妊娠出産をただただ記録するブログ

お越しいただき、ありがとうございます。
里帰りせず、実家サポートもなしで出産することになった管理人が、
里帰り出産しない妊婦さんに役立てばと作ったブログです。

里帰りしない妊婦さんは、まずこちらからどうぞ


 ≫ 妊娠中にやっておいてよかったこと(里帰りなしでの出産編)
 ≫ 産後向け宅配お弁当ランキング

全ての妊婦さんにおすすめ


 ≫ 出産前にやっておけばよかったこと100
 ≫ 学資保険を決めるまで
 ≫ 出産準備品の買い物リスト

高級中華に子連れはアリ?~子連れ台湾旅行記1日目~

0歳児+2歳児連れの台湾旅行3泊4日の旅行記です。
初日の台北動物園の記事から続きます。

スポンサードリンク


18:00 チェックイン


子どもたちは動物園からの地下鉄で寝てしまい、そのままホテルにチェックイン。

今回も台北ホテルオークラのハリウッドツインの部屋を選びました。

「ハリウッドツイン」って何だろう?と予約時は思ったのですが・・・

こういうのがハリウッドツインです。

ハリウッドツイン

普通のツインは2台のベッドが離れていますが、ハリウッドツインだとこんなふうにくっついているんです。

子ども2人を真ん中に寝かせると、夜中に落ちる心配がないので安心。
子連れ旅行にはおすすめです。

一応、ベビーベッドもリクエストしました。

babybed_hotel_1601.jpg

下の子が5ヶ月で、寝返りを始める頃だったので、ベビーベッドは役立ちました。

やることないからとPCを開いて仕事を始める夫・・・^ ^;

私もやることないので、コーヒーを入れて時間をつぶしました。

ネスプレッソがあって、とても楽しみにしていたんです♪

nespresso.jpg

下の引き出しにカプセルが4つ。

nespresso2.jpg

うち一つはデカフェ(カフェインレス)でした。
嬉しかったです^ ^

お水は、無料でペットボトルが毎日4本置いてあります。

初日のみ、お菓子がおいてありました。

cookie_okura_taipei.jpg

ホテル内で販売しているチョコチップクッキーでした。

もちろん美味しかったのですが・・・

前回滞在時は、ここに自家製のパイナップルケーキが置いてあり、期待していたのでちょっと残念でした。

18:30 Cちゃん昼寝終了


Cちゃんが目を覚ましましたので、授乳しました。

しかし、Kくんが起きません。

夕食は、前回滞在時に行った天厨菜館など、近場に食べに行こうと思っていたのですが・・・

私たちも疲労困憊という感じで、外に出るのは無理な気がしてきました。

思い切ってこの日はホテルで食べることに。

オークラプレステージタイペイのレストランは、和食と中華だったのですが・・・。

和食(山里)

taipei_restaurant_1601_02.jpg

中華(桃花林)

taipei_restaurant_1601.jpg

(画像は楽天トラベルからお借りしました。)

どっちも子連れはちょっと無理じゃないかな?という雰囲気です。

しかし、夫が「ホテルはすべて子連れOKと決まってる」と断言するので、それを信じて、ホテル内で食べることに。

台湾に来て和食というのも妙なので、中華に行くことにしました。

19:10 Kくん昼寝終了


Kくんを起こして下の階のレストランに連れていきました。

(カメラを持っていくのは場違いな感じのレストランだったので、写真まったく撮れていません^ ^;)

子連れで大丈夫かと心配していたのですが、行ってみると、子連れのお客さん(台北在住の台湾人)が多く、全然気になりませんでした。

週末ということもあり、大家族が集まって個室でお祝いをされているお客さんが何組もおられたようです。

子どもたちが個室からちょこちょこ出てきては、スタッフさんに相手してもらっています。

思ったよりはゆるい雰囲気で、ほっとしました。

私たちはコース料理を、Kくんには焼きそばを頼みました。
(ここは日本語は通じませんでした。)

麺類については、

「これは子どもが食べるので最初に出してほしい」

とあやしめの英語でお願いすると一番に持ってきてもらえました。

取り分け用の子供用食器も。

Kくんは麺類大好きなので、とてもおとなしく食べていました。

コースの中華料理は絶品!

