と言ってお皿を返す→また「ドウジョ」と食べ物をくれる・・・を、毎日20~30回やっています。

すごく面倒ですが、こんな繰り返し遊びをしてくれるのもほんの一時期ですよね。

・家の中の遊びよりは、外遊びが好き。

公園に出かけるのを心から楽しみにしています。

・クリスマスプレゼントは、三輪車、メルちゃんの服。

おばあちゃんからは、本人用の手袋と帽子をもらいました。

三輪車は以前からずっと、お店などで見るたび指差して「あっ、あっ」と欲しそうにしていたので、買ってやれてよかったです。

・夜寝ません。
私がおきていると、10時、11時までおきているときもあります。

昼寝を10分ほどで切り上げると、夜も寝るのですが、ついつい起こし忘れてしまいます。
逆に、昼寝させないと、夕食の途中で寝てしまいます。

しかも、寝るときは生まれてからずっと、私の腕枕でなければ寝ないんです。
(こうしておくと、お母さんが腕を引き抜いて、どこかに行ってしまったときにすぐ気づいて泣いて呼び戻せるから、と思っているフシがあります。)

つくづく、寝かしつけのトレーニングが上手くいかなかったなあと思います。

上の子と同じように、ジーナ式のネントレを、面倒でもやっておけばよかったです。

>>出産前に読んでいてよかった本1位!~ジーナ式ネンネトレーニング~

上の子(Kくん)の成長


・身長未計測・体重21.4kg

k_1801.jpg

背の順がクラスで後ろから4~5番目です。

以前は一番大きかったので、背が伸びていないのかと思い、母子手帳の成長曲線に記入してみたのですが・・・。

とくに問題ありませんでした。

それよりは、体重が足踏み状態でした。

今はさほど問題ではなさそうですが、食事量が少ないなとは思います。

たまにグラフに書き入れるのは大切ですね。

・服は120センチ、130センチを着せています。

・こどもちゃれんじの教材で確かめたところ、カタカナがほぼ全て読めるようになっています。

(単語になると読み違えもあります。ポケモンの「マダツボミ」→「マダポンミー」など。)

・カレンダーに興味を持ち、「今日は何日?」と良く聞いてきます。
日、月、年の関係はおおむね理解しているようです。

幼稚園で、日付や曜日を教えてくれているようなので、その効果なのだと思います。

・好きな食べ物→うどん、チップスター。

甘いお菓子にあまり興味はなく、塩味でパリパリしたものが好きらしいです。

チップスターを初めて食べて「これ、毎日食べたいんだけど・・・」と控えめにリクエストしてきました。

・頑固な便秘は相変わらずで、お通じは2日に1回ペースです。
出血することもあり、肛門科に通っています。早めに改善したいです。

薬(マグミット1g)服用中。子どもとしてはかなり多い量だと思います。

先月は「リンゴを食べると出る」と思ったのですが、効果がなくなってきました。

ほかの食べ物・薬もそうなのですが「これが効く!」と思っても、すぐに慣れてしまって便秘が再発するようです。

効くと思ったものを常備しておいて、ローテーションするというのが良いのでしょうか。
お手上げ状態です。

・自転車の練習はほとんど進んでいません。
へんしんバイクを買って、ペダルなしで練習しているのですが、そろそろペダルをつけたいなあと思っています。

・おもちゃの片付けは、以前は自主的に片付けるようになっていましたが、また片付けを嫌がるようになっています。

それと入れ替わりで、お風呂のおもちゃ(以前は放置していて、夫が入浴時に片付けていた)を自主的に片付けるようになりました。

・クリスマスプレゼントは、サンタさんからはプラレールの「ガチャっとアクションステーション」。

おばあちゃんからは地球儀。

親からは、プラレールスタンプラリーで当たった新幹線セットになりました。

(思い出してみると、私、クリスマスって親からはプレゼントはなく、サンタさんにもらうだけの日でした。親からもおばあちゃんからももらえるって、もらいすぎなんでしょうか・・・?)

