どこで産む?~産婦人科の選び方・私の場合~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

どこで産む?~産婦人科の選び方・私の場合~

どの産婦人科で産むか、そろそろ決めなければ
いけない時期になりました。

なんてことを、10wで言っているなんて
東京ではすでに出遅れ気味なのだと思います。

7w時点で満員になっている産婦人科もありました。
みなさん、どんな早く決めてるんだ・・・とびっくりします。

実は私、第一子出産時にお産する病院を
途中で変更しました。

そんな苦い経験もあり、産院選びについて
自分なりに考えたことをメモしておこうと思います。

スポンサードリンク


第一子出産で出産病院を途中変更した私


ブログには詳しく書いていませんが、第一子出産時
私は出産する産院を途中で変更しました。

「なんかこの病院イヤだな」と思ったんですね。

28wのときでした。

28wって、もう妊娠後期で、感覚としては
お産も間もなくという時期。

この時期に希望する他の病院で空きがあったことは
とてもラッキーだったと思います。


「どこで産んでもいいや」と思っていた


東京23区内だと、お産できる病院はたくさんあり
分娩数の制限のない病院も多数ありますので
「どこにも受け入れてもらえない」ということはまずありません。

そんな中、設備や口コミから皆さん病院を決められると思うのですが
私、「どこでもいいや」と思っていたんですよね。

「お産の場所に思い入れのある人もいるみたいだけど
私はこだわりがあるわけじゃないし、
セレブ産院に憧れているわけじゃないし、どうでもいい」と。

それで、自宅から徒歩圏内にあって、出産費用がさほど高くない
総合病院に妊婦健診に通い、分娩予約を入れました。


大学病院は何となく避けた


こだわりがなかったとはいえ、私の場合
大学病院はなんとなく避けました。

これは個人の感じ方しだいなので、
大学病院のほうが安心と感じられる方もおられると思いますが・・・

夫が「大学病院はダメだよ!研修医に縫われるよ!」
と言うんですよね。
(失礼な発言で申し訳ありません。。。)

確かに、以前、大学病院の眼科にかかってたいたのですが
主治医の周りに見習い学生がずらっと並んで
ノートをとっていた記憶があります。

妊婦健診は内診もあるので、人がわらわらいるのは
落ち着かないかもしれません。

というわけで、私は大学病院は選択肢からはずしました。


病棟見学に行ってびっくり!


そのまま28wまで分娩予約した病院に妊婦健診に通っていました。

ときどき「あれ?」と思うことはあったけれど
特に不満も疑問もなく過ごしていました。

そんな中、病棟見学を申し込んで、
入院する病棟を見に行くことになりました。

そうしたらびっくり!

病棟のスタッフどうしが仲悪いのが見てとれるんですよ。

私を連れて行ってくれた助産師さんに対して
病棟の看護師さんが「XXXは見せられませんからね!」と
かなりケンカ腰で対応。

あいさつもなくそれですか・・・???とこわくなりました。

(看護師さんと助産師さん、病棟内の仕事分担でどの病院でも
難しそうだなあと分娩時の入院でも思いましたが。)

助産師さんに余裕がない


さらに、病棟の助産師さんと私の二人で見て回る中でも

「新生児室には入れませんから!」とか
(私、入りたいとは言っていません^ ^;)

「妊婦さんは個室、個室ってみんな言うけど、
重症の患者さん優先ですから!」とか
(私、「ここは個室なんですね」って言っただけです^ ^;)

「母乳が出るかなんて産むまで分からないんだから!」とか
(私、何か気に障ること言ったのかと思うぐらい
突き放す感じで言われたのです^ ^;)