ナマコの煮込みとか、フカヒレとか、食べたことのない高級食材が次々と。

盛り付けも繊細で、素敵でした。

私の一生で一番高級な中華だと思います。

というわけなので、お支払は6,136TWD(21,962円)に!

こんな豪華な旅にする予定ではなかったんですが・・・。

日本ではめったに外食しませんし、まあいいかなと思っています^ ^;

翌日はどこへ行く?


食事前後に、翌日(2日目)はどこに行くか相談しました。

今回は3泊4日で、3日目に台湾総督府の見学を予約しています。
(事前にインターネット予約の必要があります。)

[参考] 台湾総督府見学予約(英語)

前回の旅行で台北市内の名所はいくつか回ったので、今回は郊外の街に行きたいなあと思っていました。

候補に挙げたのは九份猫空、北投、淡水の五つ。

夫と色々相談したのですが・・・

九份


john_taiwan_1601.jpg

映画「非情城市」の舞台。
「千と千尋の神隠し」のような建物があって人気の観光地。

→九份は以前私は行ったことがあるのですが、おみやげもの屋さんばかりでとてもビミョウな気持ちになる街でした。

また、坂道(階段)が多く、ベビーカーが使えません。

夫は行きたかったようですが、あきらめてもらうことにしました。

金瓜石


九份の近くにある金鉱山跡地。日本統治時代の建物なども保存されている。

→私は以前行ったことがあり、歴史好きの夫も気に入ると思いました。

ただ、金瓜石は九份のついでに行くような位置にあり、わざわざ金瓜石だけ行く人はいない気がします。
今回は見送ることにしました。

猫空


makong.jpg

動物園の近く。茶畑とロープウェーがあり、景色が良い。

→私も行ったことがない観光地。

夫が中国茶を体験したことがないので、行ってみたいなと思いましたが・・・。

今日行った台北動物園にあまりにも近いため、見送ることにしました。

陽明山


手軽に登れる台北北部の山。自然観察スポットにもなっています。

→東京で言うと高尾山、関西で言うと六甲山のような感じだと思います。

私は以前行ったことがあり、地元の人に混じって温泉に入ったりして、とても良い思い出になりました。

ただ、ややアクセスが悪く(バス乗車が必要)、子ども二人と行くのは見送ることにしました。

北投


台北市の北にある温泉地。戦前からの行楽地。

→私は以前行ったことがあり、のんびりしたとても良いところでした。

足湯や温泉卵などが記憶に残っています。

MRT(地下鉄)で行けるので魅力的です。

遊歩道のようになっていた記憶があり、子連れで歩くのも安心かなと思いました。

淡水


tamsui_1691.jpg

台北市の北にある港町。紅毛城(ヨーロッパ建築の要塞)もある。

→私が行ったことがなく、夫が「紅毛城を見たい」というのでここに決定。

MRTで行けるのも良いと思いました。

淡水に決定!


いろいろ挙げてみたものの、台北近郊は私が行ったことのある場所ばかりでした。

(私は結婚前に台湾に2度行ったことがあり、合計8泊もしているので、見ていない観光地は少ないんです・・・。)

持って行ったガイドブック(「地球の歩き方 台湾」を図書館で借りました)で淡水の様子を確認し、翌日に備えました。

スポンサードリンク


ネットスーパー・食材宅配・生協の配送料比較~里帰りしない出産~

ネットスーパー、食材宅配、生協の手数料と配送地域をまとめました。
管理人のおすすめをランキングにしています。

スポンサードリンク


ネットスーパー・生協・食材宅配(単発での利用が可能)


1位 イトーヨーカドーネットスーパー(アイワイネット)


イトーヨーカドーの運営するネットスーパー。当日配達あり。

配送料:店舗により異なる。母子手帳提示で配達料金100円(登録日から4年)