・ガチャっとアクションステーションは、「大きすぎるし、複雑すぎるのでは」と心配していましたが・・・

分解すればそれほどのボリュームにはならず、動きも面白いので、買ってよかったです。
しかし、Kくんは、朝起きて「プラレール組み立ててほしい」と言うのですが、組み立てるとそこに電車を設置し、周囲に動物、恐竜、積み木、ジュウオウジャーのロボットを設置し、それで終了するんですよね。

ジオラマ感覚なので、電車は走らなくてもよいみたいです。
本人がそれでいいなら構わないのでしょうが、釈然としないまま付き合っています^ ^;

・好きな動画は、猿の惑星の予告編、地下鉄の駅名をボーカロイドが歌うシリーズ。



・冬休みの間、Amazonプライムビデオを解禁し、本人のリクエストによりポケモンとドラえもんをPCのブックマークに入れてやりました。

しばらくドラえもんを食い入るように見ていましたが、ある朝「Kくんはひらがな書けないから、宿題やれないかもしれない~」と泣きながら目を覚まし、ちょっと早かったかなと思いました。

宿題というのは、習ったことを家で練習するものだから、ひらがなの書き方もちゃんと小学校の先生が教えてくれるよ、ということを説明したのですが、通じているのかどうか・・・

のび太くんの様子を見ていると、小学校がこわくなりますよね。
周囲のお友達が見ているようで、Kくんも見たいと思ったようですが、「あれは現実ではない」と説明するやり方が難しいです。

・その後、シンカリオンが始まると、ドラえもんも、ポケモンも、しまじろうも、Youtubeもすべて吹き飛んで、シンカリオン一色に。

誕生日はシンカリオンが欲しいと言っています。

k_1801_saru.jpg
(遊びも以前は「猿の惑星ごっこ」をやっていましたが、シンカリオン効果でプラレール一色です。)

・好きな絵本は、「りんごかもしれない」「ぼくのにせものをつくるには」。

それから、福音館の月間購読で届いた「すいどう」

ヨシタケシンスケさんの絵本は、今、絵本売り場ですごく目に付きますね。

1年前ぐらいにプレゼントされ、ほとんど読んでいなかったのですが、最近になって急に面白くなったみたいです。

・時計にちょっと興味が出てきました。
まだ針から時間を読むことはできません。
デジタル時計が自宅内になく、時間の概念もあまりないようです。

・字を突然描きたがるようになりました。
最初は、私が薄く書いて、その上をなぞっていました。

そのうち、見本を書いておくと、マネして書くようになりました。

andes_1801.jpg

はじめたばかりにしては上手だなと思っています。

春頃に、こどもちゃれんじで「文字を書く」というおもちゃがいくつか届いたので、それで身についたのでしょうか。

・歯磨きがずっと嫌いで、毎日本気で押さえつけて、イヤイヤ言われつつ磨いていました。
ところがある日突然、自主的に「あー」と口を開いたのでびっくり。

「ありがとう。どうして口を開いてくれるようになったの?」と聞くと、

「こうすればお母さんが磨きやすいかなと思って」という優等生風の返事。

その後も毎日、進んで口を開いてくれます。

過去に出席した、東京医科歯科大学の子どもの歯のセミナーで、「2歳ぐらいまではどの子も嫌がります」と聞いていたので、イヤイヤ言うのは当然とは思っていましたが、それにしてもイヤイヤが続き、ずっとこのままなのかな、なんて思っていたのですが・・・
突然の成長にびっくりしています。

