私にとって今年一番の記事は?#HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け - 妊娠出産をただただ記録するブログ

私にとって今年一番の記事は?#HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

2015年に読んだ中で、もっとも印象に残った記事をご紹介します。
ハイパーリンクチャレンジ」というネット上のイベントの参加記事です。

HyperlinkChallenge2015とは?


ハイパーリンクチャレンジ2015とは、

「その年公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする」

という企画です。

詳しくはこちら
→「ハイパーリンクチャレンジ2015...|隠居系男子

スポンサードリンク


有名なブロガーさんたちが参加されている企画のようです。
なんとこんな育児ブログを運営している私のところにもバトンが回ってきました。

ご指名くださったすぱいくさん、ありがとうございます。

なんだか場違いじゃないかな?大丈夫かな?
と思いつつ参加させていただきます。

今年一番印象に残った記事(その1)


今年私が読んだ中で一番印象に残っている記事はこちら。

子どもの療育にたずさわる言語聴覚士さんのブログです。

>>子どもにどう「死」を伝えるのか

そしてその続編。

>>生きるということの意味を知ったとき

選んだ理由


c_day17_1509.jpg

私はちょうど3年前、第一子出産前の不安でいっぱいだった時期にこのraiwomanさんのブログに出会いました。

もともと子どもがさほど好きではなかった私は妊娠中「こんな私に子どもが育てられるのか」と心配ばかりしていました。

里帰り出産できないから産後のことも不安でたまりませんでした。

そんななか目にする妊婦雑誌やウェブの情報は、明るく楽しく「可愛いママになる!」みたいなものばかり。
まったく頭に入ってきませんでした。

でも、rainwomanさんのブログに偶然出会い、この記事を読んだとき、ほっとしました。

>>聖母のまなざしにも似て

そして、子どもを産み育てることに対して、とても肯定的な気持ちになれました。

お子さんをお持ちの方にも、出産など考えたこともないという方にも、ぜひ読んでいただきたい記事です。

今年一番印象に残った記事(その2)


2件目は、自分の書いた記事を選ぶということで、こちらです。

>>私が『イクメンブーム』を嫌いな理由

選んだ理由


hirune_1511.jpg

この記事は、育児にまつわるぼやきです。
不快に思われる方もおられるかもしれません。申し訳ありません。

ただ、私はこういった自分の悩みをありのままに書けるブログを持っていてよかったと思います。

現実のママ友には絶対明かせないような悩みも、ブログ上に書くと、共感のコメントやアドバイスが多数いただけて、本当にありがたいです。


ネット(とスマホ)によって、現代の母親の育児環境は大きく変わったなあと感じます。
私にとっては、それを改めて実感した記念碑的(?)な記事です。


育児の困りごとがあったとき、誰かに相談する前にまずスマホで検索する時代になりました。

私のブログも大半がスマホからの閲覧です。

1960年出版の育児書『私は赤ちゃん』(小児科医 松田道雄著)には、団地に住む母親がラジオの育児情報に耳を傾けながら家事をするという場面が出てきます。

つい最近まで、育児情報というのはメディア発信を受け取るだけの一方通行だったのだと思います。

しかし、ブログやツイッターが手軽に利用できるようになり、育児のノウハウも、相談相手も、ネット上に見つけられるようになりました。

いっぽうで、情報が多すぎ、不正確であるという悩みも発生しているような気がしますが、ネットの時代の育児に、私は大いに助けられていると感じます。

感想


kitchen_1511.jpg

第一子妊娠中だった3年前には予想もつかなかったことですが、育児は楽しいです。

面倒なこともたくさんありますが、子どもを持つことは特別なことだと思います。

この3年、育児のことや出産のことばかりずっと考えて、それをブログに書いて過ごしています。

20代の私に聞かせたら「それって楽しいの?」と言われると思いますが、間違いなく楽しいです。
20代の自分と3年前の自分に、そう教えてやりたいです。


さて、記事をだらだら下書きしている間に締切日になってしまいました。

次の方へバトンタッチはせず、私のところで終了させていただこうと思います。
お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

No title

ぽむぽむさんのブログには、ママ友がどうたらこうたらという話はあまり出てこないので、ママ友がおられないのかと思っていましたが、ぽむぽむさんはリアルとネットを使い分けておられるのですね。

2015-12-21 00:48 from アネモネ | Edit

Re: No title

アネモネさま

こんにちは。コメントをありがとうございます。

そうですね。そういえばブログに書いたことがありませんでした。

ご近所のママ友は公園などで情報交換する程度のお付き合いですので、家を行き来したり頻繁にLINEしたりするいわゆる「ママ友」はいません^ ^;
学生時代の友人や、元職場の同僚で同時期に出産した人とは比較的よく連絡をとっている気がしますが、遠いと会えませんし、もともとの友達はママ友って呼ばないかもしれませんね。

今のところそれぐらいの関係なのですが、幼稚園に上がったらもうちょっと深くお付き合いするようになるのかなとちょっと緊張しています。

2015-12-21 15:21 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.