産褥入院当日の体験談~助産院への移動はタクシーがオススメ!~ - 妊娠出産をただただ記録するブログ

産褥入院当日の体験談~助産院への移動はタクシーがオススメ!~

産褥入院の反省点2」で産褥入院の入院準備をしておらず、
産後の体力不足もあってフラフラになった話の続きです。

スポンサードリンク




授乳終了・タクシーで助産院へ


授乳が終わり、荷造りも完了したところで
タクシーで助産院に向かいました。

荷物は、中型キャリーケースと、大きな手提げ
(100円ショップで売っている不織布のやつです)と
トートバッグの計3個。

私がおくるみでくるんだ息子を抱っこし、
夫が荷物三つを運んでくれました。

タクシーの中では、息子は最初寝ていましたが
途中で起きてふにゃふにゃ言いはじめ、慌てました。

(今思えば、タクシーなんだから誰に迷惑ということもなく
慌てる必要はなかったんですが・・・。)


移動がタクシーが良いです!


産褥入院される方は、自家用車がないと、入院時は
タクシーにするか、電車にするか迷われると思いますが
絶対タクシーが良いと思います。

生後数日で、まだ赤ちゃんに慣れていない状態で
電車に乗るのは大変です。

そもそも、両手があかないので、改札に切符を
通せる気がしません。

体験されたら、移動のタクシーに1万~2万かかったとしても
全然惜しくないと感じられるんじゃないかと私は思います。


助産院に到着


助産院に到着したときには15時を過ぎていたと思います。

clock3_1406.jpg

助産師さんが出てきて、個室に通され、
問診票のようなものを渡されました。

6畳ほどの和室で、布団とベビーベッドとちゃぶ台が。
ほっと落ち着きました。

そして、昼食も出てきました!

空腹すぎてふらふらだったので、すごくうれしかったです。

(ただ、1食しか頼んでいなかったので夫の昼食がなく・・・。
気を利かせて夫の分も頼んでおけばよかったです。)

私は助産院のお昼ご飯を、夫は私のおやつの
クラッカーを食べました。
(なんだか文字にすると私、最悪ですね・・・^ ^;)


助産師さんの診察


ご飯を食べ、問診票も記入し、部屋に息子と夫を残して
助産師さんの診察を受けました。

助産師さんがお二人おられる中で、サブのほうの助産師さんでした。

妊婦健診室みたいなところで、ベッドに横になり
血圧や子宮の戻り、おっぱいの状態を見てもらったと思います。


私はおっぱいの張りが強く、カチカチで
痛みがひどいことを伝えました。

「マッサージしたほうがいいかもしれないですね~」
とのことで、院長先生に伝えておきますね、と言われました。
(助産師さん同士って「先生」って呼び合うんですね。びっくりしました。)


個室に戻ると、息子と一緒に夫も眠ってしまっていました。

陣痛にも出産にも付き合ってくれた夫は、出産の興奮もあり
この9日間、よく眠れていないようでした。

契約社員なので、年度末は、契約更新されるかどうか
ものすごいストレスも感じていたと思います。

疲れているのは私だけじゃないなあ、と思いました。

次の記事に続きます。
⇒「助産院は洗濯が頼めて助かった!でも・・・


スポンサードリンク



コメント
非公開コメント

先生

産褥入院の記事なのに、そこにひっかかるかーと(^◇^;)⬇︎すみません。

先生…。
そうですよね。
病院などで働いている助産師さんは『⚫︎⚫︎さん』でよくて。助産院で、お産をされたママやプレママからは、『⚫︎⚫︎先生』と呼ばれるんですよね。開院しているから?自分より上の人はいませんもんね?
医者はどんな下っ端でも『⚫︎⚫︎先生』と呼ばれ慣れているから、『⚫︎⚫︎さん』と呼ぶと「??」と反応されるでしょうね。
でも。うっかり弁護士には途中まで『⚫︎⚫︎さん』と呼んでいました(^◇^;)印象悪かったかな。
自分より年下でマナーなどがなっていないと、『先生』に違和感もありますけどね。

2014-07-04 03:39 from ゆぼぼ | Edit

Re: 先生

ゆぼぼさま

こんにちは!遅くにお疲れさまです。ちゃんと眠れていますか~?

助産師さんを先生と呼ぶのは私、知らなかったのでカルチャーショックでした。
さすがゆぼぼさんはよくご存知ですね。

確かに、弁護士さんも、お医者さんも「先生」ですよね。
私も、税理士さんを「さん」付けで呼んでしまったことあります~。あとから、「ああ、先生って呼ばなきゃいけなかったな。どうしよう。失礼だと思われたよな」とドキドキしました。
考えたら分かるのですが、慣れていないとついうっかりしてしまいますよね。

コメントいただいて、産褥入院を考える方にとって、「助産師さんを『先生』と呼ぶ」というのは、意外と大切なことかもな、と気付きました。ありがとうございます。
普通、知らないですものね。
もちろん、さん付けで呼ばれて怒るような助産師さんはおられないでしょうが、利用者としては「事前に知っていたら気を付けたのになあ」と気になるところだと思います。
改めて記事にさせていただこうと思いました。ありがとうございます。

2014-07-04 10:57 from ぽむぽむ | Edit

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.