利用可能地域:全国のイトーヨカドーのある地域(→配達地域を確認

2位 SEIYUネットスーパー


西友の運営するネットスーパー。当日配達あり。

配送料:300円(税抜6000円以上無料)

利用可能地域:全国の西友のある地域(→配達地域を確認

こちらからご登録いただくと、すぐ使えるお友達紹介クーポン(500円)がもらえます。
西友ネットスーパーの500円クーポン配布ページへ

3位 パルシステム指定便


希望の日に配送してもらえる。事前にパルシステム生協加入が必要。

配送料:6ヶ月間無料
(その後は196円となるが、子の就学前まで3000円以上購入で0円)

>>パルシステムのキッズ特典

配送地域:東京都内(奥多摩町、檜原村を除く。→配送地域を確認

4位 楽天ネットスーパー 楽天マート


配送料:600円(5000円以上配送料無料)

利用可能地域:全国

イオンネットスーパー


イオンの運営するネットスーパー。当日配達あり。

配送料:300円(5000円以上無料)

利用可能地域:全国のイオンのある地域(→配達地域を確認

ダイエーネットスーパー


ダイエーの運営するネットスーパー

配送料:324円(3000円以上で無料)

利用可能地域:埼玉・東京・千葉・神奈川・大阪・兵庫・奈良の一部(→配送地域を確認

マルエツネットスーパー


マルエツの運営するネットスーパー

配送料:216円(1800円以上で配送料無料)

利用可能地域:埼玉、千葉、東京、神奈川の一部(→配送地域を確認

イズミヤ楽楽マーケット


イズミヤの運営するネットスーパー。

配送料:216円(3000円以上で配送料無料)

利用可能地域:大阪、京都、兵庫の一部(→配送地域を確認

アピタネットスーパー


アピタの運営するネットスーパー。

配送料:324円(3000円以上で無料)

利用可能地域:愛知、岐阜、三重、奈良、静岡、石川、神奈川、埼玉、群馬、栃木の一部
(→配送地域を確認

東急ストアネットスーパー 東急ベル


配送料:324円(5000円以上または3900円以上で無料)

利用可能地域:東京・神奈川の一部(→配送エリアを確認

ネットスーパー紀ノ国屋



配送料:-

配送地域:世田谷区、目黒区、大田区、品川区の一部(→配送地域を確認

高島屋「ローズキッチン」


高島屋デパートの運営する食材宅配。

配送料:540円(5000円以上で無料)

利用可能地域:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨(→配送地域を確認

MIデリ


三越伊勢丹デパート運営する食品宅配
刺身・肉の品揃えが豊富。ヤマト便で配送。

配送料:400円~1300円(9000円以上で無料)

配送地域:宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨、静岡、長野、岐阜、新潟、富山、石川、福井、三重、滋賀、京都、奈良、和歌山、大阪、兵庫(→配送地域を確認

サミットネットスーパー(休止)


2014年11月サービス終了。

ネットスーパー・生協・食材宅配(毎週決まった日の利用が前提)


1位 生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」


生協最大手。

配送料:無料(東京で小学校に上がるまでの子がいる場合)

>>コープデリの赤ちゃん割引・子育て割引

配送地域:全国

2位 おいしっくす(Oisix)


産直食材宅配の老舗。

手数料:0円~750円(定期宅配(=おいしっくすくらぶ)の場合)

配送地域:全国(ヤマト便)

お試しセット:あり⇒おためしセット(送料無料)1,980円

3位 生協の宅配パルシステム

.
配送料:加入6ヶ月まで無料。
(その後は194円となるが、5000円以上で手数料0円 ※妊婦~就学前の子のいる世帯)

>>パルシステムのキッズ特典

配送地域:東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、福島、山梨、静岡

東都生協


配送料:96円(8000円以上で71円。→配送料を確認

・配送地域:東京全域、神奈川・埼玉・千葉の一部(→配送地域を確認

生活クラブ生協


配送料:無料 ※東京で就学前の子がいる場合
(→配送料を確認

配送地域:北海道、山形、福島、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、愛知、京都、滋賀、大阪、奈良、兵庫

らでぃっしゅぼーや


25年以上続く有機・低農薬野菜&無添加食品の老舗。

配送料:無料(専用車配送地域で3歳未満の子のいる場合。詳しくは>>ベビー特典
それ以外は0円~900円(ヤマト便利用)

配送地域:全国

お試しセット:あり⇒らでぃっしゅぼーやお試し申込み(1,980円送料無料)

大地宅配


配送料:0円~302円 >>送料について

配送地域:全国

お試しセット:あり⇒送料無料の「お試し野菜セット」が980円から!

