子連れ台湾旅行記~飛行機の中で子ども二人どうする?~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

子連れ台湾旅行記~飛行機の中で子ども二人どうする?~

生後5ヶ月児と2歳児を連れて、2016年1月に台湾旅行したさいの記事です。

前の記事から続きます。


スポンサードリンク


羽田を出発【飛行機の中の様子】


出発当日、ホテルの窓からは富士山が見えました。

haneda_fuji_1601.jpg

Kくんも7時にすっきり目覚めて好調。

K_haneda_window_1601.jpg

9:20 飛行機出発【羽田→台北】


飛行機は時刻どおり出発しました。

子どもは2歳から1席必要になるんですね。

2ヶ月前の予約で、最前列の横並びの席がとれました。

flight_1601_01.jpg

私、今回まで知らなかったんですが、バシネット席は電話で予約するんですね。

今まで、Webで席を指定するときに、空いていないのであきらめてしまっていました。 聞いてみると、子連れや、体の不自由な方のために、最前列は席が空いていても「予約済」と表示されているとのことでした。

せっかく予約できたので、バシネットをつけてもらいました。

Bassinet_1601_001.jpg

10キロまでと言われました。
Cちゃんは7.7kgなので余裕です。

ですが、乗せてみたところ、Cちゃんは気に入らなかったようで、最後までひざの上でした。

バシネットは荷物置き場に・・・^ ^;

Bassinet_1601_002.jpg

でも、無いよりは便利だったかなと思います。

子連れの飛行機で、最前列が良いのかどうかについては改めて記事にしたいと思います。

2歳児と飛行機に【耳抜きはどうする?】


子連れで飛行機に乗るときって、耳抜きはどうすればいいのか、いつも迷います。

今回は、耳抜きをさせるため、上の子には紙パック入りのジュースを持たせました。

ただ、動き始めてから離陸まで時間がかかったために、たちまち1パック飲み干してしまい・・・

余分に持っていてよかったです^ ^;

(牛乳2パック、リンゴジュース2パックを機内持ち込みにしました。いつも常温保存可の牛乳を持って外出しています。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

それいけ!アンパンマンの北海道牛乳  200ml×24本〔32%OFF〕
価格:2125円(税込、送料別) (2017/1/5時点)




空港のセキュリティゲートでは本来、液体の持込ができませんが、子ども用の飲み物、食べ物は通してもらえるようです。

初めて子連れで飛行機に乗ったときは、「乗務員さんにジュースを頼めばいいや」なんて思っていたのですが・・・

離陸するときには、乗務員さんもシートベルトをして座ってしまいますよね。
その後の飲み物を配る時間では、耳抜きに間に合いません。

離陸前のお忙しそうな中、ジュースを頼んでみたこともあったのですが、オレンジジュースが目に入って大喜びした子どもが離陸前に飲み干してしまいました。

ですので、耳抜き対策としては、

紙パックの飲み物を自分のカバンに入れておく

飛行機が上昇を始めて、耳が痛くなる時期にぱっと取り出す

というのが一番良いのかなと思っています。

下の子は、授乳ケープを使って授乳したらOKでした。



機内で


離陸の45分後にキッズミールが出ました。

ana_kidsmeal_1601.jpg

ハンバーグとパンでした。

夫が隣で食べさせてくれました。

息子はハンバーグもサラダも「キライ」と言ってほとんど食べず、お菓子ばかり食べて終了でした^ ^;

その後はもらったおもちゃで遊び、上機嫌。

K_flight_01.jpg

離陸2時間後には、電池が切れたように昼寝し・・・

2時間眠り続けました。

12時15分(日本時間13時15分) 台北・松山空港着


台北・松山空港に到着。

taipei_airport_1601.jpg

荷物を受け取り、そのままタクシーでホテルに向かいました。

台湾に子連れでいくさいは、絶対に桃園空港よりも松山空港がおすすめです。

taipei_map_airport_140922.jpg

びっくりするぐらい市街地に近いので、タクシーですぐ着いてしまいます。

タクシー料金も500円程度で安いです。

前回旅行のさいの記事にも書いている通りです。

>>「1才0ヶ月の子連れ台湾旅行1日目~台北到着~

13時00分 ホテル着


すぐにホテルにつきました。

宿泊したのは前回と同じ大倉久和大飯店(ホテルオークラプレステージタイペイ)。



とても素敵なホテルだと思います。

チェックイン時間前だったので荷物だけを預けて観光に出かけることにしました。

行き先は、Kくんの好きな動物園です!

