二人目妊娠のつわりはこうやって乗り切った!~実家も夫も頼れないのでこうしました~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

二人目妊娠のつわりはこうやって乗り切った!~実家も夫も頼れないのでこうしました~

10wですが、つわりがたぶん終わったと思います。
最後に吐いたのは9w1dだった気がしますが、現在は不調がありません。

結果としてはこんな感じでした。

tsuwari10w.jpg

5wですごい吐き気が始まったときには焦りましたが
なんとか乗り切ることができました。

うちは実家も義母も頼れず、夫も深夜まで帰ってきません。

1才児を放置するわけにいかないし、どうなることかと思いましたが
世の中には便利なものがいっぱいあって、本当に助けられました。

具体的にどうやったのか、どなたかのご参考になればと書いておきます。

スポンサードリンク


1位 つわり止め注射・飲み薬


こちらの記事に書いた通りで、つわり止め注射を1日おきに3日打ち、
激しいつわりはほぼ治まりました。

»「つわりのときは注射してもらえばいいんだ!

飲み薬(吐き気止め)も効きました。
こちらは今も手元に持っています。

prinperan_141230.jpg

2位 冷凍惣菜


第一子出産前に調べた宅配弁当。

»「産後向け宅配お弁当屋さんランキング

中でも、「わんまいる」という冷凍お弁当は味がよくて気に入り
その後も常時ストックしてありました。
(そして、夫のいない日に手抜き夕食していました^ ^;)

onemile_5shina_140409.jpg

»「わんまいるの冷凍弁当を試してみました!(画像あり)

わんまいるの冷凍惣菜があって、自分の食べるものは
何とかなりました。

子どもには、下にも書きますが、ベビーフードを食べさせました。

夫は・・・好きにしてもらいました^ ^;
同僚と飲みに行ったり、独身時代の馴染みの店に行ったり
楽しそうでよかったです。


3位 一時保育


日中は、保育園の一時保育に息子を預けました。
1日数千円です。

保育園送迎で合計1時間ほどかかるのですが
家にいると、横になっている私の上にダイブしてくるので
預けるほうが私にとってはラクと判断しました。

年末年始ということもあり、保育園が比較的空いていて
(5日ほどですが)予約がとれました。

私の住む地域では、一時保育は、事前に面接して登録しておけば
その後は電話で予約できるようになります。

うちの場合認可・認証含め、4箇所以上に登録してあったのですが、
登録だけはしておいて本当によかったです。

(一時保育という制度があって本当に助かった、と思う一方
こんなに困っているのに、毎日電話をかけて
キャンセル待ちをして・・・というのには疲れ果ててしまいました。
待機児童数のことを思えば、ぜいたく言い過ぎなんでしょうが。)


4位 lohaco(ロハコ)とAmazon


今の時代、通販で買えないものはないですよね。

オムツや日用品はAmazonで買っています。
(つわりがなくてもAmazonに頼りっぱなしです。)

料理できなかった日は、息子にはベビーフードを食べさせましたが
ベビーフードはLOHACOで買いました。



まとめ買い割引で、近隣のドラッグストア並みに安く、助かりました。

つわりがきつかったとき、急に「カルピスなら飲める!」と思い
スーパーまでカルピスを買いにいくかどうか迷ったのですが
LOHACOなら、朝注文して、その日の夜には届きました。

通販のある時代で本当によかったです。

5位 食洗機


第一子妊娠時は、つわり時の皿洗いが辛くて、
夫と深刻なケンカになりました。

(夫は皿洗いを絶対やりたくない人で、
「今洗わなくても僕は気にしない。つわりが治ってから
いつか洗ってくれたらいい」とか言うのです^ ^; 思えば第一子のときも、夫には外食してもらえばよかったです。)

うちでは数か月前に食洗機を導入していたのですが
あのとき思いついて買っておいて本当によかったです。

»「食洗機購入・・・出産前に買えばよかった!

syokusenki_001.jpg

書き出してみると、お金の要る話ばかりで、なんだかなあ、と思うのですが
逆に言えば、お金さえ払えば何とかなるということでもありますね。

便利な世の中でよかったと割り切って感謝しようと思います(^-^;


スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.