兄4歳9-10ヶ月、妹2歳4-5ヶ月のスケジュール~一日こうして過ごしています~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

兄4歳9-10ヶ月、妹2歳4-5ヶ月のスケジュール~一日こうして過ごしています~

上の子Kくん4才9ヶ月から10ヶ月(幼稚園年中の冬休み)、下の子Cちゃん2才4ヶ月から5ヶ月の一日の過ごし方です。

スポンサードリンク


6:00 私起床、昨日の夫の夕食の食器片付け、朝食作り、夕食作り

7:00 子ども起床・朝食を食べさせる・洗濯スタート・夕食準備

子どもたちは、6時~7時半のあいだで、それぞれ好きな時間に起きてきます。

最近は、Eテレの「0655」を見られる日が多いです。

幼稚園があるときは、なかなか布団から出なかったKくんですが、幼稚園がないとなると楽しくてぱっちり目が覚めるようす。
よっぽど幼稚園嫌いなんですね~。

朝食は、Kくんにはうどん・目玉焼き・りんご、Cちゃんにはバナナ・ヨーグルトなどを食べさせることが多いです。

食事終了後は、Eテレを見ていたり、Youtube動画を見たりしています。

8:30 家事・遊ぶ
なぜか毎日「遊んでいい?」と確認してから遊び始めるKくんです。

(外出の予定がないかどうかを尋ねているのだと思います。)

Kくんは遊び始めると、「お母さん、一緒に遊べない・・・よね?」とすごく控えめに「遊んでほしい」とアピールしてきます。

いつもなんだか気を使ってくれて、本当に申し訳ないです。

タイマーを20分にセットして、その時間でできる範囲の家事だけやって一緒に遊ぶことにしています。

KくんとCちゃんが、それぞれ違う遊びを私としたがるので、こっちでジュウオウジャーの戦いをし、同時にレストランごっこをやり・・・とものすごく忙しいうえ、「ねえねえ、お母さん!」とKくんにつねに怒られています。

長期休みはきつい・・・

10:30 おやつ
なぜか、この時間にKくんが「おなかが減った」と言い、おやつをほしがるようになりました。

この時間に食べさせても昼食はわりと食べるので、(便秘に効くと聞いた)チョコレートなどを食べさせています。

11:30 昼食準備・昼食
チャーハン、麺類、ピザなど、10分ぐらいで準備できるものを作っています。

12:20 昼食片付け

12:40-15:00

室内遊び、公園遊びなどをしています。

15:00-16:30 Cちゃん昼寝

Cちゃんは午後の遅い時間に昼寝することが多いです。

そして、この時間に私もすごく眠くなり、Kくんに「寝ちゃだめ!」としょっちゅう怒られています。

Cちゃんは、盛り上がっているとこの時間に昼寝せず、私が夕食を準備している途中や、夕食を食べながら寝てしまうこともあります。

16:30-17:00 夕食準備

午前中に半分ぐらい作っておいた夕食を温め、盛り付けます。

この間、子ども二人は録画したアニメ(ポケモン、しまじろうなど)を見ています。

17:00 夕食

夕食時間が長すぎるのが以前からの悩みでしたが、だんだん短くなってきました。
とはいっても、デザート完了まで1時間かかっていますが・・・。

私が食べさせるとほぼ食べきります。

18:00-19:20 夕食片付け、歯磨き、おもちゃ片付け

夕食片付け(食洗機に食器を入れて生ゴミまで処理する)にだいたい30分かかります。
私の歯磨きや、布団敷きに15分、子ども二人の歯磨きに10分、掃除機かけ・翌日のごみ出し準備などで10分ほどかかります。

