義母の産後の手伝いの断り方~義母に送った手紙を公開~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

義母の産後の手伝いの断り方~義母に送った手紙を公開~

義母(姑)の産後の手伝いを断ったという体験談です。

実家サポートのない妊婦さん・・・というか
妊婦さん全般がそうなのかもしれませんが

「出産前後、義母とどうコミュニケーションするか」って
けっこう大変ではないですか?

私の場合はこんな感じでした。

スポンサードリンク


私は実母がいませんが、義母宅への里帰りを断り
»「里帰りなしで出産します

自宅に手伝いに来てもらうことも断りました。
»「義母に来てもらう?一人でやる?~里帰りなしの出産どっちが楽?~

そのため、義母には「夫婦二人で頑張ります」と説明したのですが
「産後に○○はどうするの?」とか
「○○は手伝ったほうがいいんじゃない?」とか
「陣痛が始まったらすぐ行くわね!」とか次々にメールが届きます。
(義母宅からうちまで、2時間以上かかるんですが・・・。)

ありがたいものの、どれも断りのメールを返信することになるので
義母との関係が不安になり、気が重くなった時期がありました。

義母の年齢(70代)と、健康への不安もありましたので
手伝いを断ること自体に迷いはなかったのですが
「可愛くない嫁だな~」と自分で反省するところもありました。

これなら義母に頼める!を考えた


そこで、考えたのが、義母の顔をつぶさない程度に、何かお願いしようということ。

思いついたのは以下の4つでした。

(1)値段の張るベビー用品を買ってもらう
(2)(夫方親族への)内祝を選んで送ってもらう
(3)退院当日の食事を手配してもらう
(4)私の不在時の夫のシャツの洗濯・アイロンかけをしてもらう


これなら、義母の負担が軽いわりに
私の助かり度がすごく高そうです。

(1)は、夫とともに帰省したときにベビービョルンの抱っこひも
買ってもらい、うまくいきました。
(正確には、その日は買わず代金2万円をもらいました^ ^;)

そして、(2)~(4)は、出産予定日の1ヶ月ほど前に、
手紙にして義母に送りました。

(義母は携帯メールは使えるものの、長文だと読めないらしいですし、
手紙のほうが心がこもっている気がして、手紙にしました。)

tegami_1503.jpg

以下が義母に送った手紙の内容です。
何度かご質問を受けたので、掲載しておきます。
(こんなところで公開していると知ったら、義母はびっくりしますね^ ^;)

義母に出した手紙の内容


お手紙どうもありがとうございます。色々お気遣いいただき、ありがとうございます。おかげさまでいつも病院で順調ですと言われ、ゆったり暮らしております。

さて、ぎりぎりになって申し訳ありませんが、入院時のことと、産後のことを○○さん(注:「○○さん」は夫です)と話して計画を立てましたので、お知らせします。

入院のとき


入院時のタクシーは陣痛時専門のタクシーがあり、登録済みです。
病院で何でも用意してくれていて、持っていく荷物も少ないので、一人で行こうと思っています。(病院でも、最近は一人で入院する妊婦が多いと聞きました。)(※注:「一人で行く妊婦が多い」は作り話です^ ^;)
そのため、陣痛のときすぐにお母様に来ていただくことはないと思いますので、家でゆっくりお待ちください。

無事に生まれましたら、○○さんから連絡してもらいますので、当日か翌日の面会時間(昼○時~夜○時)の間に赤ちゃんの顔を見にお越しください。

XX産婦人科には、出産の日を含め6日入院し、その後、XXにある、新生児と母親用の入院施設に5日ほど入ることにしました。(地図などを同封します。)
食事も洗濯もお任せできるとわかったので、しばらくそちらでゆっくりさせていただこうと思います。

退院のとき


お母様には、産後入院する助産院を退院する日(産後10日目ぐらい)の夕食を送っていただけますと、本当に助かります。
(以前送っていただいたように、デパートの惣菜・パンなどを前日発送し、12:00~14:00着でお願いします。)

また、XX産婦人科からXX助産院に移動する日に、もし○○さんがいなければ、家から荷物などを運ばなければならないので、付き添っていただけると助かります。
その際は事前にご連絡しますので、お越しいただけるようお願いできますでしょうか。

退院後


XX助産院を退院した後は、週3回は区のヘルパーさんにとても安く頼めることがわかりました。食事以外の家事はほとんどやっていただけそうです。
また、健康な内容のお弁当を毎日(日曜以外)配達してくれるお店を見つけましたので、お昼ごはんはそこにお願いしようかと思っております。

