第二子出産の入院中、上の子はどこに預ける?~私の場合~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

第二子出産の入院中、上の子はどこに預ける?~私の場合~

第二子出産の入院中、上の子(2歳)はどこに預けるか。
妊娠前から一番の悩みがこれでした。

私の実家はすでになく、義母は遠方(70代で健康不安あり)、夫は深夜帰宅で休みのとりづらい職種です。

東京都内で出産時に上の子を連れて入院できる産婦人科を調べたりもしたのですが・・・

私の場合は第一子が帝王切開だったため、第二子も帝王切開。

手術後すぐはベッドから動けないので、上の子連れの入院は現実的ではありません。

今回の第二子出産ではどうするのか、ご質問いただくことが多かったのでこちらで公開しておきます。

スポンサードリンク


出産前後のスケジュール


結局、わが家では、私の入院中、上の子は夫実家で夫とともに過ごすことになりました。
そして、退院後は助産院に産褥入院します。

私と同じ、実家・旦那さんが頼れない状態で第二子をお考えの方には「なーんだ」という感じだと思いますので、申し訳ありません。

具体的には、こんなスケジュールを予定しています。

手術前日


夫・子とともに病院へ。入院手続。
夫・子は自宅泊(食事は外食するらしいです)。



手術当日(出産0日目)


夫・子が病院へ。PM帝王切開。
夫・子は義母宅へ移動。義母宅泊。



入院3日目~8日目(出産1日目~7日目)


夫・子は義母宅泊。夫は面倒を見つつPCで仕事。
(子どもを見つつ仕事なんてできないと思うのですが^ ^;)
食事は義母が作ってくれる。



入院9日目(出産8日目)


私と赤ちゃんの退院日。
夫・子と病院で合流し、タクシーで助産院へ。
私・子二人は助産院に産褥入院。夫は自宅へ。



出産9日目~16日目


助産院で産褥入院。
月~金は上の子は近隣の保育園へ(送迎は私が担当)。


奇跡的に夫の夏休みと重なった


今回の出産で、本当に幸運だったと思うのは、

・帝王切開と決まっていたこと
・夏休みと出産入院が重なったこと

です。

2年前の第一子出産時は、夫は夏休みも週末もなく、いきなり呼び出される仕事をしていましたが、今は仕事内容も変わり、予定すれば休みを(たぶん)とれるようになりました。

また会社の方針で、「今年は、盆休み以外に必ず夏季休暇を3日とること」と指示が出たことも幸運でした。
お盆休み・年休2日を無理やりくっつけたら、何とか入院期間中(9日間)は夫の休暇取得が可能に!

本当に助かりました。

また、産婦人科の先生に事情をお話しし、手術予定日を18wの検診で確定してもらえたことにも感謝しています。

このプランに問題があるとすれば、義母宅が入院する病院からそこそこ遠いので、入院中の私と赤ちゃんが、ほぼ見舞いなしで放置(?)されることです^ ^;

まあ、日帰りが不可能ってほどではないので、入退院日と、それ以外に1~2回来てくれたら十分かなあと思っています。
そのほうが、私も気兼ねせず昼寝ができますし・・・。


夫が休めなかったらどうしただろう?


今回はこのように、夫が休めること、義母の体調が比較的良く、宿泊を受け入れてもらえたので、入院中の息子について不安はありません。

k_1507.jpg

ただ、こう決まるまでは、様々なプランを考え、準備していました。
具体的にはこんな内容です。

プラン1:保育園+自宅で夫と過ごす


夫が仕事を休めない場合は、自宅にとどまり、夫と息子で過ごしてもらうプランを考えていました。

・日中は保育園の一時保育を利用
・夕食は全部外食か弁当(夫は自炊が一切できない)
・発熱など保育不可能な場合に備えベビーシッター手配

ただ、夫が「仕事を切り上げて、保育園のお迎えに行くのが一番難しい。それなら休みにするほうが簡単だ」と言うんですよね。
確かにそうかもな、と思いました。
(ファミサポとかお願いすればいいのでしょうけれど・・・。)

プラン2:乳児院


夫が休めず、一時保育の予約もできない場合は、乳児院に預けようと思っていました。

乳児院の利用条件は以下のようなものでした。

・原則として事前予約が必要
・服などは貸出も可能
・万が一の場合は職員が病院に迎えに来てくれる
・1日5000円未満

私としては、今回の出産でも、乳児院の利用をかなり現実的に考えていて、役所に話を聞きにいき、下見もしてありました。

息子は、保育園の一時保育にもすんなりなじみましたし、乳児院に預けるのも、まあ大丈夫かなあ、と考えていました。

いざとなれば乳児院


また、出産以前に、いきなり切迫早産などで入院の指示が出たらどうしよう?ということはつねに不安でした。

その時に夫が休めたらいいですが、私の妊娠中、夫は1週間程度の出張がたびたびあり、海外出張に行っていた時期もあります。

そんな場合は、乳児院を頼るしかないのだろうなと思い、役所の乳児院予約部門の電話番号・児童相談所の電話番号は、携帯に登録してありました。

自治体により運用の違いが大きいようですが、私の住む地域では、「急な陣痛・破水などで、乳児院まで子どもを連れてこれなくなってしまったら、職員が病院まで迎えに行くことも可能です」と言われ、これには本当に助けられる思いでした。

(以前住んでいたところでは、「どなたかご家族が連れてきてください」の一点張りだったので・・・)


というわけで、息子の預け先問題は、単に運よく乗り越えることができました。

実家サポートなしで第二子をお考えの方のお役に立つ内容でなく、本当に申し訳ありません。

(第二子が帝王切開でないとしたら、計画分娩を選択して、上の子は数日間、夫かベビーシッターさんに預けただろうなと思いますが、実際にそんなふうにできたのかどうかは、よく分かりません。)

現在のプランでうまくいったかどうか、無事に出産したらまたお伝えできればと思っています。

スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.