・地図(≒電車の路線図)が好き。

東京メトロの路線図にある駅名は漢字でほぼ読めるようになっていました。

特に教えたことはないのですが、乗っているときや、Youtubeの路線図の歌を歌う動画で覚えているようです。

路線図の歌は、いつもすさまじい集中力で、画面にかじりつくようにして見ています。

rosenzu_1801.jpg

350円で売っている東京メトロのカレンダーをついに壁に貼りました。

「上野駅から東京スカイツリーに行くには、銀座線に乗って、浅草で半蔵門線に乗り換えて、押上まで行くんだよ!」

「はい!お母さん!次はどこからどこまで行きたいか言って!」という遊び(?)を毎日やっています。

・平和な遊びが好き。

二人でおもちゃの恐竜で戦いごっこをやっていて、「うわー、やられた、痛い~」と私が恐竜に言わせると

「もう悪いことはしないか!?じゃあ、救急車を呼んでやるぞ!それまで頑張るんだ!ピーポー、ピーポー。さあ、これでもう大丈夫!」

と、いつもとても平和に終わります。

兄と妹


kc_1801.jpg

・Kくんは、よく「ボクのお兄ちゃん、お姉ちゃんに聞いたんだけど、○○が○○なんだって!」と言います。

最初は「Kくんにお兄ちゃんお姉ちゃんっていたっけ?」と訂正していましたが、1日何回も言うので、面倒になって「へえ~、そうなんだ~。すごいね~」と流しています。

たぶん、幼稚園ではお兄ちゃん、お姉ちゃんのいる子が、ちょっと進んだ情報を持っていて羨ましいんでしょうね。

私自身が三姉妹の長女なので、Kくんの気持ちはわかります。


・本屋さんに子ども二人をつれて行って、「好きな本を1人1冊買ってあげるよ」と言ったところ、選んだのはこの本でした。

Kくんは「はしれぐるぐる やまのてせん」。



以前、国立国際こども図書館で見て、欲しかったようです。

Kくんは山手線が電車の中でもとくに好きで、この本はいつか買ってやろうかなと思っていたので、自分で選んでくれてよかったです。

Cちゃんは「スーパーのりものボックス」。



赤くて小さくて、可愛いケースに入っていたのが気に入ったようです。本屋さんでつかんで離さなくなりました^ ^

Kくんの影響なのか、電車(特に蒸気機関車)が好きなCちゃんです。

Kくん保護者面談


Kくんの幼稚園の三者面談がありました。

昨年の面談では、幼稚園に入園して以来の成長した点や、お友達とのやりとりの具体的な様子などを聞かせてもらった上で、今後の目標(要するに欠点ですが^ ^;)を聞き、とても実り多いものでした。

そのため、今年もちょっと楽しみにして出かけたのですが・・・。

30分あまりの面談時間のすべてがダメ出し!

「お友達の輪に入らずぽつんとしている時がよくあります」「誘われるのを待つばかりで、自分から積極的に遊びません」「手遊びやお遊戯を全然覚えません」「絵が上手に描けません」「クレヨンで色を塗るのも途中であきらめてしまいます」「柔軟体操で体を支えきれません。筋力が足りないのではないですか」「平均台ができません」「ボールが投げられません」「鉄棒ができません」「手先の器用さが足りません」。

「○○の絵を描きましょうという課題では、こんな絵を描いていたので、私が横について描き直ししました」と、元の絵を見せられました。

最終的には「覇気がありません」「経験が少ないので、お家でもっといろいろやってあげてください」とまとめられてしまいました。

ほかには、「女の子の遊びに入れてもらっている時がよくあります」など、「え・・・それは別に欠点でもないのでは?」ということもネガティブな文脈で伝えられました。

いずれも、心当たりはある内容でしたが・・・。
(3月生まれだという点を割り引いても、運動や手先の発達は遅めだなと思っていました)

絵を先生が描き直しさせたという時期は、Kくんの「ボクは絵が下手だから・・・」と急に消極的になり、クレヨンをまったく持たなかった時期と重なっており、「ああ、そういうことか」という思いでした。

(まあ、4歳後半で描く絵がこのレベルなので、先生の気持ちもわかるのですが・・・)

picture_1801.jpg

お友達の輪に入れないというのは、昨年仲良しだったお友達が、他の子ともっと仲良くなってしまい、Kくんが置いていかれ気味になっているせいだと思います。

(そのお友達に「入れて」と言うと「ダメよ」と言われた、と何度か言っていたことがあり、時々は「今日は入っていいよ」と言われるようなので、そのお友達が誘ってくれるのを待っているのでしょう。「他のお友達とも遊べばいいんだよ」とは言っているのですが、まあ、本人としては一番遊びたいお友達はその子なのでしょうし、難しいですよね。)

何がきつかったといって、先生と私のその会話を、Kくんがすぐ横(子ども用の遊びスペースが設けられていた)で聞いていたことでした

私は途中で「あ、聞き耳を立てているな」と気づいて、Kくんの長所をいくつか言ったりしたのですが、それで先生がますますヒートアップしたらしく、あれもできない、これもできないの数が増えてしまっただけでした。

