学資保険がわりに投資信託?買ってはいけない3つの理由 - 妊娠出産をただただ記録するブログ

学資保険がわりに投資信託?買ってはいけない3つの理由

「学資保険がわりに毎月定額の投資信託を積み立てていくほうがよい」と耳にしたことはありませんか?

これって本当なんでしょうか。「学資保険には入らなくていい!?」に続き、考えてみました。

スポンサードリンク



学資保険がわりに投資信託ってどう?


私が学資保険の無料相談に行ったとき、

「私は投資信託で学資を貯めましたよ」

とおっしゃるFPさんに出会ったことがあります。

新聞で、有名FPさんがお子さんの大学資金を投信で準備したと読んだこともあります。

こちらです。

FPなどお金の専門家はどのように教育資金を準備しているのか。深野康彦氏は今春、子供が大学進学する。資金は毎月積み立ての投資信託で準備した。日本株と外国株の投信を毎月1万円ずつ、16年間コツコツ積み立てた。日本株投信はマイナスの時期もあったが、アベノミクス相場の恩恵もあって「最後は学資保険を大幅に上回る運用成果になった」(深野氏)。
日経新聞2014年3月24日「専門家が助言王道は…『投信などでコツコツと』」

これを読むと、学資保険(こども保険)など入らず、投資信託で教育費を準備するのが正解だというように見えてきます。

nikkei_140324_001.jpg

投信は学資保険より利回りが高い?その真相


学資準備に投資信託を勧める人は、「学資保険より投資信託のほうが利回りが高い」とおっしゃいます。
これって本当なのでしょうか?

保険も投信も、何十社もの会社の株式や債券を組み合わせて運用益を上げるという仕組みは同じです。

ただ、保険は人が亡くなったら保険金を払わなければならないので、その分の費用を見込んで割高に設定してあります。

だから、私たちが同じ金額を積み立てていくなら、投信に回したほうが利回りは高くなるという理屈です。

また、学資保険は、加入時に十数年後の返戻率が確定してしまうのが弱い点。

インフレや好景気になった場合には実質的には目減りする可能性もあります。

投資信託であれば、インフレや景気と連動して値上がりしていくものを選べます。

そのため、インフレを心配しなくてよいというメリットがあるのです。

「投信で大学資金準備」がNGな理由


このように「学資は保険よりも投信で積み立てるほうが合理的」と見えてしまいますね。

でも、私はこれはやってはダメだと思っています。

その理由は三つ。
以下で詳しく説明していきます。

理由その1:大学進学の年が空前の不景気かもしれない


教育費を投資信託で積み立ててはいけない理由の一つめは、不況が心配だということです。

投資信託の金額は、景気の波に大きく影響されます。

景気が悪ければ、コツコツ積み立てていった200万円が、100万円ぐらいまで目減りする可能性もあります。

2008年のリーマンショック時には、多くの投資信託は50%以上値下がりしました。

(たとえば、値動きが比較的穏やかな投信「ニッセイ日経225インデックスファンド」でさえ、リーマンショック時には約60%値下がりしたのです。)

morningstar_nikkei225.jpg
※2007年7月9日17,253円⇒2008年10月27日6,898円の下落率60.0% チャートはMorningStarより

毎月積み立てて購入していけば購入時の価格は分散していますので、実際の値下がりは60%よりは小さいものとなるかもしれません。
(詳しくは「ドルコスト平均法」で検索してください。)

また、2年~5年待つことができれば、投資信託の価額は戻ってきます。

ただ、子供の大学進学の年は自分では選べませんよね。

そして、不景気は大きなものから小さなものまで様々ですが、数年ごとに必ずやってきます。

子供の大学進学の年がリーマンショック並みの景気の谷だったら、困りませんか?

そう考えると、「投資信託で学資を準備する」というのは、私にはあまりにも危険なように感じられるのです。

理由その2:投信選択に知識が必要


「学資準備に投信」がNGだと思う二つ目の理由は、専門的な知識が必要だということです。

投資信託には様々な種類があり、大きな値上がりが期待できるものには、当然大きな値下がりのリスクがあります。

おそらく、学資保険代わりに利用するのであれば、価格変動の大きい投信と小さい投信をバランス良く組み合わせて、ほどほどの値上がり益を狙っていくのが正解なのだと思います。

しかし、投信の銘柄は数千種類あるんです。

toshin_160215.jpg

「バランス良く」といっても、具体的にどれを選べばいいんでしょう。

それを一から勉強するのは手間がかかりすぎではないでしょうか?

