つわりのときは注射してもらえばいいんだ! - 妊娠出産をただただ記録するブログ

つわりのときは注射してもらえばいいんだ!

第二子妊娠ではじめて経験してとても驚いたこと、
それは、「つわりの注射がすごく効く」ということ!

初回受診時、「朝食を戻してしまって、その後水も飲めないんです」
(受診したのは午後遅い時間でした)
お医者さんに言うと、即決で注射してくださいました。

スポンサードリンク



注射されたのは、

ブドウ糖注射液(20%20ml)

タチオン注射用200mg


という注射でした。

「肝臓の働きを助ける酵素」と説明を受けました。

注射後、20分ぐらいして急にラクになり
「あれ?全然吐き気がしない」とびっくり。

プリンペランという飲み薬も処方され、
ご飯もちゃんと食べられるようになりました。

prinperan_141230.jpg


前の妊娠のときは、つわりをおさえる薬があるなんて
思いもしなかったのですが
つわりで辛いときは、薬に頼るのもアリですね。

今回、たった1日でしたが、一人目の妊娠では
体験したことのないようなきついつわりでしたし

1歳児を放置するわけにはいかないので
お薬があって本当に助かりました。

今は、じわっと気持ち悪さはあるものの、
だいたい普通に生活ができる感じです。

年末年始の病院の休業が、今年はえらく長いので不安ですが…
何とか乗り切れるといいなと思います。

現在つわりの妊婦のみなさん、一緒に頑張りましょう。
そして、みなさまどうぞよいお年を。

スポンサードリンク


コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.