次の記事につづきます。

前回(上の子1歳0ヶ月)のときの台湾旅行記はこちらにまとめています。

>>1歳児連れ台湾旅行記


スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

No title

リクエストにお答えいただき有難うございます!2月中旬に行くのでどんぴしゃです!私もパックを持っていくことにします。2泊3日なので動物園は次回にしようかと…もうすぐ2歳ですが体重ぎりぎりでバシネット席を予約したのでどうなることやら…お子様が何を召し上がられたのかも記事にして頂けると有難いです。


お忙しいかと思いますが続きを楽しみにしております。

2017-01-17 23:34 from なな | Edit

Re: No title

ななさま

こんにちは。コメントをありがとうございます。
2月中旬に行かれるんですね。間に合ってよかったです♪

バシネットで寝てくれるといいですね。

パックの牛乳とジュースは、滞在中もとても便利でした。
(チェックイン時に預けるほうのスーツケースに入れて、合計15パックぐらい持っていったと思います。)

2泊3日でしたら、動物園はパスで仕方ないかもしれないですね。
他にも見に行くところはたくさんありますものね。

うちの子(当時2歳後半)は、台湾滞在中は大好きな「麺類」だけを食べて過ごしました^^;
あんかけ焼きそば、ラーメン、福建風焼きそばなど、お店によっていろいろありました。

肉も野菜もほぼ食べず栄養は偏っていたのですが、旅行中はあまりやかましく言わないという暗黙のルールがあり、「あ~、麺しか食べてないわ~」と思いつつスルーしました。

あとは、コンビニでヤクルトを買い、パン屋でパンを買い、持っていった紙パックの牛乳と、紙パックのリンゴジュースぐらいしか口にしていないと思います。

親はわりといろいろ食べました^ ^;

前回(1歳0ヶ月)のときは、まだ瓶詰めのベビーフードを嫌がらず食べる時期だったので、半分ぐらいは瓶詰めを食べさせていました。

それ以外も、大根餅、豆花、蛋餅(クレープのようなサンドイッチ風のもの)、マントウ(蒸しパン)など、ちぎってやると何でも食べていました。

基本的に、離乳食っぽいものが多くて、子ども向けの食事には困らない国だと思います。

バナナは日本と同じように、コンビニで1本で売られているので、どこでも買えました。
(「香蕉(シャンジャオ)」と書いてある少し高いのが、台湾風のバナナのようです。)

どうぞ楽しんでいらしてくださいね。



2017-01-18 00:06 from ぽむぽむ | Edit

No title

ぽむぽむ様

まさか返信してくださるとは思わず、嬉しいお返事有難うございました!食事情報をお教えくださり有難うございます!結構食べられるもの、あるんですね。親は屋台で食べる気満々なので、子どもはどうしようかと考えていたのでとても助かりました。私もおみやげにオークラのパイナップルケーキを買おうと思います。

本当に楽しみです!有難うございます!

2017-01-19 14:15 from なな | Edit

Re: No title

ななさま

お役に立ちましたら幸いです^^
食べられるものはたくさんありますので、「地球の歩き方 台湾」の食事特集ページで、料理の名前などチェックしていかれるとよいと思います。

ただ、お子さんが好んで食べられるかどうかはわかりません(中華のスパイスの匂いなどもして、口に合わないかもしれません)。
そのため、ベビーフードを日数分持っていかれるのが安心かなと思います。

また、私は空港で出発が遅延した場合に備えて、機内持ち込み分のベビーフードも少し多めに用意してかばんに入れています。

もう少し詳しく記事にできるといいのですが、ご出発に間に合わなければ申し訳ありません。

2017-01-20 23:03 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.