おもちゃの片付けは、Kくんが自主的にやっているときが多いです。

19:30-20:15 風呂

20:30-21:00 絵本

絵本を毎晩4冊ぐらい読んでいます。

以前はこの時間がとれないのが悩みだったのですが、本を読むと子どもたちも喜ぶのでやはり嬉しいです。

21:00 就寝

電気を消すと10分程度でKくんは眠り、朝まで絶対に起きません。

Cちゃんは、昼寝の短かった日(10~20分だった日)は早く寝付きますが、そんな日はめったになく、深夜までほぼ寝ません。

大晦日は大人と一緒にゆく年くる年を見ていました。

ちょっとまずいんじゃないかと思うのですが・・・

幼稚園児のKくんの生活習慣には厳しいのに、なぜかCちゃんには甘くなっており、これでいいんだっけ・・・?という感じです。

感想


幼稚園のない期間は、家で子どもたちを見るのが大変になる一方で、親子ともストレスが少なくのびのびします。

毎朝Kくんが「幼稚園行きたくないよ~」とジタバタするのを聞かなくてすむだけでもかなり気分が楽なのですが・・・

もうすぐ幼稚園が始まりますね。

待ち遠しいような、面倒なような気分です。


第一子(Kくん)が2歳4ヶ月だったときのスケジュールはこちらです。

>>2歳4ヶ月の男の子育児~一日こうして過ごしています~

第二子出産後の育児日記はこちらにまとめています。

>>「第二子出産後の育児日記 カテゴリ記事一覧

スポンサードリンク


こちらの記事もよろしければどうぞ

私の買った出産準備品全リストを公開!
妊婦生活でもらったサンプル品・ポイントまとめ
学資保険にいま入るならこれ!返戻率ランキングと失敗した私からのアドバイス
全員に選べるギフトプレゼント!保険のビュッフェの無料保険相談

コメント
非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます!
今年もブログ楽しみにしております。

Kくん、とってもいい子ですね^^
子どもというのは自己中なもんだと思っていたので、4歳にしてお母さんに気遣いできるのには驚きです。
うちの子は一人っ子なせいか、どうも王子様気分で…育て方間違ったかな^^;

ぽむぽむさんに質問したいのですが、カブトムシのお世話は具体的にどんなことをするのでしょうか?
息子は虫が大好きなのですが、今年義実家に行ったところ、身内にまさかの大阪にカブトムシが捕まえられる場所があると聞き、夏に見に行くことになりそうです。
私は虫が大の苦手で、カブトムシといえど虫を飼うのだけはありえないと思っていたのですが、そんなに虫が好きならいい体験になるかも…と思い始めてきました。
といっても私が直接のお世話は厳しいかもしれないので、面倒くさがりの夫と息子だけでカブトムシの成虫や幼虫のお世話ができるのか気になり質問させていただきました。
知人のお子さんが通っていた保育園では、卒園時に全員カブトムシの幼虫をもらうらしく(!)、お世話自体は大変ではないと聞いた記憶もあるのですが…
お手すきの時に教えていただけたらありがたいです^^

2018-01-04 04:32 from こゆりす

Re: No title

こゆりすさま

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

Kくんはすごく良い子に見えるのですが、環境が理由ではなく、生まれつきの性格かなと思っています。
夫が小さい頃、ケンカが嫌いで一人遊びが好きという、よく似たタイプだったようです。
(今の夫は短気で口うるさく、信じられないのですが^ ^;)

私から見るとKくんは「思いやりのあるすごく良い子」なのですが、幼稚園の先生から見ると「覇気のない、扱いづらい子」のようで、先日、面談のあとちょっと落ち込みました。まだ気持ちが整理しきれないほどです。

見る人によって、長所短所って入れ替わるものなんでしょうか。
とりあえず私にとっては「この子は神か・・・」という息子です^ ^;

カブトムシをくれる保育園があるんですね!すごいですね!

しかも、身近にカブトムシの住む森があるなんてすごいです。

カブトムシの飼い方ですが、成虫はまったく手がかかりません。

成虫の世話は、カブトムシ用ゼリー(こんにゃくゼリーのような容器に入っています。ダイソーなどで買えます)を1日~2日に1回取り替えるだけで終了です。

フンの始末等は不要で、植木鉢よりも手間がかからないレベルかと思います。

土に潜っていて姿が見えないときも多かったので、「うわっ!」となることもあまりありませんでした。

幼虫は多少手間はかかりますが、毎日何かするわけではありませんので、私としては許容範囲でした。

飼育ケースに腐葉土が入っており、それを食べてフンをするので、1ヶ月に1回程度、土を替えてやることが必要です。
(わが家では、10月、11月で計3回やりました。その後、一匹ずつビンに小分けしましたが、これは必須ではないかもしれません)

土を替えるときに、幼虫を取り出す必要があるので、そこが最大の難所でしょうか。
(素手で触る必要はありません。幼虫は人の手で触るのはNGなので、軍手か大きなスプーンで取ります。)