届くいなげや


いなげやの運営するネットスーパー。2017/3/31サービス休止
週1回指定日に配送。前日昼12時注文締切。
1回2000円以上の注文が必要。

配送料:150円(1週間前までの注文なら無料)

利用可能地域:立川・多摩地域(→配送地域を確認

食材宅配はどこを使うと便利なの?


私は利用できる食材宅配はほぼ全て試してみましたが、以下の使い分けで落ち着いています。

コープデリ


週1回配送(私の居住地域では火曜)

牛乳、豆腐、玉ねぎ、果物など毎週必ず必要になる食材を注文しています。

パルシステムでもよかったのですが、品揃えのよさからコープデリを選びました。

(具体的には、夫が好きな明治の「おいしい牛乳」が買えるからです。)

おいしっくす(Oisix)


週1回配送(曜日は自分で選べるので、金曜を指定)

夕食調理の時短に役立つKitOisix(キットオイシックス)を2~3日分購入。牛乳飲み放題で牛乳も購入。

>>「オイシックスのレシピ付カット済食材宅配を試してみました~産後・育児に便利~

SEIYUネットスーパー


米などが切れたときや、買い忘れがたくさんあった週にスポットで利用。

出産前にお試し利用を!


生協やネットスーパーは今は本当にたくさんありますよね。

「出産後に忙しくなったら使ってみようかな~」と思われるかもしれませんが、必ず出産前に何度か使ってみてください。

私の場合は生協加入が遅すぎて、かなり反省しています。
使い慣れていないと、忙しい産後が乗り切れません。

>>「生協の申し込みは25週以前に!その理由

そのほか、出産前にしておけばよかったことはこちらにまとめています。

>>「出産前にしておけばよかったこと

スポンサードリンク


子連れ台湾旅行記~台北動物園は園内シャトルバスがおすすめ~

2016年1月の台湾旅行記(0歳児+2歳児連れ3泊4日)です。

飛行機で移動した記事からの続きです。

スポンサードリンク


13:15 中山駅よりMRT(地下鉄)乗車


初日はどこを観光しようか迷っていたのですが・・・

天気もよく、予想外に早く市内に入れたため、動物園に行くことに決定。

地下鉄(MRT)に乗って出発しました。

mrt_taiwan_zoo_1601.jpg

電車好きの息子大喜び。

MRT車内の様子。

mrt_taiwan_16.jpg

「博愛座」と書いてある優先席を譲っていただけました。

台北では、子どもを抱っこしていると、必ず席をあけてもらえてありがたいです。

乗換駅の通路にアニメキャラが。

taipei_mrt_003.jpg

台湾って、文化が日本と地続きだなあと感じます。

13:55 動物園駅(動物園站)に到着


センザンコウ!(の公衆電話)

pangolin_taipeizoo_1610.jpg

(これ衝撃を受けて、動物園入り口の写真を撮りわすれました・・・)

チケット売り場の様子。

taipeizoo_ticket_1601.jpg

入場料は大人60元(約200円)でした。

動物園に行くと決まって以降、たいへん態度の良いKくんです。

k_zoo_1601.jpg

入り口を通るとき、パンダ展示館の整理券(時間指定つき)を配布されました。

平日の14時入場で、指定時間は15時40分でした。

パンダ館は入り口の比較的近くにあるので、それまでは他の動物を見て、また戻ってきたらいいみたいです。

台北動物園地図(PDF)