そのため、お母様には、以下のようなことをお願いできればと考えております。

・○○さん方の親戚への内祝選び・発送(お礼状については改めてご相談させてください)
・○○さんのシャツの洗濯・アイロンかけ(結婚前と同じように、宅急便で送るかもしれません)
・退院当日の夕食の手配
・退院の日から3日分ぐらいの食事の材料を送っていただく(別紙でご説明します)
・必要な時に冷凍の食材を送っていただく(青菜・レトルト魚など。冷蔵庫が小さいので、産後ご連絡したときにお願いします。)

産後のことはまだまだよく分からず、他にもいろいろとお願いすることになるかもしれませんが、何とか暮らしていけそうです。

何から何まで、いつも気にかけていただき、本当に感謝しております。

ポイントは、以下三つだと思います。

・やってほしいことを具体的に書いたこと
・出産前後の流れを書いたこと
・義母への連絡責任者は夫だと明記したこと

手紙は効果があった!


この手紙、何度も下書きして、夫に推敲までしてもらい、
手書きで出しました。

そして、これは出してよかったなあと今でも思います。
(自画自賛ですみません^ ^;)

というのも、この手紙が届いて以来、
連日の義母からのメールがぴたっと止んだのです。

そして、「大きくなったらどこに連れていきたい」など
ウキウキした内容のメールに変わりました。

義母のほうも、産後、自分への連絡はいつ来るのか
何も手伝わなくてよいのか、イメージできなくて、
不安でメールをしてきていたんですよね。

何度か顔を合わせる機会があったのですが
そこまで配慮してコミュニケーションできなかったのは
私の力不足だったかなあと思いました。

予定日2ヶ月前頃送るのがベター


私の場合は、この手紙を送ったのが予定日1か月前でしたが
もう1か月ぐらい早く思いついていたら
義母にとっても私にとってもよかっただろうなと思います。

毎日、あれこれ心配してくれていたので・・・。

というわけで、出産前後のシナリオを自分で作って
お姑さんに手紙で送ったら、うまくいったという体験談でした。

手紙の効果があったというよりも、こだわりの少ない
義母の性格に助けられたという気もするのですが・・・。

里帰りされない妊婦さんはご参考にどうぞ。

そして、義母も戦力になるので来てもらったほうが良いという場合や
どうしても手伝いが断りづらいという場合には
こちらの記事もあわせてどうぞ。

»「義母に来てもらう?一人でやる?~里帰りなしの出産どっちが楽?~

スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

こんにちは^^

ぽむぽむさん、すごい!
手書きの手紙は効果があるって、昨日テレビでも言ってましたが、内容が伴ってこそ、素晴らしいですよ。それに、お義母様には頼まないって決めている、ご主人も納得してるのがね、結構ここで揺れるんですよね。みんな初めて(孫という意味で)ですし。

また昔の話で恐縮ですが、私は都内に実父母はいたんですが、なんて言うかなぁ、嫌いだったんですね。ずっと家を出たくて仕方のない子でした。結婚にも反対されたけど、孫は嬉しいのでしょう、また干渉が始まる感じで、本当にイヤでした。「生まれたら3ヶ月くらいは預かる」って母に言われたの、思い出しました。^^;
夫の母が徒歩5分くらいの所に住んでて当時65才くらいだったのでどうにかなるかなとか、でも産後は何があるか分からないからとか、色々考えたけど、好きじゃない実家で過ごすのはとりあえずやめようと、父母に何と伝えたかは覚えてないんです。

でね、安産で身体の回復は順調だったんですが、持病のメンタル系がダメで(そもそも予定外の妊娠でした)、以前書いた乳児院に預かってもらったんですよ。なくなってしまった都立の産院に併設されてて・・、だから新生児の苦労を知らなくてスミマセン、って感じなんです。

初めての出産、それでなくても心配なことばかりだけど、みんな生まれてくる赤ちゃんを思っていることは確かですよね。良い妊婦生活を過ごして元気な赤ちゃんを産むのが何より。多少、予想外のことがあっても、どうにかなりますし。長々失礼しました。^^)

2015-04-09 11:13 from もふもふ903

Re: こんにちは^^

もふもふさま

こんにちは。コメントいただきありがとうございます。

おほめいただき恥ずかしいです。
もふもふさんは出産でも育児でも軽々こなしてこられたのかと思っていましたので、そんな大変なことがあったなんてびっくりしました。産後の不調でお辛かったですね。
いまは、乳児院に預けるだけでなく、世田谷の産後ケアセンターはじめ、産後の母子のサポートをしてくれる施設が増えて、恵まれていますよね。(一部の助産院では、1970年代から産褥入院を受け入れていたようですが、インターネット時代でなければ、そんな情報がなかなか手に入らないですし。)

おっしゃるとおり、みんな赤ちゃんのことを思ってくれているのですから、その気持ちは大切にして、でも自分の負担も少ないように、うまく調整できるといいですよね。難しいのですが^ ^;

2015-04-09 15:56 from ぽむぽむ | Edit

参考になります!