アドバイスできるとすれば、飼育箱は100均やスーパーで売られているような虫カゴではなく、専用のものを買われるのがよいと思います。

私はこの記事で書いている「イークワ」という楽天ショップで購入しました。
飼育箱単品なら1000~2000円だと思います。

http://kotominori.blog88.fc2.com/blog-entry-1430.html

普通の虫カゴと何が違うかというと・・・

・開口部が少なく、霧吹きで加湿する必要がない

・コバエが入らない
(普通の虫カゴの網の大きさだと、コバエが入ってひどいことになります。このケースは和紙のようなもので開口部がカバーされています。)

ということでした。

そのほか、飼い方は、こちらの記事を参考にさせていただきました。


http://blogs.itmedia.co.jp/torapapa/2009/08/post-a7ab.html
(成虫・幼虫画像あり、クリック注意です(笑))

カブトムシ飼育、やってみると楽しいですよ!

ぜひ検討なさってください。

私は楽天で購入してしまいましたが、身近にとれるところがあるなら、最高の思い出になると思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。良い一年になりますように!

2018-01-04 19:05 from ぽむぽむ | Edit

No title

わぁ、詳しくありがとうございます!
あまり手間がかからないのに驚きました。
それくらいなら、私でもなんとかできるかもしれません^^
幼虫はいまだ心の整理がつきませんが…笑
もしカブトムシを取りに行くことになったら、こちらのコメントと記事を再読させていただきますね。

Kくんは稀に見るいい子だと思いますよ。
人に気を遣えて優しい子なので、先生から見てもいい子だと思うのですが…謎ですね。
「一人で遊べない・親から離れない・遊びたい気持ち>親の体調不良」な息子(ついでにアレルギー持ちで手がかかる)を持つ私には、素晴らしいお子さんだなぁと思います^^
こんな息子ですが、私も義実家で「ヤンチャ、言いたいことをはっきり言う、贅沢」など言われて、モヤモヤしました。
私から見れば男の子のヤンチャレベルは普通、シャイすぎて外では自己主張できない、アレルギーのため食べ物に全く執着がなく、最近では好き嫌いも少なく和食を好んで食べる、ガチャガチャやお菓子をねだったりしない贅沢とは逆の子、という評価だったので、このように言われてびっくりしました。
親目線なので甘い評価なのかもしれませんが、結局一番そばで子どもを見ているのは母親なので、外野の言うことは程々に聞き流してもいいような気がします。
ではでは、また遊びに来ますね。

2018-01-08 07:49 from こゆりす

Re: No title

こんにちは。読んでくださってどうもありがとうございます^ ^

飼い方はほぼ本・サイトの受け売りなんです。

カブトムシの飼い方の本はものすごくたくさんありますので、どれか一冊図書館で借りられると万全です。
(誰が読むかという問題がありますか・・・。旦那さまにSOSを^ ^;)

カブトムシ捕獲も、本を読んだのですが、仕掛けを作って枝にかけておき、朝回収するだけというのがあるみたいです。
(ストッキングにエサを入れておくと、ストッキングに足がひっかかって、取れなくなるらしいです。エサは、バナナとか、バナナと日本酒と黒糖を火にかけたのとか、いろいろノウハウがあるようです。)

幼虫問題については・・・オスメス別に飼っておけばいいかな、とか、成虫が死んだら卵のことには触れず腐葉土をカブトムシの森に返してきちゃうとか、カブトムシにはひどいですが大人の秘密ワザがあるかなと。
まあ、幼虫は、あのカブトムシ夫婦の子だと思うと、気持ち悪いながらもなんだか愛着はあるという不思議な状態です。

Kくんのこと、いい子と言ってくださってありがとうございます。
こゆりすさんのお子さんも、子どもらしいお子さんで、わざわざ指摘するような欠点があるようには感じられません。

「ヤンチャ」というなら、すさまじいヤンチャな男の子っているでしょうし。
旦那さまがおとなしいタイプのお子さんでいらっしゃったのでしょうか。

ノリが良いと「ヤンチャ」と言われ、遠慮していると「覇気がない」と言われ・・・ということなんでしょうね。男の子は大変です^ ^;

>結局一番そばで子どもを見ているのは母親なので、外野の言うことは程々に聞き流してもいいような気がします。

その通りなんだと思います。良い言葉をありがとうございます。
親バカかもしれませんが、「親からの評価が世間から評価より低い」というよりは、ずっと幸せな状態だと思うので、Kくん最高、ありがとう、と思って過ごしていきたいです。
私もまたお邪魔させていただきますね。

2018-01-08 21:55 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.