韓国産後院体験ツアー~韓方医院で漢方薬事情に「?」~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

韓国産後院体験ツアー~韓方医院で漢方薬事情に「?」~

韓国の産後院見学ツアーのレポートです。
韓方(漢方)の説明会のお話の続きです。


スポンサードリンク



韓方医院の方が出してこられた中に、
「日本の漢方医学との比較」というスライドもありました。


korea_medical_005_140725.jpg

スライド内の誤訳(?)はさておき、ここはちょっと引っかかりました。

疑問点については後述しますが、
まずはスタッフの方のお話から。

メディカルパレスのスタッフの方は、
以下のようなことをおっしゃっていました。

  • 日本と異なる点その1:鍼灸も漢方医が施術するので総合的な治療ができること(日本では鍼灸は鍼灸師資格が必要)


  • 日本と異なる点その2:その場で漢方薬を調合するので体質に合わせた投薬ができること(日本ではツムラなどの既製品の漢方薬しか処方できない)



  • 韓国の漢方医事情


    韓国では、漢方医の診察・投薬にも健康保険が適用されるそう。

    イッツコリアのガイドさんも、液状の漢方薬を
    毎日飲んでいるということでした。

    漢方薬の利用が日本よりも生活に根付いている様子です。

    (ただし、日本人が日本の健康保険を持って行っても
    保険適用されませんので注意が必要です。)

    ちなみに、韓国の漢方医は国家免許で
    医師と同じ6年の過程でとれる専門資格だとのこと。

    西洋医学よりも診察時の保険点数が高いらしく
    開業すると、一般の医師より稼げる資格だというのが
    メディカルパレスのスタッフの方の説明でした。

    ちょっと調査不足かも?


    メディカルパレスの説明スライドでは
    「日本では既製品の漢方薬しか処方できない」

    とのことでしたが、失礼ながら
    この点は日本の事情をよく調査されていない気がしました。

    日本でも、漢方薬局に行けば、個々人の体質にあわせ、
    生薬を調剤してもらえます。

    だいたいは薬剤師さんがいて、時間をかけて脈診・舌診をして
    その場で体質に合った漢方薬を調合してくださいます。

    薬膳ブームもあって、デパートにもおしゃれな漢方薬局が出店し
    10年位前から結構流行っていると認識していました。

    »行ってみよう! 身近になった漢方薬局|All About
    http://allabout.co.jp/gm/gc/301042/


    日本の漢方薬事情


    漢方薬について私が調べた限りでは
    日本では、漢方薬は二種類あります。

    ツムラなどの製薬会社が出している既製品の粉薬と
    漢方薬局で都度調合する煎じ薬です。

    日本の既製品の漢方薬


    お医者さんにかかって処方してもらえるものは
    前者の既製品の粉薬だけですね。

    代表的なものは、葛根湯、麻黄湯など。
    医師に処方してもらう場合は健康保険適用になります。

    また、一部の漢方薬は、市販薬として、
    ドラッグストアで購入することもできますね。

    kakkonto_140730.jpg
    (葛根湯、うちにもありました。)

    日本の漢方薬局の漢方薬


    一方で、漢方薬局では、生薬(木の根や実など)を保管していて
    来店すると2時間ぐらいかけて脈診・舌診をし、
    その場でその人に合うものを調合してくれます。

    kusurinihondo_140730.jpg
    (薬日本堂のパンフレット。ここに掲載されている乾物っぽいものをすりつぶして薬にします。)


    たぶん、何千種類も調合法があるのでしょう。
    その人に合わせた処方量の調整もするようです。

    勤務している多くは薬剤師さんのようですが、
    医薬品の登録販売者であれば販売できるようです。

    お茶のパックのような煎じ薬を渡され
    自宅で30分煎じて服用します。

    これらは健康保険適用外ですので、けっこう高くつきます。

    (新宿の漢方薬局・薬日本堂で聞いたところ、
    漢方薬利用の場合の支払は月1万円~3万円。
    健康食品も加えると最高8万円が目安とのことでした。)


    日本よる安いのであればメリットも


    日本でもその人の体質に合わせた漢方薬は入手できますが
    保険がきかず、高額になるという問題はあります。

    もしそれより安くつくのであれば、
    韓国の漢方医院を利用するメリットはあるかもしれませんね。

    韓国で漢方薬を処方してもらう場合の支払金額は
    質問できなかったのでよく分からず、すみません。

    (ツアー参加者の方で、以前韓国に来て
    漢方の丸薬を処方してもらい、月1万円と聞こえた気がしたので
    保険外であっても韓国のほうが安いのかもしれません。)


    [2014/8/2追記]
    イッツコリアさんにメールで確認したところ、
    「20日~1か月分で3万円~6万円くらい」とのこと。
    日本と比較して安くありませんでした。

    韓国では漢方医が鍼灸治療も


    メディカルパレスの方の説明では、韓方医院では、
    「漢方医(中医師)」の資格のある医師が勤務しており

    漢方薬処方だけではなく、鍼灸治療もできるという
    メリットを挙げておられました。

    日本では鍼灸は鍼灸師資格が必要です。

    日本で漢方専門医を探しても、鍼灸資格まで取って
    総合的な漢方治療をするとアピールしているところは
    なかなか見つかりませんでした。

    そのため、韓国に行けば、総合的な漢方治療を
    受けられるというメリットはあるかもしれません。

    次の記事では韓方体験をレポートします。


    まとめて読まれる方はこちらからどうぞ。
    韓国産後院ツアーの全記事



    スポンサードリンク


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック
    当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
    Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.