(これは私の受け答えが下手だったと反省しています。)

Kくんは案の定、その夜はうなされており、翌朝には1年半ぶりぐらいのおねしょをしました。胸が痛かったです。

年少の後半にはおさまっていた毎朝の「幼稚園イヤ!」が年中の途中から再発した理由がうっすら分かってきました。

いつかブログのコメント欄で「幼稚園を嫌がるのは先生との相性もあるのでは」とご指摘いただいたことがありましたが、たぶんそのとおりだったのだと思います。

親子ともにショックな面談でした。

先生のおっしゃった「経験が少ない」というのも、「運動が苦手」というのもその通りですし、指摘してもらったこと自体はありがたいのですが・・・

「この1年で成長したところはありますか?」という私からの質問に「それはともかく・・・」と欠点を続けて挙げられた先生は、あまりKくんの様子を見てはいなかったのではと感じました。

打てば響くタイプの反応の良い子ではなく、歌やお遊戯も頭に入りにくいので、先生としては扱いづらいのはよく分かります。

プレから年少にかけては「この幼稚園を選んでよかった」という評価だったのですが、年中の一年は残念な結果となりました。

「幼稚園選び」が話題になることが多いですが、園選び以上に毎年の先生との相性が重要で、それはこちらでは選べないことだなあと実感しています。

>>「幼稚園の選び方とわが家の反省点【お弁当・英語・公立私立…どう選ぶ?】

2才5ヶ月


Cちゃんも2才5ヶ月になりました。

2才5ヶ月というと、Cちゃん出産時のKくんの年齢です。

夫婦ともに、今のCちゃんと、当時の頃のKくんの発達をついつい比べてしまいます。

言葉は明らかにCちゃんが遅いんですよね。

2才5ヶ月頃のKくんは

「お母さん、マンゴージュース!おかわり!」とか、「山手線だー!なんじゃこりゃあ!」とか言っていました。(後者は、初めてプラレールの山手線を走らせたときのセリフです^ ^)

大して、現在のCちゃんはというと、

「メウちゃ(メルちゃん)、ね、ヤー、ハイ、ネー、フンフン、フンフン、ア!?ママ、ドウジョー」みたいな感じで、赤ちゃん語から卒業できていません。

お正月、夫が義母に「Cちゃんは喋ってもこんな感じなんだよ~」と笑いながら話したところ、義母は真顔で「そうは言うけど、Cちゃんは自分で服も着るし、靴も履けるし、あの頃のKくんにできていなかったこともたくさんできているわよ。早いところも遅いところも人それぞれなのよ」とたしなめられました。

夫婦とも、できないところにばかり目がいってしまっていたかもしれません。

義母はおっとりした人で、義母の兄弟には不思議ちゃん扱いされているのですが、第一子妊娠のときにかけてくれた言葉といい、今回のことと言い、私たちの育児の足りないところを補ってくれているなあと感じます。

(第一子妊娠のときのやりとりについては義母の産後の手伝いの断り方~義母に送った手紙を公開~でも少し紹介しています。)


第二子出産以降の育児日記はこちらにまとめています。

>>育児日記(第二子出産以降)

上の子が2歳4ヶ月-5ヶ月だった頃の育児日記はこちらです。

>>2歳5ヶ月になりました~第二子出産直前!~

>>2歳4ヶ月になりました~来月にはお兄ちゃんなのですが・・・~


こちらの記事もよろしければどうぞ

妊娠中にやっておけばよかったこと
出産での入院費用を抑える裏ワザ5つ
学資保険300万円で足りる?足りない?~大学の学費を計算してみた~
学資保険選びのスケジュール公開!~妊娠中期にやっておいてよかった~

スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

切ないですね

こんばんは。いつも楽しく読ませてもらっています。

息子さんの面談の件、私まで胸が苦しくなりました。
先生、、、とても残念ですね。
横で聞いていた息子さんの気持ちを考えたら本当に切なかったです。

夜うなされたり、おねしょという形で反応していることも。

我が家は保育園に通う予定で、必死に園選びをしましたが、やはり先生との相性が重要なのですね。

先生もその学年ごとに変わる?でしょうし、入園前に懸命に見ても分からないこともありますよね。

本文に記載のある仲良しのお友達との関係が好転したり、少しでも息子さんが園生活を楽しめるように願っております。

お母さんも面談、おつかれさまでした。

2018-01-16 23:52 from - | Edit

大丈夫ですよ!!

