食洗機購入・・・出産前に買えばよかった! - 妊娠出産をただただ記録するブログ

食洗機購入・・・出産前に買えばよかった!

産後1年6ヶ月となる今年の8月、食洗機を購入しました!

syokusenki_001.jpg

購入してから4ヶ月になりますが、本当にラクです。
思い切って買ってしまってよかったです!

スポンサードリンク



食洗機購入のきっかけ


食洗機購入のきっかけは、私が爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)
という皮膚病(?)になったこと。

爪が浮き上がって、白い部分が広がってしまうというだけの
痛くもないし害もなさそうな病気なのですが、
原因も治療法も不明と皮膚科で言われ・・・。

爪の間にモノがはさまると、とれなくなって憂鬱なので
食洗機を購入することにしました。

(ゴム手袋をはめたらすむ話なのですが
モノグサで、ついつい素手で洗ってしまうので・・・)


出産前に買えばよかった


食洗機といえば、里帰りなしでの出産に備え
出産前に購入を検討したことがありました。

でも、ちょっと高いし、紙皿・紙コップのほうが
ラクだと思い、購入は見送りました。

そして産後1年を過ぎ、買って使ってみた結果、
やっぱり出産前に買えばよかったと後悔しています。

食洗機導入を1~2年内に購入するかも・・・という
妊婦さんは、予算に問題がなければ、
絶対に出産前に買われるのがおすすめです!

産後1か月~6か月の赤ちゃんに手のかかる時期に
これがあるとないとでは大違いだったはず。

私みたいに産後しばらくして買うぐらいなら
妊娠中に買ってしまうのがよいと思います。

(でも、うちは食洗機の前に冷蔵庫買い換えもあったので
やっぱり無理だったかな・・・。冷蔵庫で苦労した話はこちら。
»「冷蔵庫は秋が底値!買い換えました」)

私が購入した食洗機


私が購入したのは、パナソニックのNP-TR7という食洗機。
電器店でイチオシという感じで並んでいる機種でした。




今は、ビルトインではない食洗機は
パナソニックのものしかないのだそうです。

そして、「容量の小さいものを買うと、
絶対に容量の大きいものが欲しくなる」と言われました。

(使ってみると、家族3人なら、確かにこの大きさで正解だったと思います。)


食洗機購入でかかった費用


食洗機購入にかかった費用はこちらです。

食洗機 60,679円(設置費用・長期保証込)
分岐水栓 11,370円
設置用ステンレス板 3,840円
設置用ステンレス脚 3,974円
------------------------------------------
(合計)79,863円

毎年2~3月が新機種発売時期ですので、冬が底値だと思います。

kakakucom_nptr7.jpg

元家電屋バイトだった私としては、底値の時期を選ぶか
型落ち品を探して買いたかったところなのですが
今回はゆっくり選ぶ余裕がなく、今年の新機種を買ってしまいました。

ただ、設置工事に1万円ぐらいかかる電器店もあるので
工事込でこの金額ならまずまずだったかなあと思います。

分岐水栓は、どのお宅でも必要になりますので
「本体価格+分岐水栓1万円」が食洗機購入の目安になると思います。

(設置用ステンレス板・脚は、設置しづらい形のシンクに
設置するときにのみ必要です。)

syokusenki_002_1410.jpg
(設置前のわが家のシンク。ずいぶん狭くなりましたが、あまり不便はありません。)