初めてコメントさせていただきます。
私は今年9月に出産予定(初産・帝王切開)の妊婦です。
以前からブログを拝見させていただいており、様々なセミナー情報や産褥入院など、大変為になる情報にありがたいと思っていました。
実は最近、義母から「出産後は手伝いに行くからね!」と夫宛に連絡がありどうしたものかと困っていました・・。義母とは共通の趣味もあって仲は良いほうだと思いますが、狭い我が家(1LDK)で泊まり込みで、となると正直気が重かったのです。
今回のお手紙作戦、私も自分なりにアレンジしてもう少ししたらやってみようと思います!本当にいつも貴重な情報をありがとうございます!!

2015-04-09 21:41 from nao | Edit

Re: 参考になります!

naoさま

はじめまして。コメントいただきどうもありがとうございます。
ブログがお役に立っているようでしたら本当にうれしいです。

義理のお母さんとの関係はよさそうで安心ですが、1LDKで常時一緒だとお互いちょっと疲れますよね。

手伝いを断る際のポイントは、「手伝いはいりません」ではなくて「一人でもできるよう準備してありますが、赤ちゃんや自分の入院など、非常事態があるかもしれないので、その時のピンチヒッターとして体力を温存して待っていてください」というニュアンスで伝えることかなと思っています。(実際、そういう状況になったら、ヘルパーさんかお義母さんのサポートは必要になると思うので。)

お手紙でうまくいくといいですね。

9月までどうぞお大事にお過ごしください。

2015-04-10 14:15 from ぽむぽむ | Edit

参考にさせていただきます!!

臨月の妊婦です。
妊娠初期から義母の手伝いに行く意欲が収まらず、夫からも私からも幾度となくお断りしていたんですが
臨月になり産後のお手伝いの下見にくると連絡があり。。。ホルモンバランスのせいもあり嫌々MAXになってしまっていたところに
こちらの記事を妹が見つけて教えてくれました。
本当に目からウロコでした。リスト化するのって大切ですね!!そして手書きの手紙というのも。
私も市の産後ケア事業で3週間ほど病院でお世話になったり、家政婦協会やファミサポを紹介してもらい、なんとか夫婦で乗り越えようと決めていました。

夫にも見せて臨月後半の下見と産後の手伝いを頑張って断ること
頼めることを箇条書きにすること
を早急にしようと思っています>_<

頼ってほしい、役に立ちたいという気持ちはありがたいのですが
一歩間違えればありがた迷惑。。。;_;
産後も良い関係でいたいので、解ってもらえたらありがたいなと。見守ってもらえたらと思っています。

孫のことを喜んでくれてるのは嬉しい、子供のためにも孫を愛してくれるじじばばがいるって大切なことだと思うので
頑張ってみたいと思います!

本当ありがとうございます!!;_;

2016-09-13 08:14 from 夜桜 | Edit

Re: 参考にさせていただきます!!

夜桜さま

はじめまして。コメントをいただきありがとうございます^^
参考になりそうでしたらとても嬉しいです。

パワフルそうなお義母さまですね。下見ですか・・・^^;

産後3週間(+通常の入院5日程度でしょうか?)も入院するなら、もう産後1ヶ月近くなりますよね。
普通の里帰り出産をする人もたいてい1ヶ月で自宅に戻るわけですし、そう考えるとお手伝いの必要性ってかなり低そうです・・・ということをうまく伝えられるといのですが。

頑張ってお手紙書いてください!

「生まれてくる赤ちゃんのために何かやりたい」という気持ちを発散できる程度に何か手伝ってもらい、こちらから「ありがとうございます。おかげで助かりました」と伝えたら、満足していただけるのではと思うんです。

おっしゃるとおり、おじいちゃん、おばあちゃんの存在はお子さんにとって大切だと思うので、気まずくならないやり方が見つかるといいですね。

妹さんも夜桜さんのことを考えて動いてくださっているようですし、心強いですね。

母子ともお元気でご出産を迎えられますよう、また、産後もうまく乗り切れますよう、応援しております^^

2016-09-13 12:50 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.