ぽむぽむ様

いつもとても楽しく拝見しております。
コメントを入れさせていただくのは、Kくんが赤ちゃんだった頃以来になります。3児の母をしております。
Kくんの個人面談の厳しさにびっくりして、ついコメントしてしまいました。
うちの息子はKくんと同じ学年で、6月生まれですが、お絵かきも同じような感じですし、鉄棒もできないし、ボールはやっと投げられるようになったばかり、お友達は縄跳びが上手たけど息子はできない、でもそのできないことを先生から指摘されることはないのですがね…。こういう、こどもの能力って個人差が大きいので、いわゆるスポーツテストで正6角形みたいにはならずにいびつに発達していくものであり、得意不得意はあって普通、でいいのではないかと思います。今は、体を動かすのって楽しいな、というのを感じるだけで十分なのでは…。うちのこども園の体育指導の先生もよく話されるのですが、技術を先に覚えてもしょうがない、それではいつか壁にぶち当たる時に乗り越えられないので、遊びながら楽しく体を動かす、そしてそのうち技術はついてくるから、と。
私もそれに賛成しています。
そしてそして、うちのちびも電車関係がとても好きなのですが、ぽむぽむさんのお子さんはとても優秀だと思います。うちは路線図なんて全然!!男の子は好きなことしかやらないので、その好きなことを伸ばしてやればいいと園長先生から言われました。文字を覚えたり書いたりするのも、無理なく電車関係から発展していけばいいのよ、と。
長々とへたな文章失礼いたしました。つい自分の息子と重ねてしまいまして…(笑)
園や先生とは相性だ、と私もつくづく思いますが、先生から言われるとつい自分に責任を感じて凹みますよね、でもぽむぽむさん、凹む必要なし!Kくんはとってもいい子だと思います。大丈夫ですよ!!

2018-01-17 05:19 from きーまま | Edit

No title

おはようございます!
120~130センチの服を着れるのに後ろから4番目なんですか(驚)
たぶん大きいお子さんが多いクラスなんだという気がします。
うちはKくんとたった9ヶ月差ですが、まだ90センチがジャストだし、体重も12キロ強しかありません^^;
食事の量を気にされなくても大丈夫な気がします^^

先日のコメントでもお聞きしましたが、面談の内容…これはモヤモヤしますね…。
「年中の間にこれくらいのことができると良い」という目安があるのはわかりますが、月齢差や個人差を全然考慮してくれず、しかも子供が話を聞こえる場所にいるのに、私でも納得できないと思います。
こんなの聞かせても幼稚園嫌いになるだけで、家でどうこうできることも少ないのに、デメリットしかないような…。
まだ小学生でもないのに、あれとそれとこれができて…という枠にはめるのはどうなんでしょうか。
(何でもそつなくこなせるタイプの子にはいい先生なのかもしれませんが…。)
うなされていたと聞いて胸が痛みます。

うちは保育園ということもあって教育面が重視されていないためか、息子もかなり手先は不器用ですし、生活面も遅いですが、三年間でこのようなことを指摘されたことは一度もなく、「いつも頑張っていると」と言ってくださるので助けられていますが、夫がこのような減点方式の評価を出すタイプなので、気持ちはわかるような気がします。
先生の言うことなんて、右から左に流して自信を持ってくださいね。
年中さんもあと二ヶ月なので、来年度の担任の先生はいい先生にあたるといいですね^^

2018-01-17 07:00 from こゆりす

No title

ツイッターでお世話になっております。^_^
息子さんの便秘辛いですよね…

私も10代の頃から悩まされており、最近やっと改善されてきたところです。
まずはカイテキオリゴというオリゴ糖を飲み物やみそ汁などに入れて飲むと改善されました。
娘も1歳の頃から便秘気味のときは少量飲ませていました。