入場すると、園内は広々としています。

taipeizoo_004_1601.jpg

「あれ?動物はどこだろう?」と思うぐらい広かったです。

フラミンゴをちょっと見て・・・

taipeizoo_flamingo_1601.jpg

シロテテナガザルは高いところにいてほとんど見えず。

taipeizoo_siamang_1601.jpg

とりあえず中央の大通り(保全大道)を歩き始めたのですが・・・

taipeizoo_006_street_1601.jpg

あとから考えるとこれは失敗でした。

この通り、かなり長いのに、動物がいないんですよね。
おまけにわずかに上り坂でした。

工事中の壁の横をいきます。

taipeizoo_007_street_1601.jpg

私は下の子(Cちゃん)を抱っこしていたので、ワニ(マレーガビアル)のあたりに着いたころには

「疲れた~!」

という感じでした。

台北動物園では「入場したらシャトルバス」が正解!


台北動物園では、入場後すぐシャトルバスに乗って、一番奥まで行ってしまうのが正解だったかなと思います。

taipeizoo_008_bus_1601.jpg

こういう行程です。

入場

パンダ館横のバスターミナルから園内シャトル(バス)乗車

鳥園バスターミナルで下車

熱帯動物区、アフリカ動物区などを見る

パンダ見学時間にあわせて見る動物を調整

パンダ館に戻る

台湾動物区を見る

退園

これでだいたい3時間ぐらいかと思います。

いろんなところに立て札があり、道自体はわかりやすかったです。

taipeizoo_023.jpg

私たちは最初からだらだら歩いてしまい、体力を消耗してしまったので失敗でした。

台北動物園って広いです!


台北動物園はとても広くて、多摩動物園や旭山動物園みたいなスケールです。

広くて緑が多くて、すごく環境の良い動物園だと思います。

ただ、良い動物園すぎて、動物が遠い気がします^ ^;

動物にとっては、隠れる場所があって、ストレスが少なくて良いと思うのですが・・・

シマウマ。

taipeizoo_zebra_1601.jpg

分かりますか?奥のほうにいます。
「サバンナ並みにに遠いねえ」と夫。

taipeizoo_zebra_zoom_1601.jpg


カバは死角に入って休んでいます。

taipeizoo_009_1601.jpg

(この写真は望遠レンズで身を乗り出して撮ったので、実際はもっと遠かったです。)


とりあえずゴリラ好きの息子が

「ゴリラ!」と言うのでゴリラのほうへ。

taipeizoo_010_gorilla_1601.jpg

うーん。後ろ向きでした。


これはバーバリーシープでしょうか。
とてもたくさんいました。

taipeizoo_011_barbarysheep_1601.jpg

でも、自由に動いていて、見えない位置に固まっているときも。


チンパンジー。

taipeizoo_chimpanzee_1601.jpg


ゴリラの等身大の人形が置いてありました。

ここで記念撮影。

taipeizoo_012_gorilla_1601.jpg

1985年生まれのゴリラのようですが、ずっと一頭で暮らしているみたいでした。


ゾウガメの食事風景も見られました。
これはKくんが大喜び。

taipeizoo_tortoise_013_1601.jpg


でもやっぱりゴリラがもう一度見たいと言うので、ゴリラの展示に戻りました。

taipeizoo_gorilla_014_1601.jpg


今度は正面から顔も見られて、Kくんも満足した様子。

ライオン、キリンなども見ました。

15:20 シャトルバスで移動


まだまだ見たい動物はたくさんいるのですが、パンダ館の入場指定時間(15:40)が近づいていることに気づきました。

なんだかもうパンダは見なくてもいい気がしていたのですが・・・

閉園までには授乳したいという事情もあり、4人で園内バスの鳥園ターミナルへ。

シャトルバスに乗ってみることにしました。

蒸気機関車みたいなデザインですが、タイヤがついています。

taipeizoo_016_bus_1601.jpg

すごく楽しそうな乗り物です!

