学資保険加入のコツを公開!生命保険料控除で得する方法 - 妊娠出産をただただ記録するブログ

学資保険加入のコツを公開!生命保険料控除で得する方法

学資保険加入は年内に!という記事をいくつか書いています。

»「学資保険加入は年末までにすべき理由(1)・(2)
»「学資保険加入は年末までにすべき理由(3)

そんな中、生命保険料控除を目的に加入されるなら
支払方法に注意が必要だと気づきました。

生命保険料控除を予定されている方はどうぞお読みください。
(もし加入済みの方がおられたら申し訳ありません。)

スポンサードリンク


生命保険料控除って何?


生命保険料控除は、保険をかけた人の税金が安くなる仕組み。

払った保険料のうち、一定の金額を
所得から差し引いて、税金を再計算してくれます。

保険は生活の安定に役立つので、「税金を安くしてあげるから
どんどん入りなさい」と国が優遇してくれているのです。

手続の方法は、以下のどちらかでOK。

(1)職場で年末調整の用紙を提出
(2)翌年3月中旬までの確定申告

そうすると、税金が数千円~2万円程度返ってきます。

nenmatsuchosei_450.png
(年末調整の用紙。10~11月に職場で配布されます。)


生命保険料控除で返ってくる税金額はいくら?


保険料控除で安くなる税金額の計算は複雑なのですが
加入するのが学資保険のみの場合
数千円~1万円強だと思います。
(年収が多いほど大きくなります。)

生命保険料控除額の計算方法


生命保険料控除では、所得から差し引いてもらえる
「控除額」がポイントになるのですが
払った保険料の全てが控除できるわけではありません。

以下の表のとおりで、最大4万円です。

hokenryo_kojo_001.jpg
国税庁HP「生命保険料控除」より)

年末に学資保険に加入すると?


ところが、年末に学資保険に加入すると、
2~3ヶ月分しか支払がないので、
年間の支払保険料は2万~6万のはず。
(たいてい1万~2万/月のプランだと思いますので。)

これでは、生命保険料控除の上限(8万円)に達しないので
制度をフル活用できないですね。

控除の裏ワザ!年払いで


そこで裏ワザなのですが、年払にしてしまえばいいんです。


年払いなら、今年11~12月に学資保険に加入するとしても
保険料を一度に1年分を支払ってしまえるのです。

こうすると、1~2万×12ヶ月=12万~24万円となり
生命保険料控除額が満額(4万円)となります。

おまけに、少し返戻率も上がるのでお得です。
(詳しくは→「保険を年払いに変更で3万円お得に!」)

tucho_141031.jpg
来年からも毎年年払いになってしまうのですが
届出すれば、途中から月払いに変更することも可能です。

(ソニー生命などに問い合わせるとそのような回答でした。)

毎年決まった時期に、まとまった金額を
銀行口座に入れておかなければいけないのですが
学資保険の年払いはメリットが大きいと私は思っています。

よろしければ加入のさいに、参考になさってくださいね。


保険の無料相談についてはこちらの記事にまとめました。
よろしければどうぞ。

↓   ↓   ↓   ↓
無料保険相談ランキング




コメント
非公開コメント

Re: No title

カギコメどうもありがとうございます♪

2014-10-31 23:39 from ぽむぽむ | Edit

ありがとうございました

学資保険を調べていてこのサイトにたどりつきました。
1か月くらいかかりましたが学資保険をようやく申し込めそうです。うちもソニー生命が一番良かったです。

すごくためになるアドバイスがたくさんあって管理人さんのアドバイスなしでは決められなかったと思います。
本当にありがとうございました。お礼だけお伝えしたくて書き込ませていただきました。

2014-11-17 00:40 from michiru | Edit

Re: ありがとうございました

michiruさま

こんにちは。コメントをいただきありがとうございます。
お役に立ったようでしたら嬉しいです(^-^)

今はやはりソニー生命が一番なんですか。
これからも、お役に立つ記事を書いていけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

2014-11-17 13:53 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.