それでも効かないときは、玄米ごはんを食べると効果がありました。
よく噛んで食べることが前提なので、幼児に玄米を与えていいのかはわからないのですが…
毎食ではなく1日1食食べるだけでお通じが柔らかくなります。
普通に炊くとパサパサして食べにくいので、1割弱のもち米と少量の塩を混ぜると食べやすくなり、吸水しなくても土鍋や圧力鍋で簡単に炊けます。
ご参考になりましたら幸いです^_^

2018-01-17 12:46 from Tty

No title

Kくんの面談、とても心が痛みました。
女の子の遊びに入れてもらえるって、優しい男の子だからなんだろうなぁと思いました。
保育園・幼稚園の頃って、何ができるかより、そういう優しさとかのほうが大事だと思います。保育園・幼稚園のときに秀でている分野が小学校・中学校に行ってダメになったり、逆にてんでダメなことが小学校・中学校で得意になることってありますから。
私自身、保育園のとき、同い年に比べてすごく絵も字も下手な子でしたが、小学校のときに絵でも書写でも賞をもらいました。
逆に、鍵盤ハーモニカがすごく得意でしたが、学年があがるにつれ、音楽の成績はすごーく悲惨なものでした。
そんなもんだと思います。

ブログを通じてだけですが、KくんのCちゃん思いな一面、お母さん思いな一面、興味をもった分野を極める面、素直な面、それに女の子の遊びに入れてもらえるほど優しい面、いい面がいっぱいあるなぁと思っています。

Kくんがいい面をもっと伸ばせますように!
Kくんが笑顔いっぱいで過ごせますように!

2018-01-17 20:50 from うさこ

Re: 切ないですね

こんにちは。コメントをいただきありがとうございます。

本当に、胸が痛いですし、「お母さんは、ボクの見ていないところでは先生とボクの悪口を言い合っている」みたいに思われていたら、信頼関係に傷がつくなあと不安です。
先生のことはもう仕方がないですし、1年限りのことですので・・・。

あと2ヶ月あまりですが、少しでも楽しく、というか、辛くない状態で通園してくれるといいなあと思います。

保育園は、0歳から入園されるのでしょうか。
0~2歳は、部屋に複数の先生がいらっしゃって、あっちの子を見たり、こっちの子を見たりしているので、幼稚園のように、1年間同じ先生の影響を強く受け続けるということはないかなという印象があります。

私は、一時保育でしか保育園の様子を見たことがないので、保育園の担任の仕組みをあまりよく理解していないのですが・・・。

3歳クラスぐらいからは、先生の数も減ってきて、ちょっと幼稚園っぽくなってくるかもしれませんね。

ご家庭にとって、良い先生にめぐり合えるといいですね。

2018-01-17 21:44 from ぽむぽむ | Edit

Re: 大丈夫ですよ!!

きーままさま

こんにちは。おひさしぶりです!コメントをいただきありがとうございます。
以前のコメントを読み直しておりました。その節はありがとうございました。子育ての先輩の体験にとても勇気付けられました。

>正6角形みたいにはならずにいびつに発達していくもの

そうですよね。そう言っていただけて安心です。
先生がどうしてこういう感じなのか、よく分かりません。

描きなおしをさせられた絵は、発表会で掲示される絵でした。

どうも、園長先生や他の先生に「自分の指導力は低くない」とアピールしたい気持ちがあったのでは・・・なんて邪推しています。

まあ、担任の先生の言葉で「いろいろできないから、Kくんは楽しくなくて、幼稚園も嫌いになっているのではないか」というのにも一理あるとは思っているところで、少しの努力でできるようになるのなら、もちろんできるようになったほうが本人のストレスは減るのでしょうけれど・・・。

きーままさんの園の体育の先生のお言葉、すばらしいですね。

私もその考え方に賛成です。
この時期には、楽しかった思い出がたくさんあることのほうが大切だと思います。

Kくんの園は、体育に限らず、ちょっと技術をつけさせることに偏っていて、わが家の教育には合わなかったかなとも思います。

おっしゃるとおり、電車のことなら何でもやるんですよね(笑)
ここから無理なく発展しけいけば、という程度に、今までどおり、ゆるくやっていこうと思います。

コメント勇気付けられました。ありがとうございます。

2018-01-17 22:01 from ぽむぽむ | Edit

Re: No title

こゆりすさま

こんにちは。いつもありがとうございます。

食事の量ですが、実は、体の大きさよりは、便秘対策が主なんです。
放っておくとほとんど食べず、3日以上の便秘になって、出血する・・・の繰り返しで1年ぐらい経ってしまいました。

