JA共済の学資保険の返戻率が高いって本当!?~おすすめ学資保険~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

JA共済の学資保険の返戻率が高いって本当!?~おすすめ学資保険~

JA共済の学資保険「すてっぷ」が返戻率が高いと聞いて、設計書をもらってきました!

第一子のときも、返戻率が当時No1だったソニー生命並みに高いと聞いていたのですが
近場にJAがなくて・・・

第二子出産前の今回は、2才の息子連れで電車に乗って行ってきました。
(そこまでやるほどのことか、という気もします^ ^; )

スポンサードリンク


JAに入ると、保険担当の職員さんに
「学資保険加入を考えています」と説明。

カウンターにはアンパンマンのぬいぐるみがたくさんあって、息子は大喜びでした。

そして、アンパンマングッズが出てくる出てくる・・・。

JA_anpanman_1506.jpg

トランプ、シール、メモ帳、ぬり絵をいただいてしまいました。

JA_anpanman_002_1506.jpg

肝心の学資保険は・・・?


JAの学資保険「すてっぷ」はこんな保険です。

・毎月定額をを18年支払っていきます。(17年、19年プランもあり)
・払い終わると、18歳、19歳、20歳、21歳、22歳(満期)に分割して支払がされます。
・医療共済あり・なしが選べます。
・養育年金特則あり・なしが選べます。

JA_1136.jpg

こちらが出していただいた学資保険の提案書。

gakushi_JA_1506_10032.jpg
(私の名義ですので、30代半ば女性の場合の返戻率です。)

毎月13,683円を19年間支払っていきます。
累計3,119,724円の支払で、返戻金が300万円。
返戻率は96.1%となります。

・・・元本割れするなんて! びっくりしました。

年払い(毎月の保険料を毎年一括で支払う)でも、
累計2,989,251円の支払で、返戻金が300万円。
返戻率は100.4%です。

うーん、これでも低すぎます。
銀行の定期預金にでも積み立てるほうがよっぽどマシなレベル。

(しかも、今考えてみると19年払いって変です。これだと大学入学に間に合いません^ ^;)

そこで、「インターネットなどの広告では、113%と見たんですが・・・?」と話すと
「養育年金特則付でないプランですね~」と別の提案書も。

返戻率は114%くらいになりました。
(この提案書はもらい忘れてきてしまいました。)


JAの学資保険「養育年金特則付」って何でしょう?


養育年金特則ありとなしでは、何が違うのでしょう?

JAの職員さんに聞いてみると・・・

・養育年金特則
→親が死亡したとき、以降の保険料支払が免除になるだけでなく
 養育年金が支払われる。(1000万円超となる場合もあり。)

・養育年金特則
→親が死亡したとき、以降の保険料支払いは免除になるのみ。


つまり、「養育年金特則あり」のものは、
学資保険と普通の生命保険をあわせたようなもの。

生命保険がくっついている分、返戻率が低いんですね。

[2015/6/17]記載が間違っているとご指摘いただき、修正しました。
ありがとうございました。


JA共済のHPを見ると、正確にはこのように説明してありました。
(試算結果のページを表示すると、この説明が見られます。)

yoiku_1506.jpg

養育年金つきだと、親の死亡時に毎年100万円前後の
養育年金が受け取れるのが大きな特徴。

でも、200~300万円×14%の利回りを捨ててまで
養育年金をつけるべきかというと「?」な感じです。
(おそらく、生命保険としては割高だと思います。)

JA学資保険の返戻率を上げる方法はないか?


JAの学資保険、返戻率を上げる方法はないかと考えて
「一括払いではどうなりますか?」と質問してみました。

一括前払いなら返戻率がぐんと上がる保険があるんですよね。

保険一括前払いには

・全期前納
・一時払い


という、二つの方式があります。
(詳しくはこちら→「学資保険は一時払と全期前納のどちらがお得?」)

JAの学資保険は、全期前納のみとのこと。
(こちらのほうが一時払いより合理的です。)

提案書を見ると、返戻率は117.8%%でした。

JA_gakushi_zenkizenno_1506.jpg

私の場合、アフラック「夢みるこどもの学資保険」が高返戻率だったのですが
JA学資保険はそれとほぼ変わらないレベルの返戻率となりました。

(払込年数と受取時期が異なるので、どちらが得かは正確には比較できませんでしたが。)

結論


JAの学資保険の設計書をもらって検討した結論はこちら。

・JAの学資保険「すてっぷ」の返戻率は、かなり高いです。
・養育年金特則ありのプランはあまり得とは思えません。


学資保険は早めの相談・加入が大切!


学資保険にかんしては、「どの保険を選ぶか」ももちろん大切ですが
「出産前に加入を済ませること」が何よりも重要!

出産後、赤ちゃんの世話で寝不足の中、保険を見比べるなんて、とても無理でした。

とにかく学資保険は、早く入ることにメリットがあります。
(詳しくは→「学資保険は一日も早く加入すべき理由」)

妊娠30週ぐらいまでには加入できるよう
安定期に入ったら、保険相談に行かれるのがオススメです!

では、どの保険相談に行けばいいか?については
こちらの記事をどうぞ。

無料保険相談ランキング


JCBギフトカード5000円分プレゼント中!保険のビュッフェ!


コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.