syokusenki_001.jpg


食器洗い機を買ってよかったこと


食洗機を買ってよかったなあと思うのはこんなことです。

・片付け時間短縮

食事のあと、以前は片付け時間が平均40分でしたが
今は15分ぐらいになりました。

・食後すぐ次の仕事ができる

朝食後すぐ外出とか、夕食後すぐ風呂とか、
テンポよく一日を過ごせるようになりました。

・子どもを待たせることがない

夕食後、皿洗いをしていると、退屈した息子が
足にしがみついて泣いていることがちょくちょくありましたが
それがなくなって気持ちが楽になりました。

・予想外に高性能

米粒や油汚れなど、想像以上にきちんと落ちます。
水道代も上がっていません。

shokusenki_003.jpg


食器洗い機で不満に思うこと


食洗機にかんして不満に思うのはこういった点です。

・裏返した器の底にはどうしても水が残ってしまいます。

・容量が意外に小さく、鍋は手洗いになってしまいます。

・洗剤がちょっと高い気がします。

不満とわざわざ言うほどのことはないかもしれません。


価値観の変化


出産前は食洗機なんて贅沢だと思っていましたが
今は、なぜもっと早く買わなかったかと不思議です。

ただ、出産を通じ、お金に関する価値観が大きく変わったかから
こういうふうに思うのかなあという気もします。

以前は、手をかけるのはタダだし、節約できるなら
私がどこまでも家事に手をかけたらいいよ、と思っていましたが

子どもが生まれて以降は、それをやっていると
子どもと向き合う時間がどんどん減ってしまうので
まあ食洗機は買う価値があるんじゃないか、と思うようになりました。

出産前に戻れるなら、自分にそうアドバイスしてやりたい気がします。

スポンサードリンク



コメント
非公開コメント

No title

食洗機、うちも最近活用し始めました^^便利ですよね。
うちのは備え付けなんですが、古い型落ちタイプの外国製のもので汚れ落ちが悪く、
軽く手洗いする→食洗機で洗うの二度手間にも関わらず、洗剤や食品の汚れが残ってて、あまり手間も省けないし、産後はほとんど使っていませんでした。
が、ジェルタイプのものを試しに使ってみたら、全然溶け残りしないので、大活躍しています^^

国産の性能の高い機種なら、粉末が残ったりすることもないと思うので、酸素系漂白剤を洗剤代わりに使うと安上がりですよ^^
こういうやつ↓です。
http://item.rakuten.co.jp/ares-hc/700019/
洗濯漕の掃除にも使えるので、無駄にはならないかと^^

理想の産褥入院、私も考え中です。
「特定の健康法に傾倒していない」は大賛成です!
マクロビとか苦手だし、スムーズにお産が進むなら私も何でもやって欲しい派です(苦笑)

2014-12-10 23:02 from こゆりす

Re: No title

こんにちは♪
食洗機があるのに使えなかったんですか・・・。大変でしたね。
酸素系漂白剤は持っているので、次回試してみます!お得な情報をありがとうございます!
(そういえば、洗濯槽の掃除もしなくては・・・。現在大掃除中です。)

産褥入院の件、ご意見ありがとうございます。こゆりすさんのお住まいの地域は、高すぎたんですよね。
本当に、利用者としては、普通のものが欲しいんですよねえ。家庭料理が出て、一日横になって暮らせるだけで満足なのですが・・・。
この記事は、けっこうドキドキしながら公開した記事でしたので、コメントをいただけてありがたいです。

2014-12-11 14:50 from ぽむぽむ | Edit

お二人のコメントを拝見して

うちは、ビルトイン型のリンナイのものです。5年前くらいですが、ビルトイン型は国産でもあまり使い勝手がよくないと聞きました。洗浄力や容量において。外国産の方が容量は大きいと聞いたことはありましたが。
うちのも、洗剤の粉がときどき残ります。残らない時もあり、その原因がわかりません。昨日は大丈夫なのに、今日はムリといった感じで…。
食洗機は、食器を選びますよね。和食器や木製のものは手洗い…。
グラスなんかが曇ってくることもあります。ガラスーガラスと隣り合っていると傷がつくらしいのです。
あと、残菜フィルターを毎回きちんとキレイにしておかないと、ベタベタが取れなくなります(経験者)。こないだ、自己責任で煮沸して少し軽減しましたσ(^_^;)
私は、汚れが落ちるかどうか、賭けのような感じで…、とりあえず家事を終わらせるために、食洗機を使っていますね。

2014-12-13 18:01 from ゆぼぼ

Re: お二人のコメントを拝見して

ゆぼぼさま

こんにちは!コメントどうもありがとうございます。

ゆぼぼさんも、食洗機がイマイチだった派なんですか・・・。
たしかに、良い食器や木製の食器はダメですもんねえ。(とはいえ、木製の汁椀は私、食洗機に突っ込んでます^^;乾燥はすごくNGっぽいですが、洗うだけならまあいいかと思い・・・。)
うちの食器は、結婚式の引き出物とか義母のお下がりとかが多く、まあ消耗品だし、割れてもやむを得ないよね、みたいな気持ちなので、食洗機を抵抗なく利用できているのかもしれません。
(物を大切にする暮らしだと、確かに食洗機はちょっと乱暴(?)すぎる気がしますね。)

ガラスの傷のことも、利用前は気になりましたが、使ってみると意外にガタガタせずソフトな洗い方をしているし、もうこの機械のことは信頼して任せていいや、と思っています。

というわけで、私は食洗機最高!と思っていたのですが、そうでもないというご意見もけっこうあるということは、これから購入される方は、じっくりリサーチされたほうがいいかもしれないですね。お高い買い物なので・・・。

あ、残菜フィルターの件は参考になりました!ありがとうございます。まだ使い始めなので手抜きしがちですが、ちゃんとメンテナンスを心掛けたいと思います。

2014-12-13 22:08 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.