私は10年以上投資信託をやっていて、最近FP資格も取りました。

でも「学資保険がわりにどの投資信託を買えばいいでしょうか?」と聞かれたら、銘柄名までは答えられません。

それなら「18年後に113%の利回り」と約束してくれる学資保険を選ぶほうが、よっぽど間違いないと感じ、学資保険に加入しました。

>>「私の選んだ学資保険

資産運用のプロならともかく、投資経験のない人が「学資保険がわりに」といきなり投資信託の積立を始めるなんて怖すぎます。

価格がちょっと下がっただけでハラハラし、気が休まらないのではないでしょうか。

そして、投信選びが間違っていたとしても、見直しのタイミングが分からず、手遅れになる場合もあります。

学資保険より投資信託のほうが利回りが良いといっても、手間とリスクがこれだけ増えるなんて、割に合わないと私には感じられます。

理由その3:金額が確定しない


「学資準備に投信」がNGだと思う三つ目の理由は、金額が最後まで確定しないということです。

18年かけて300万円積み立てるときのことを考えてみましょう。

学資保険は加入時に返戻率が確定します。

例えば「268万円を払い込めば、18年後に112%(300万円)受け取れる」と決まっています。

gakushihoken_16.jpg

いっぽうで、投資信託は値上がり・値下がりします。

大学入学の年には400万円になっているかもしれないし、200万円になっているかもしれません。

投資信託は、解約するその瞬間まで値動きし続けます。
そんなギリギリまで、貯めたお金の受取額が分からないなんて、資金計画がしづらくないでしょうか。

長期資産運用の一環ならいいけれど・・・


というわけで、私は「学資保険のかわりに投資信託」には反対です。

実は上の日経記事も、よく読むと「学資保険のかわりに投資信託が良い」と単純に言っているのではないんです。

投信で学資を貯めたというFPの深野さんは、記事の後半でこう書かれています。

自分の老後資金として、定期預金の積み立てをしている。株式投信の運用がマイナスの時期に大学進学となった場合には、取りあえず定期預金の積み立て分を充当し、株式投信の運用は相場が好転するまで継続する方針だった。
日経新聞2014年3月24日「専門家が助言王道は…『投信などでコツコツと』」


投信が値下がりしてしまったら、上がるまで待てるだけの資金を用意されていたということですね。

この方はかなりの預金もあり、投信は学資金を大きく上回る額を保有されているような気がします。

そのような状況なら「投資信託を学資保険に」というのもいいかもしれません。

でも、素人が安易にマネしてよいとは思いません。

投資信託が有利だと思うなら、期限を決めない長期運用を前提に(=老後資金として)買っていくのは良いと思います。
(わが家でも毎月数万円を投資信託購入に回しています。)

ですが、教育費に関しては、「手間がかからず、ほどほどに得する方法」でよいのではと思うのです。

そして、その方法というのは、学資保険だと思います。

資産運用の専門知識がある人を除けば、教育費は学資保険で貯めるべき。これが私の結論です。

(定期預金や国債はどうか?については前の記事でまとめています。⇒「学資保険には入らなくていい!?」)

学資保険は早めの相談・加入が大切!


学資保険にかんしては、「どの保険を選ぶか」ももちろん大切ですが、「出産前に加入を済ませること」が何よりも重要!

出産後、赤ちゃんの世話で寝不足の中、保険を見比べるなんて、とても無理でした。

とにかく学資保険は、早く入ることにメリットがあります。
(詳しくは→「学資保険は一日も早く加入すべき理由」)

妊娠30週ぐらいまでには加入できるよう、安定期に入ったら保険相談に行かれるのがオススメです!

では、どの保険相談に行けばいいか?についてはこちらの記事をどうぞ。

無料保険相談ランキング


JCBギフトカード5000円分プレゼント中!保険のビュッフェ!


コメント
非公開コメント

納得!

コメント遅くなりました…。
おはようございます。

なんで投資信託は学資保険代わりに向いてないのかなー、やっぱりリスクがあるからかなー、と、ぼんやり考えていました。
こちらの記事を読んで、とても納得しました!
うちの場合も、学資保険に入っててよかったです。

ぽむぽむさんのご主人を説得するくだりも、素敵です꒰*´∀`*꒱

ありがとうございました☆

2016-02-19 06:13 from ゆぼぼ

Re: 納得!

ゆぼぼさま

こんにちは!読んでくださってありがとうございます~(^-^)
この記事を書いてみて、大多数の人には学資保険が正解なんじゃないのかな~と改めて思いました。
夫の説得ではイライラさせられましたが、勉強した価値があったなあと思います。
よいきっかけを作ってくださりありがとうございます。

2016-02-19 16:02 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.