たまに大量に食べると、スムーズに出たりするので、食事量が影響している気がしています。

そういうわけで、買い物をするときも、料理をするときも、食事の間も、「Kくんの便秘に効くのは何だろう」ということばかり考えており、Kくんが食べ残すと「それじゃあウンチ出ないよ!」なんて言ってしまいます。ひどいテーブルマナーですね(笑)

こゆりすさんの保育園は、トイレトレーニングが早いし厳しめだなあと思って読ませていただいていたのですが、面談などでのフォローは万全ですね。
経験のある良い先生がそろっておられるのかなあと感じました。

ちょっと直すぐらいでは間に合わないぐらい根本的にダメだ!と担任の先生には言われた感じなのですが、おっしゃるとおり、聞き流してしまおうと思います。
これで正解かどうかは分かりませんが・・・。
幼稚園ではストレスが多そうなので、家では一番好きな遊びを思う存分やっていいんじゃないかな、と、引き続きとても甘い方針でやっていきます。

2018-01-17 22:16 from ぽむぽむ | Edit

No title

面談、辛かったですね。
本人がいる横でそのコメントはないでしょう?
絵を描き直させたというもの信じられない。

Kくんはいい子です。
ぽむぽむさんもいいお母さんです。
気を落とさないで下さいね。

2018-01-17 22:17 from ハルキ

Re: No title

Ttyさま

こんにちは。twitterではお世話になっています。赴任先に戻られたんですよね。
今回もお疲れ様でした。

便秘はもう1年ぐらいずっと悩まされています。
オリゴ糖はすでに食べさせたことがあり、今は1日に10gもヨーグルトに入れいるんです。
最初はオリゴ糖を食べるとすぐにお通じがあったのですが、もう効かなくなってしまいました。

玄米は食べさせたことがなかったです!早速やってみます。

私自身が便秘で悩んだ経験がないので、体験された方のお話は参考になります。ありがとうございます!
改善したとご報告ができるといいなあと思います。

2018-01-17 22:22 from ぽむぽむ | Edit

Re: No title

うさこさま

こんにちは。いつもありがとうございます。

「女の子のおままごとに入って遊べる」というのは、私もあまり悪い印象はなかったので、「え?」という感じでした。

確かに、私の子ども時代を思い出しても、男の子グループのリーダーになるような子は、絶対にままごとに入らなかったので、Kくんはそういう男の子っぽいタイプではないのだろうなとは思いますが・・・。

小さい頃できなかったことでも、小学校で賞がもらえるほど伸びたというのはすばらしいですね!

小学校、中学校になると、全然違う得意分野が出てきたりするものなのですね。

先生の言うとおりに自宅で絵を描かせてみたりもしましたが、本人は他の遊びをしたがりますし、「○才でこれができないなんて遅い!」みたいな言い方は、私たち夫婦の感覚にもしっくりこないので、もう、先生との相性が悪かったということで、あと2ヶ月を無事に過ごすことだけ考えようかなと思います。

あたたかいコメントをいただけてうれしかったです。ありがとうございます

2018-01-17 22:37 from ぽむぽむ | Edit

Re: No title

ハルキさま

こんにちは。いつもありがとうございます。

面談は、本人にとって何よりショックなことだったと思います。
先生は子どもが聞いていないと思っている様子でした。
途中で私が「本人が聞いていますし、長所も言ってやってくださいね~(笑)」と直接的に言って流れを変えるのが正解だったのだろうなと今は思います。機転が利かなかったことが悔やまれます。

絵を描き直させたというのも、私も信じられないです。

共用スペースにクラス単位で掲示される絵だったので、園長先生や、他の先生に、「自分の指導力が低くない」とアピールする目的だったのかなと何となく想像しています。

後味の悪い面談だったのですが、コメントをいただき救われた思いです。ありがとうございます。

2018-01-17 22:45 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.