電車好きの息子はテンション急上昇。

大人片道5元(約18円)。

ベビーカーも乗せられました。
(車椅子、ベビーカー指定席がありました。)

taipeizoo_017_bus_1601.jpg

このシャトルバス、歩行者のいない専用道路を走ります。

そのためスピードもかなり出て、風を切って走るのが爽快!

逆向きのシャトルバスとすれ違うのも楽しかったです。

taipeizoo_018_bus_1601.jpg

下車して、一応パンダを見たのですが、Kくんはまったく盛り上がりませんでした。

taipeizoo_019_panda_1601.jpg


ところで、下の子(Cちゃん)が登場しませんが・・・

台湾到着以来、抱っこ紐で私がずっと抱っこしていました。

飛行機に続き、動物園でも寝ています。

そろそろ授乳とおむつ替えをしたいと思い、私とCちゃんは授乳室に向かいました。

携帯電話(AUのスマホとガラケー)がそのまま利用できたので、授乳が終わったら電話連絡することにしました。


15:50 台北動物園の授乳室へ


台北動物園の授乳室は、入り口すぐ右のサービスセンターの中にありました。

taipei_zoo_junyu_1601_010.jpg

授乳室の設備は日本とほぼ同じ。

taipei_zoo_junyu_1601_011.jpg

・授乳室個室(3室だったと思います)
・おむつ買え用のベッド
・ゴミ箱
・給湯器と氷

などがありました。

台北の授乳室事情について、詳しくはこちらの記事でどうぞ。

>>「台湾は授乳室が充実!台北地下鉄(MRT)駅や観光地のベビールーム事情

個室には、利用者満足度調査の用紙が置いてありました。

taipeizoo_babyroom_1601.jpg

広さが適切かとか、清潔だったかを聞いているようです。

新しくはないけれど、清潔で使いやすい授乳室でした。

今気づきましたが、サービスセンターではベビーカーの貸し出しもしているんですね。

授乳とおむつ替えで30分ほどかかりました。

16:20 合流できず、台湾動物エリアへ


授乳室を出て、夫に連絡をしたのですが・・・

電話に出てくれません(汗)

かなりしつこく電話したのですが、5コールで留守電につながってしまいます。

一応「電話がつながらなかったら、16時45分にインフォメーション前」と約束してあったので、もういいことにしました。

仕方ないので、Cちゃんと2人で台湾動物エリアを見ました。

梅花鹿(タイワンジカ)

taipeizoo_deer_1601.jpg

ニホンジカより小ぶりのシカで可愛いです。

タイワンイノシシ

taipeizoo_boar_1601.jpg

タイワンザル

taipeizoo_021_monkey_1601.jpg

展示が地味なせいか、観ている人も少なく・・・というか、ほとんどおらず、ゆったりしていました。

その先には昆虫館もあるようでしたが、そのあたりは人の気配がゼロで薄暗く、なんだかこわくなってきたので、引き返しました。

16:30 ベンチで待機


夫との待ち合わせまであと15分。

動物を見に行くには中途半端なので、ベンチに座って待つことにしました。

1月ですが、寒いということはまったくなく、薄手の長袖一枚で過ごせるぐらいの良い陽気なので、助かりました。

白いサギがうろうろ。

taipeizoo_020_1601.jpg

16:45になっても夫とKくんは現れず・・・

16:50にやっと現れました!

Kくんが、シャトルバスを気に入ってしまい、私たちが授乳している間、シャトルバスで往復していたそうです。

(確かに、あのシャトルバスは私もまた乗りたいです^ ^)

17:00 動物園閉園


閉園時間ぎりぎりにゲートを出ました。

動物園の前にあったオブジェで、他のお子さんにまじってしばらく遊びました。

taipeizoo_023_1610.jpg


帰りの地下鉄は家族連れでそこそこ混んでいました。

17:20 昼寝


電車の中で2人とも寝てしまいました。

しかし、Kくんは昼寝を始めると2時間は起きません。

おまけに途中で起こすと不機嫌になり、騒いだりします。

ちゃんと夕食を食べられるのか・・・ちょっと悪い予感がしてきました。

次の記事に続きます。


スポンサードリンク


当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.