この看護師さんだけなのかもしれませんが
余裕のない様子が伝わってきます。

内科外科なども併設している総合病院だから
妊婦は優先順位が低いのかなあと感じました。

病室の配置も予想と違った


さらに決定的だったのは、病室の配置でした。

この病院、基本的に新生児は新生児室に預かることになり
母子同室ではないのです。

そして、授乳時はスタッフがお母さんを呼びにいって
新生児室の端の授乳室で授乳しますということでした。

(出産後、いろいろ調べるうちに、母子同室が最善ということはなく
新生児室に預かってもらえることは、母親を休ませるという効果も
あるのだと思うようになりましたが・・・。
規則授乳らしかったのも違和感がありました。)

「父親は新生児室に入れるのですか?」と聞くと

「お父さんは感染予防のため新生児室には入れません」との返事。

「じゃあ、父親はいつ赤ちゃんを抱っこできるのですか?」と質問すると

「個室がとれたらその場合は個室に連れていけるけど
大部屋ではムリ(外科・内科の患者さんもいて迷惑だから)」と。


でもさっき、個室は重症者が優先で、産婦は普通は入れません
っておっしゃっていましたよね。

ということは、夫が生まれた子を抱っこできるのは
退院した後ということになってしまいます。

生まれてすぐは、夫が新生児室のガラスの外からしか
赤ちゃんを見られないなんて、予想と違っていました。

それじゃあ、生まれたての写真だって撮れないし・・・。
(↑結局こだわりポイントはそこなのか、という^ ^;)

こだわりなんてないと自分で思っていた私にも
なんだかんだ言って、こだわりはあったのでした。

すぐに産院を変更!


この病院での出産はなんかイヤ!
そう思った私は、見学後、周辺の産院に電話をかけまくりました。

選んだポイントは

・産婦人科のみで運営していること
(他科の患者さんと同室はイヤだと思った)

・入院中に夫が赤ちゃんと触れ合えること
(私が赤ちゃんを抱いている写真も、
夫が赤ちゃんを抱いている写真も、両方欲しい)

・少々値段が高くてもいい
(よく分からないけど、高いと良いことがあるのかもしれないと。
出産後にそういうことでもないと実感しましたが。)

それで見つかった産院に予約を入れ
紹介状などの手配をしました。

バタバタして、けっこう大変でした。

病棟見学は早めに!が教訓


以上をまとめるなら、私はもっと早く
病棟見学をすべきだったのだと思います。

第二子は、第一子を出産した産院では産まない予定なので
どこか決めて、早めに病棟見学したいと思います。

第一子出産の費用はこちらもご参考にどうぞ。

»「私の出産費用明細を公開!


スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

こんにちは^^

早めに探して安心して産める所が見つかると良いですね。色々考えていらっしゃるので感心しますよ。

参考になる話は無いのですが、私が出産したのは「都立母子保健院」という産婦人科と小児科だけの病院でした。偶然、歩くと15分くらいの所にあって、みんなそこで産む感じでした。それが、何年か前に廃院になったのです。反対運動もずいぶんあったのですが、都立病院の統廃合みたいな・・。その後、婦人科検診もどこに行けばいいのか分からないままです。

以前の記事で紹介されていた、桜新町の産後ケア施設、いつも行くスーパーの隣なんですよ。こちらで読まなければなんの施設か分からなかったです。どこでも、安心して子どもを産み育てることができると良いのですが。

風邪をひかないように気をつけてお過ごし下さいね。

2015-01-31 16:18 from もふもふ903

Re: こんにちは^^

もふもふさま

こんにちは!コメントいただきありがとうございます。

ご出産された病院がなくなってしまったんですね。さみしいですね。お近くで良い産婦人科が見つかるとよいですね。

桜新町の産後ケアセンターのお近くなんですか。私、前の出産時に「補助があるから世田谷に引っ越して区民になろうかなあ」なんて言っていたのでした。(6泊21万円が90%割引になるのですね。ただ、引っ越し代のほうがよっぽど高いという話になり、断念したのですが^ ^;)
もし引っ越していたら、もふもふさんとご近所になっていたかもしれませんね♪

2015-02-01 14:40 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.